【F1日本GP鈴鹿 観戦席情報】Q1席 詳細レビュー

日本GP観戦席ガイド
© 鈴鹿サーキット
スポンサーリンク

いよいよ第15回は最終回、シケインスタンド下段に位置する「Q1席」について。

近隣の「Q2席」や「R席」の美味しいとこ取りをしたような、コスパに優れた指定席です!

 

===

10月に鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GP、チケット一般販売開始の7月24日(日)に向けて。

7月22日まで、全15回に分けて全席の詳細レビューを行っています。

 

 

レビュー内容は、全席共通です。

【予告】F1日本GP鈴鹿、全観戦席の詳細レビューを公開します!
チケット一般販売開始の7月24日までに、大量の動画と写真で全席を詳細レビュー! 初観戦の方、まだ観たことない席を知りたい方、ぜひチェックしてみてください! === F1日本GP鈴鹿、チケット一般販売開始の7月24日...

どんな情報をどんなスケジュールで公開するかについては、こちらの予告記事をご確認ください!

 

いよいよ、この観戦席レビューも最終回です!

第15回はQ1席(シケイン下段)についてとなります。

 

すぐ後方のQ2席や、すぐ左隣のR席と視界は近く。

両スタンドの良いとこ取りをしたようなスタンドが、今回紹介するQ1席です。

 

コスパにも優れた観戦席なので、さっそくレビューしていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

Q1席からのF1マシン走行ビュー

© みんなでF1

これまでのレビューのように、まずF1マシン走行動画を公開しようと思ったのですが。

シケイン席がQ1とQ2に分かれた2009年以降について、1本も動画が残っていませんでした(涙)

 

写真も古いのはいくつかあったのですが、当時はシケイン席は仮設スタンドだったので。

現在のスタンドとは建付けや視界が大きく異なり、参考になりません。

 

なので今回は、鈴鹿公式HPの動画や写真も参考にしながらレビューしていきます。

 

 

なお、このQ1席では金曜フリー走行でよく観ています。

Q2席で観戦後に、このQ1席を通って、R席 or S席を観てから、逆バンクトンネルをダッシュでD席方向へ歩いていくルートです。

 

なので写真や動画が残って無いだけで、Q1席でのF1観戦経験も豊富なのでご安心を(笑)

 

 

では、まずQ1席の位置をマップでチェックしておきましょう。

© 鈴鹿サーキット

「Q2席」の下段に位置するのが「Q1席」です。

 

スタンドの約半分程度は「Q2-1席」の前方に位置し、残り半分はホームストレート側にやや横長に伸びたスタンドとなります。

 

マップでは省略されていますが、ホームストレート側には「R席」があります。

なのでホームストレート側の視界は、R席に近いものとなります。

 

 

Q2席のように複数のエリアには分かれておらず、チケット料金どの席も共通で32,000円です。

全指定席の中で4番目に安く、やや低額チケットの部類となります。

 

 

次に観戦席からの、ビューと特長を見てみましょう。

 

Q1席(シケイン側視界)

© 鈴鹿サーキット

 

 

Q1席(最終コーナー側視界)

© 鈴鹿サーキット

 

(主な特長)

  • コースからはある程度近いが、レコードラインが奥のためマシンからは遠い
  • ほぼすべての座席が、金網越しでの観戦となる
  • Q2よりも、視界は悪いが、視線が低いのでやや迫力は増す
  • 上段席からは、デグナー進入が観れる席もある
  • 最終コーナー側スタンドからは、ホームストレート前半が観れる席もある

 

 

Q1席の特長、一言で表すとこんなところでしょうか。

「Q2席とR席の特長を、良いとこ取りした座席!」

座席位置にもよりますが、シケインや最終コーナーをしっかり楽しめる席です。

 

ただし、もちろんそこはチケット料金相当というか。

 

Q2席のような、1~2コーナーまで見渡せる絶景視界はありませんし。

R席のような、ホームストレートを一直線に見渡せる唯一無二の視界もありません。

 

なので、少し意地悪な言い方をすると。

「Q1席ならではの、唯一無二の視界特長は無い」です。

 

その分、Q2席(51,900円)やR席(47,700円)よりも。

Q1席(32,000円)は60~70%程度の料金でオトクに観戦できるので、コスト重視の座席だと思ってください!

 

 

視界情報詳細

金網二重苦ゾーン

© 鈴鹿サーキット

Q1席は、ほぼすべての座席が金網越し観戦となります。

そんな中でさらに、前列は金網が「二重になって視界を遮ります。

 

 

シケイン側だけでなく、最終コーナー側の視界も。

© 鈴鹿サーキット

このように 二重の金網越しの観戦となります。

 

 

このQ1席は、最後方でも10~12列目までしかない縦の列が短いスタンドなのですが。

© 鈴鹿サーキット

真ん中の7列目あたりからは、シケイン側の視界は金網×1枚の視界となります!

 

 

ただし、最終コーナー側の視界については。

© 鈴鹿サーキット

残念ながら目の前の最終コーナーは、金網二重被りとなります。

 

 

ブロックによって見え方が異なるのですが。

7列目以降でも、ほとんどの席で最終コーナー側は金網二重被りです。

 

なので、どうしても金網二重被りが嫌な場合は。

各ブロックとも7列目以降できるだけ上段席であれば、少なくともシケイン側は金網×1枚となるので。

 

このあたりの座席を狙ってみて下さい!

 

 

オススメシート

© 鈴鹿サーキット

「A~Bブロック 12列目(最後列)」をオススメします!

管理人がフリー走行を観るときは、いつもこのあたりで観ています!

 

何が良いポイントかというと、2点あります。

まず、R席の特長である「ストレートの視界が良好というのが一点目。

 

 

そして、シケイン側の視界をチェックすると。

© 鈴鹿サーキット

Q2席の特長である「シケイン入口の視界が良好」も兼ね備えていることが、二点目のオススメポイント。

迫力あるブレーキングや、オーバーテイクまで期待できます。

 

 

座席表と照らし合わせると、このあたり。

© 鈴鹿サーキット

ただし、たった「18席」しかありません(汗)

 

「R席」と「Q2席」の特長をあわせもつ、最大公約数的なシートなので。

人気も高いはずです。

 

もし確保できなくても、近隣のブロックや前列でも。

やや金網が被ったり視界が異なるとは思いますが、そこまで大きく視界は変わりません。

 

なのでオススメシートと、その近隣の席も合わせて。

Q1席オススメポイント一帯での観戦もご検討してみてください!

 

 

総合評価

© みんなでF1

では最後に、このQ1席を5つの軸で評価したいと思います。

 

快適性
  • グランドスタンドからの距離は、比較的近い(徒歩10分強)
  • メインゲートからは、最終コーナーエントランス経由でショートカットで入場できる
  • シケインオアシスが近く、やや混雑気味も食事の選択肢は豊富
  • トイレは常設・仮設とも多くあり、特に困らない

などの理由で、星4つとしました。

 

視界
  • ほぼすべての座席が、金網越しでの観戦となる
  • 金網二重越しでの観戦席も多く、シケインやホームストレートは見えづらい席が多い
  • Q1席ならではの、唯一無二の特長の無い視界

などの理由で、星1つとしました。

 

迫力
  • コースからはある程度近いが、レコードラインが奥のためマシンからは遠い
  • Q2と比べると、目線の高さなのでやや迫力度は増す
  • 金網越しなので席により視界のレベルは様々も、シケインやストレートの攻防も楽しめる

などの理由で、星3つとしました。

 

コスパ
  • 全観戦席の中で、4番目に安いチケット料金
  • 近隣のQ2席やR席との価格差も大きく、納得の価格設定
  • 視界には欠けるものの、この快適性と迫力でチケット料金相応の価値を満たしている

などの理由で、星3つとしました。

 

初心者オススメ
  • スクリーンがあり、レース展開を把握しやすい
  • 遠目ながら、オーバーテイクシーンが期待できる座席もある
  • シケインオアシスでの快適な観戦と併せて、F1を観に来てよかったと思えるはず

などの理由で、星3つとしました。

 

 

F1観戦において、何を重視してチケット購入するかは人それぞれです。

ぜひこの評価軸もご参考に、Q1席での観戦を検討してみてください!

 

 

===

以上、Q1席の詳細レビューでした。

 

これで全15回、全観戦席のレビューが終了となります!

管理人の鈴鹿でのF1日本GP観戦のノウハウを、すべて詰め込んだつもりです。

 

観戦席の網羅性、詳細度共に、日本一の鈴鹿観戦席レビュー」である自信があります(笑)

ぜひチケット発売前に、もう一度、希望席や検討席をチェックしてもらって。

 

7月24日からのF1日本GPチケット一般販売、頑張っていきましょう!