【F1日本GP鈴鹿】フリー走行の歩き方②:シケイン~逆バンク編

日本GP観戦席ガイド
© みんなでF1
スポンサーリンク

金曜フリー走行はいろんな席から観戦できるので、ぜひ60分間歩き回って観戦してみましょう!

全6回でご紹介する連載企画、第2回はシケイン~逆バンク編です!

 


F1日本GP鈴鹿「フリー走行の歩き方」として。

60分間で歩いて観戦できるプランを、全6回の連載でご紹介しています!

  1. 東コース前半編
  2. シケイン~逆バンク編
  3. ダンロップ~S字編
  4. 雨天観戦編(ヘアピン~130R) 
  5. ヘアピン~スプーン編
  6. 土曜フリー走行編

 

なお2022年に限り、金曜フリー走行2回目はピレリのタイヤテストが併催され90分となる予定です。

ご紹介している歩き方は60分バージョンなので、金曜フリー走行2回目はもう少し余裕を持って観戦できると思います(笑)

 

ではさっそく、第2回「シケイン~逆バンク編」を見ていくことにしましょう!

 

スポンサーリンク

フリー走行の歩き方②「シケイン~逆バンク編」概要

© 鈴鹿サーキット

 

スタート地点は、シケインの「Q2席」です。

そこから最終コーナーを進行方向に沿って観戦していき、ホームストレート下のトンネルを抜けて逆バンク「D-2席」あたりまで。

 

5つの観戦席を60分で歩いて観戦するプランです。

 

今回連載でご紹介する6つのプランのうち、歩く距離は4番目に長いです。

第1回の東コース編に比べたら難易度はかなり低く、たぶん楽勝です(笑)

 

90分となる金曜フリー走行2回目なら、さらに時間に余裕ができるので。

若干アレンジできるような情報もあわせてお伝えします。

 

ちなみに管理人は2017~2019年まで3年連続、金曜フリー走行1回目はこのプラン通り歩きました。

 

ではさっそく、歩くルートと詳細情報を見て行きましょう。

なお所用時間については、分かりやすくするために金曜フリー走行1回目の予定時刻で表現しています。

 

 

「シケイン~逆バンク編」60分間の歩き方とスケジュール

【Q2席】12:00-12:25

© みんなでF1

観戦スタートは、シケインのQ2席からです。

 

Q2席の詳細レビューはこちらです。

【F1日本GP鈴鹿 観戦席情報】Q2席 詳細レビュー
第7回は、素晴らしい景観を誇るシケイン「Q2席」です! フルブレーキングやオーバーテイクの迫力だけでなく、食事やアクセスなど快適性も抜群、全てにおいて優れた席です! === 10月に鈴鹿サーキットで開催されるF1日...

 

Q2席は、座席位置によって3つのエリアに分かれています。

グランドスタンドから遠くはなるのですが、スタート地点としてはQ2-3席(シケイン入口側)からスタートしましょう。

 

 

これまではセッション開始早々には、インスタレーションラップを終えて1周でピットロードに入ってしまうマシンが多かったですが。

60分間に時間短縮された今年は、各マシンともそれなりにすぐ連続周回に入ってくれるはずです。

 

10分ほどQ2-3席で座って観戦すれば、だんだん連続周回するマシンも多くなってきて。

Q2-3席ならではの、迫力のフルブレーキングを楽しめるはずです!

 

 

その迫力をしっかり観戦した後は、次はQ2-1席(最終コーナー側)まで移動です。

端から端まで、通路を歩きながら5分程度を見ておきましょう。

 

 

Q2-1席でのオススメはこちら、「Q2-1席 A~Bブロック 上段席」。

伊勢湾まで見渡せる絶景な上に、推しドライバーの姿を長時間追える穴場スポットなんです!

 

人気席なので混みあっていると思いますが、できるだけこのあたりに近い席を確保して。

ぜひ応援するドライバーの、長時間目視にチャレンジしてみましょう(笑)

 

10分程度、座りながらじっくりとQ2-1席で観戦したら。

すぐ下のQ1席に移動しましょう!

 

 

 

【Q1席】12:25-12:28

© みんなでF1

Q1席は、Q2-1席の真下にあるスタンドです。

なので、移動時間はほぼありません。

 

Q1席の詳細レビューはこちらです。

【F1日本GP鈴鹿 観戦席情報】Q1席 詳細レビュー
いよいよ第15回は最終回、シケインスタンド下段に位置する「Q1席」について。 近隣の「Q2席」や「R席」の美味しいとこ取りをしたような、コスパに優れた指定席です! === 10月に鈴鹿サーキットで開催されるF1日本...

 

Q2席よりもコースやマシンから近い分、迫力のある観戦ができるのが特長です。

 

 

でも金網越し視界の観戦となるので、金網が苦手な方や。

Q2席とそこまで大きく視界は変わらないので、Q1席はスルーしても良いかと思います。

 

 

管理人も金網が苦手なので、スルーした年もありますが。

「いろんな席で観てやったぜ!」

と、自己満足に浸りたい気持ちもあるので、とりあえず2~3分程度は立ち寄ることにしています(笑)

 

 

 

【R席】12:30-12:37

© みんなでF1

Q1席からR席までは2分程度ですぐに着きます。

 

R席の詳細レビューはこちらです。

【F1日本GP鈴鹿 観戦席情報】R席 詳細レビュー
第8回は、F1マシンを真後ろから一直線に観ることができる最終コーナー「R席」です! 良好な視界やスタートの迫力だけではなく、食事やアクセスなど快適性も群を抜いてます! === 10月に鈴鹿サーキットで開催されるF1...

 

 

R席のオススメと言えば、やっぱり唯一無二のこの絶景。

© みんなでF1

ホームストレートが一直線に見えるこの座席です!

 

詳しくは詳細レビューを見て頂きたいですが。

「Hブロック 14~19列」あたりになります。

 

ここで席が確保できれば、Q1席や、次のS席はスルーして。

このR席で15分弱観戦するのもアリだと思いますし。

 

90分間の金曜フリー走行2回目であれば。

もう少しここで長居して観戦するのもアリだと思います!

 

 

 

【S席内 移動観戦】12:37-12:40

© みんなでF1

R席とS席はほぼ地続きなので、そのままS席で観戦します。

 

S席の詳細レビューはこちらです。

【F1日本GP鈴鹿 観戦席情報】S席(ファミリーシート) 詳細レビュー
第9回は、お子様と安心して観戦できる「S席」。 初めて鈴鹿に来た時に「こんなに下り坂だったの!?」と驚く、最終コーナーをキレイに観れるのが特長です! === 10月に鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GP、チケット...

 

 

「こんなに下り坂だったの!?」

初めて鈴鹿に来た方は誰もが驚く、あの最終コーナーを立ち上がっていくマシンをキレイに観れるのが特長です。

 

 

このあと、このトンネルをくぐって逆バンク側を目指しますが。

© みんなでF1

所用時間を考えると、このS席はなんとか開始40分までには出発したいところ。

 

なので場合によってS席はスルーしても良いかと思いますが。

通路も広く歩きやすいので、S席内を立ち止まらず歩きながら観戦していきましょう!

 

 

 

【D席】12:45-13:00

© みんなでF1

逆バンクトンネル経由で、S席からD席までかなり早足で5分ほどです。

ただし「かなり早足で」なので、もう少し余裕見た方がいいかもしれません。

 

D席の詳細レビューはこちらです。

【F1日本GP鈴鹿 観戦席情報】D席 詳細レビュー
第3回は、S字から逆バンクにかけての「D席」の詳細レビューです! F1初観戦する方には「D-3」席をオススメします、ぜひチェックしてみてください! === 10月に鈴鹿サーキットで開催されるF1日本GP、チケット一...

 

 

D席は、座席位置によって5つのエリアに分かれています。

© 鈴鹿サーキット

トンネルを抜けて最初に到着するのが「D-1席」で、ここからコースを逆走する形で進みます。

どこまで辿り着けるかは、体力次第です(笑)

 

 

現代のコーナリングが速いF1マシンが、逆バンクをどう駆け抜けてるのかじっくり観たいところなので。

現実的には「D-2席」あたりで時間切れになると思います。

 

 

押さえておきたい絶景ポイントは2つ。

まず「D-1席」のカメラマンエリア付近は、絶好の写真撮影スポットでもあります。

 

管理人は高倍率コンデジだけ持っていって、記念に撮る程度ですが。

© みんなでF1

晴れていれば、A2席・鈴鹿市街地・伊勢湾まで含めた、それっぽい写真が誰でも撮れます。

(腕はツッコまないでくださいね 笑)

 

 

そして晴れていれば、「D-2席」にもこんな絶景が。

© みんなでF1

逆バンク・ダンロップを駆け抜けるF1マシンを、観覧車バックに撮影できたりします。

観覧車がある写真は、いかにも鈴鹿って感じがしますし、スマホでも十分撮影できるのでオススメです!

 

ここまで辿り着くと、シケイン・R席・D-1席・D-2席の4つの絶景ポイントを制覇できるので(笑)

なのでD席に着いてから15分で、ぜひこの「D-2席」までを目標に歩きましょう!

 

 

ちなみに、90分間であれば余裕で「D-5席」まで行くことができるので。

今年2022年に関しては、金曜フリー走行2回目の90分にこのプランで歩くのもオススメです!

 

 

そして、セッションが終了すれば、逆バンクオアシスは「D-2席」からすぐそこなので。

美味しいものでも食べながら、疲れを癒すこととしましょう(笑)

 


以上、フリー走行の歩き方②:シケイン~逆バンク編でした。

 

第3回「ダンロップ~S字編」は、10月2日記事公開予定となります。

ぜひまたチェックしてみてください!

 


F1ランキング