【F1日本GP鈴鹿 観戦席情報】A2席 詳細レビュー

日本GP観戦席ガイド
© みんなでF1
スポンサーリンク

第13回は、ホームストレートから1コーナーへの全開飛び込みを体感できる「A2席」。

あんなに曲がってる1コーナーを、とんでもない速度で通過するので驚くはずです!

 

===

10月に鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GP、チケット一般販売開始の7月24日(日)に向けて。

7月22日まで、全15回に分けて全席の詳細レビューを行っています。

 

 

レビュー内容は、全席共通です。

【予告】F1日本GP鈴鹿、全観戦席の詳細レビューを公開します!
チケット一般販売開始の7月24日までに、大量の動画と写真で全席を詳細レビュー! 初観戦の方、まだ観たことない席を知りたい方、ぜひチェックしてみてください! === F1日本GP鈴鹿、チケット一般販売開始の7月24日...

どんな情報をどんなスケジュールで公開するかについては、こちらの予告記事をご確認ください!

 

第13回は、A2席(ホームストレートエンド)についてとなります。

 

ここまでのレビューで、管理人はもう20年以上B2席で観戦していると何度か書いてきました。

もしB2席以外を選べ、と言われたらたぶんこのA2席を選択すると思います。

 

管理人が金網が苦手なだけで、もし金網が無ければおそらくB2とA2を交互に購入していたかも。

それくらい、視界・迫力ともとんでもない座席です!

 

そのあたりも含めて、さっそくA2席についてレビューしていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

A2席からのF1マシン走行ビュー

まずこちらが、みんなでF1 YouTubeチャンネルに公開した動画です。

  • A2席からの観戦ビュー
  • 収録年度:2003年F1日本GP

 

管理人はこのA2席では、フリー走行でかなりの頻度で観戦しています。

でも写真は多くあったのですが、動画が残っていたのがなんと1本だけ(笑)

 

その1本も、2003年F1日本GP特別フリー走行で。

F1公式セッション初登場となる本山哲選手の、ピットアウトシーンを観ようと撮ったものです。

 

なのでややスピード感や迫力は欠ける動画となってしまいますが、視界などは参考になると思います!

その他、F1マシンの走行イメージは、この後写真中心にレビューしていきます!

 

 

では、まずA2席のマップからチェックしてみましょう。

© 鈴鹿サーキット

A1席からさらに1コーナー側に位置します。

 

A2席は複数のエリアには分かれておらず、チケット料金どの席も共通で55,000円です。

全指定席の中で4番目に高く、高額チケットの部類となります。

 

なお全指定席の中で、唯一「仮設スタンド」となっています。

強風が吹いた際や、昔セッション中に地震があった際には、かなり揺れたみたいです(汗)

 

 

では観戦席からの、走行ビューと特長を見てみましょう。

 

 

A2席(ホームストレート側視界)

© みんなでF1

 

 

A2席(1~2コーナー側視界)

© みんなでF1

 

(主な特長)

  • コースやマシンから、距離は比較的近い
  • ホームストレートのレコードラインは、金網越し観戦となる
  • ピットアウトの様子も、とても見やすい
  • ピット作業は、遠すぎて肉眼ではほぼ見えない
  • 上段席からは、S字がそれなりに見える

 

 

A2席の特長、管理人はこんな感じに捉えています。

「F1マシンの最高速と、高速コーナリングを同時に楽しめる!」

うまく表現できなくて申し訳ないですが、F1マシンの凄さと迫力を両方高いレベルで体感できる席です。

 

とにかく一度、フリー走行でも構わないので。

このA2席から、1コーナーへ飛び込むF1マシンを観てみてください!

 

ストレートから、あり得ないスピードで自分の方に向かってきて。

そして目の前を通り過ぎると、とても曲がっているはずの1コーナーを直線のように駆け抜けていくんです。

 

うーん、やっぱり言葉では伝わりにくいですね。

動画撮っておけばよかった(笑)

 

 

視界情報詳細

電柱情報

© みんなでF1

その昔は、1コーナーのレコードラインに被る電柱がありました。

 

 

しかし、何年からかは忘れましたが。

© みんなでF1

現在はこのように、レコードライン被りする電柱はありません!

 

 

金網情報

© みんなでF1

ホームストレート席の例に漏れず、A2席もレコードラインは金網被りの観戦となります。

 

 

ただしA2席は、1~2コーナーがしっかり観れるのがV1/V2/A1席などとの違いです。

© みんなでF1

上段席なら1コーナー途中あたり、中段~下段席は1コーナー過ぎたあたりから。

金網の無い視界となります。

 

 

ホームストレートは、レコードラインが外側になるためどうしても金網視界は避けられません。

 

管理人のように、どうしても金網が苦手な方の場合は。

視点は変わりますが、見える範囲が近いB2席を選択するのも手だと思います。

 

 

オススメシート

© 鈴鹿サーキット

まず冒頭書いた通り、A2席は仮設スタンドなので。

骨組みの設置位置やスタンドの形は毎年変わるので、過去の例でのオススメの座席番号などは意味がありません。

 

なので、オススメエリアという形になりますが。

「A~Dブロック 上段」をオススメします!

 

まず上段席であれば、遠目にスターティンググリッドが見えるはずです。

止まっている状態の20台のF1マシンが、あっという間に自分の目の前までくる迫力を楽しめます。

 

 

そして、V1席やA1席との最大の違い。

© 鈴鹿サーキット

1コーナーへの飛び込みと、2コーナーでの攻防を間近で楽しめるのが「A~Dブロック」あたりになると思います。

 

こちら鈴鹿公式HPに掲載されている動画からの切り抜きですが、おそらくDブロックの前あたりでF1マシンが1コーナーにターンインしていきます。

 

「自分の目の前を過ぎ去ったマシンが、あり得ないスピードでコーナリングしていく」

これを楽しむなら、このブロックあたりかと。

 

そして近年では2019年や2015年など、スタート直後に2コーナーで激しい攻防が起きています。

これもこのあたりのブロックの上段席であれば、ばっちり見えるはずです!

 

 

「あっという間にこっちに来たF1マシンが、目の前を過ぎて、あっという間にコーナリングしていく」

という唯一無二の体験ができるはずです!

 

 

って、やっぱり言葉だとわかり辛いですよね(笑)

他の方の公開した動画ですが、YouTubeを探してみたらありました。

 

ぜひ一度見てみて下さい、この凄さを言葉で表現したかったんです(笑)

 

 

オススメは「A~Dブロック 上段」ですが、それ以外の席でも同等の体験ができるはずです。

この迫力を味わいたい方、ぜひA2席での観戦をご検討ください!

 

 

総合評価

© みんなでF1

 

では最後に、このA2席を5つの軸で評価したいと思います。

 

快適性
  • グランドスタンドから、距離は比較的近い
  • A2席裏には例年、フードエリアが設置され食事の選択肢はまずまず
  • 指定席のなかで、唯一の仮設スタンド、揺れや悪天候や高所恐怖症の方には辛い

などの理由で、星2つとしました。

 

視界
  • すべての席が、ホームストレートは金網越しでの観戦となる
  • 多くの席から、1~2コーナーやS字の一部が見える
  • 上段席は、遠目ではあるがスターティンググリッドを観ることもできる

などの理由で、星4つとしました。

 

迫力
  • コースからの距離は、比較的近くF1マシンの最高速度を間近で体感できる
  • オーバーテイクが期待でき、目の前で白熱のバトルを観られる可能性が高い
  • スタート直後の迫力は、鈴鹿全指定席の中でも随一

などの理由で、星5つとしました。

 

コスパ
  • 全観戦席の中で、4番目に高いチケット料金
  • ストレートだけでなく、超高速コーナリングも観れて迫力満点
  • ただし快適性は、仮設スタンドであるマイナス点は大きい

などの理由で、星3つとしました。

 

初心者オススメ
  • スクリーンがあり、レース展開を把握しやすい
  • 目の前で、最高速度でのオーバーテイクが期待できる
  • スタートの迫力は、鈴鹿の中でも随一
  • とにかく迫力満点、仮設スタンドさえ気にならなければF1を観戦して良かったと思えるはず

などの理由で、星3つとしました。

 

 

F1観戦において、何を重視してチケット購入するかは人それぞれです。

ぜひこの評価軸をご参考に、A2席での観戦を検討してみてください!

 

 

===

以上、A2席の詳細レビューでした。

 

第14回は7月21日(木)、B1席のレビューとなります。

ぜひまたチェックしてみてください!