【2024年 F1日本GP鈴鹿】全観戦席ガイド

鈴鹿 観戦席ガイド
スポンサーリンク

鈴鹿サーキット、全観戦席からのF1マシン走行ビューと金網・電柱などの視界情報です。

チケット購入時・観戦時の参考に、ぜひチェックしてみてください!

 


F1日本GP鈴鹿、2024年からは4月開催。

チケット一般販売開始は2023年12月10日(日)からとなります!

 

今年も、鈴鹿サーキット全観戦席の詳細レビューやります!

 

管理人のF1初現地観戦は1989年から、以降一度も一日も欠かさず現地観戦しています。

なので、現地F1観戦ノウハウはかなりあるつもりです。

 

特に初観戦や経験が少ない方に、少しでも現地観戦の不安を解消していただき。

一人でも多くの方に日本GP鈴鹿に足を運んで頂きたいと思っています!

 

なのでチケット発売開始に間に合うよう、管理人の知ってる情報やノウハウをこのガイドで全放出します(笑)

 

どんなスケジュールで、どんな詳細情報を公開していくのか?

事前にお伝えしておきますので、ぜひ本ページをブックマークしてご利用ください!

 

スポンサーリンク

全観戦席ガイド 公開スケジュール

観戦席別ガイド
観戦席 2024年版
公開日
2023年版
(参考)
2022年版
(参考)
B2 席
C 席
D 席
E 席
H 席 2023より新設
I 席
西エリア

G 席
130R
Q1 席
Q2 席
R 席
S 席
V1 席
V2 席
A1 席
A2 席
B1 席
オススメ席
1周全観戦席

*画像から該当記事にリンクしています

 

チケット一般販売の12月10日に間に合うよう。

2023年11月20日(月)から、毎日一席づつ記事公開します。

 

 

なお2024年になって、開催が近づいてきたら。

 

フリー走行の歩き方
フリー走行の歩き方 2024年版
公開日
2023年版
(参考)
2022年版
(参考)
東コース前半編 2024年3月
シケイン~逆バンク編 2024年3月
NIPPO~S字編 2024年3月
雨天観戦編 2024年3月
ヘアピン~スプーン編 2024年3月
土曜フリー走行編 2024年3月
移動時間実録 日本GP終了後

*画像から該当記事にリンクしています

 

1時間のフリー走行を歩き回って楽しむ「フリー走行の歩き方」も更新したいと思います!

 

 

全観戦席からのF1マシン走行ビュー(動画・写真)

F1マシン走行動画

 

 

F1マシン走行写真

© みんなでF1

 

 

続いて、レビューする内容についてのご紹介です。

まず全観戦席ごとに、管理人が過去観戦時に撮影した動画と写真をご覧いただけます。

 

例えばこちら、昨年2023年版のD席ガイドをご覧ください。

D-1~D-5席までの5つの常設席、さらに今年は仮設席が2つと細かく分類されています。

 

ご覧いただくと分かりますが、同じD席でも場所によってまったくビューが異なります。

なので動画を確認いただくことで、各席ごとのビューや雰囲気を容易に掴んでいただけます。

 

ちなみに、動画や写真は2002年F1日本GPから毎年すべてあります。

昔の動画は解像度がイマイチですが、雰囲気を掴む分には問題ないと思います!

 

 

なお、こちら鈴鹿サーキット公式HPでも。

2024年F1日本グランプリ| 鈴鹿サーキット
【F1日本グランプリ】延べ約800万人にお越しいただいた、F1日本グランプリ。最高の技術が集結し、選ばれし20人のドライバーが駆け抜ける鈴鹿サーキット。F1日本グランプリは4月7日決勝。

「座席からの眺め」タブから観戦ビュー動画をご覧いただけます。

  • F1マシンが走行していない
  • 西エリアの動画は用意されていない

 

 

なので、鈴鹿公式HPの動画だけでは。

  • 『F1マシンなら、どんなスピードで目の前を駆け抜けていくのか?』
  • 『目視できるのは、およそどれくらいの時間になりそうか?』

初観戦の方には特に、少々分かりづらくてイメージが掴みづらいかと思います。

 

 

対して当サイトではF1マシンの走行動画のみ公開となっているので!

ぜひ観戦チケット購入時の参考情報にしていただきたいと思います!

 

 

 

金網・電柱など視界情報を確認できる!

気になる金網・電柱情報

© みんなでF1

 

 

避けるための座席情報

 

安全で楽しいレースを運営するためには、金網・照明・実況スピーカー・マーシャルポストなど必要不可欠な機材です。

でもことレース観戦においては、それら機材によって視界が悪くなることがしばしばあります。

 

例えば、電柱。

マシンが横切るくらいなら、ぜんぜん気にならないとは思うのですが。

 

この写真のように、思いっきりレコードラインに電柱が被っているようなこともあります。

そしてさらに、ダブルで金網が被ってなお視界を遮ったりすることもあります。

 

でもこれくらいの視界なら、アウトレットシートに設定されていないケースが多々です。

 

 

今年も値上がりして、せっかく大枚をはたいて購入するF1チケットなので。

 

各席において、金網や電柱であきらかに視野が悪くなる場所など。

管理人の知る限りのすべての情報を、このガイドでお伝えしておこうと思います!

 

 

オススメシートを確認できる!

各席のオススメシート

© みんなでF1

 

 

オススメシートの該当席詳細

© 鈴鹿サーキット

 

例えばこちら、B2-2席のオススメシートです。

この観戦席では金網・電柱が苦手な方に、ベストポジションの写真や座席位置をご紹介してます!

 

「XXXな観戦をしたい場合、この席のこの位置あたりがオススメ!」

と、各席の中でのオススメシートの位置をお伝えします。

 

 

2024年からいきなり座席指定して購入できるようになったので、ハッキリと列番や席番号が分かっている場合は書きます。

分からない場合は、上段とか下段とか、およそ場所が分かるようにします。

 

初観戦の方ではなく、例年観戦している方でも。

いろんな座席で新しい発見があるかもしれませんので。

 

ぜひこの各席オススメシート、チェックしてみてください!

 

 

2023年からの変更点を確認できる!

新仮設スタンド想定ビュー

© みんなでF1

 

こちら例えば、2024年から新設されるC席 最上段仮設スタンドの想定位置です。

 

管理人の手元には、2002年からの写真や動画が豊富にあるので。

かつて設置されていたことのある観戦席など、ある程度眺めや大きさは想定できます。

 

 

このように、いくつか2023年からの変更点があります。

【2024年 F1日本GP鈴鹿】チケット情報:2023年からの主な変更点
11月1日(水)18時、チケット詳細情報が公開されました! 12月10日の販売開始に向けて、主な変更点を必ずチェックしておきましょう! 今日は待ちに待った11月1日です。 2024年F1日本GP鈴鹿、チケット詳細情報の案内日でした! 朝から...

こちらで変更点をまとめています。

 

2023年から変更点がある席について、変更の影響など詳細を徹底的にレビューしたいと思っています!

 

 

総合評価をチェックしましょう!

© みんなでF1

 

このように最後に、その観戦席の総合評価をします。

こちら、2023年ヘアピンI席の例です。

 

F1観戦において、何を重視して観戦席を決めるか価値観は人それぞれなので。

  • 快適性(歩く距離・食事・トイレ・ビジョン有無、など)
  • 視界(広範囲視野・長時間目視可・金網有無、など)
  • 迫力(コースからの近さ・音・オーバーテイク有無、など)
  • コスパ(チケット料金に対してのオトク感)
  • 初観戦オススメ度(初観戦の方への推奨度)

各観戦席を、この5つの軸で5段階で評価したいと思います。

 

 

ちなみに、管理人は究極の金網嫌いです。

最初に目に入るのがF1マシンではなく金網だと、「俺は金網を観に来たんじゃない!」と思っちゃうんです(笑)

 

そんな管理人は、決勝レースでの「視界」をもっとも重視しているので。

 

ここ20年ほど、予選と決勝観戦は必ず「B2席」です。

ただし、フリー走行では金網はぜんぜん許容できるのであらゆる席で観ます。

 

 

ただこれはあくまで、管理人の好みや価値観なので。

管理人の主観が入りすぎないように、いろんな5つの評価軸で採点することにしてます!

 

 


ということで、2024年版の全観戦席ガイドの公開スケジュール・内容を見てきました。

 

2024年は一部に新設の仮設席はありますが、常設席と大きく眺めが異なる新設仮設席ではありません。

コースやマシンの見え方は昨年から大きく変わりませんので、12月のチケット販売開始に向けてまずはぜひ2023年版で予習しておいてください!

 

そのうえで、2024年版にアップデートした内容を毎日どんどん公開していきますので!

 

とにかく、毎年多くの方にご参考にして頂いているこの観戦席ガイド。

今年も一人でも多くの方にご覧いただき、ぜひ安心して鈴鹿サーキットに足を運んでもらいたいので。

 

2024年版の観戦席ガイドもしっかりチェックしてもらって。

初めての春のF1日本GP鈴鹿、現地観戦で一緒に盛り上がりましょう!

 

以上、2024年F1日本GP鈴鹿 全観戦席ガイドについてでした!