【モータースポーツファン感謝デー】F1開幕戦と日程モロ被り!

F1イベント
photo by 鈴鹿サーキット・bahraingp.com
スポンサーリンク

鈴鹿サーキットで2023年3月4日(土)・5日(日)に開催。

F1開幕戦バーレーンGPと同日程のためF1ドライバー来場は不可、ありがとう号も走らないかも?

 


例年、F1マシンのデモ走行を多く実施してくれるイベント。

その日程が、ついに昨日公開されていました!

 

『2023 鈴鹿サーキット モータースポーツファン感謝デー、3月4日(土)~5日(日)に開催!』

 

さっそく、鈴鹿市内のホテルが埋まり始めてますね(笑)

 

あ、でも、やっぱりこの日程でしたか・・・F1開幕戦バーレーンGPとモロ被りです(涙)

そのあたりの影響も含めて、今日はこのイベントの概要をチェックしておきましょう!

 

スポンサーリンク

ファン感謝デーは3月4日(土)・5日(日)

© 鈴鹿サーキット

 

まずは、ファン感謝デーの内容からチェックしておきましょう。

 

ホンダのお膝元である鈴鹿で開催されるだけに、よくHONDA Thanks Dayと混同される方が多いようなのですが。

このモータースポーツファン感謝デーは、メーカーの垣根を越えて4輪・2輪のドライバーやライダーが参加してくれるイベントです。

 

なので例年F1マシンのデモ走行や展示も、ホンダだけではなく往年のさまざまなチームのデモ走行が実施されたりします。

 

公式HPはこちらです。

鈴鹿サーキット開場60周年キックオフイベント〜鈴鹿サーキット60周年ファン感謝デー〜|鈴鹿サーキット
鈴鹿サーキット開場60周年キックオフイベント〜鈴鹿サーキット60周年ファン感謝デー〜は、2022年3月5日(土)〜6日(日)に開催いたします。

とは言っても、まだほとんど情報が出てないです。

 

  • 2023年2月5日(日)チケット発売予定
  • 2023年1月10日(火)チケット情報公開予定

とのことなので。

 

どんなプログラム内容で、チケット料金がいくらになるかかなど。

まだ、一ヶ月後くらいまで詳細情報は出ないみたいです。

 

 

F1開幕戦バーレーンGPと同日程

© 鈴鹿サーキット

 

例年、ファン感謝デーは3月第1週に開催されています。

そして、2023年のF1開幕戦バーレーンGPは3月第1週・・・。

 

なので、なんとなく予感はしていましたが。

やっぱりF1開幕戦と、日程が被ってしまいましたね(涙)

 

ということでまず、現役F1ドライバーのファン感謝デー来場はあり得なくなりました。

 

 

ファン感謝デーのイベントプログラムは、日中に終了するはずです。

一方ナイトレースのバーレーンGPは、今年2022年の例だとセッション開始時刻は遅く予選も決勝も深夜24時スタートでした。

 

なので土曜日の予選は、DAZNで鈴鹿のホテルでF1を観るという選択肢で大丈夫かと思います。

 

でも日曜日の決勝レース、例えば管理人のように東京から車で鈴鹿のイベントに来ていた場合。

少しのんびり鈴鹿を出発したりすると、東名高速の渋滞状況によっては中継開始の23時20分に間に合わない可能性もあり得ますね(涙)

 

決勝スタート時刻を気にして、焦って高速道路を運転するのも危ないですし。

 

うーん、これはちょっと困りました。

 

 

ありがとう号は走らない?

 

そして、F1開幕戦と日程が被ることのもう一つの影響として。

「ありがとう号は走らない」のではと推測してます。

 

イベントプログラムが公開されていないので、どのF1マシンがデモ走行するかはまだわかりません。

でもキービジュアルの画像に写真も掲載されていますし、もてぎのHONDA Thanks Day 2022で走行してくれた「ありがとう号」、ぜひ鈴鹿サーキットを走る姿も観たいですよね!

 

でもオールドF1マシンと異なり、現代のF1マシンは誰もがドライブできるはずもなく。

またデモとはいえ走行させるためには、チームスタッフが帯同する必要があるはずです。

 

なので、あくまで管理人の推測ではありますが。

やはり「ありがとう号」のデモ走行はかなり厳しく、展示になるのではないかと思っています。

 

 

先日、ありがとう号が長崎県大村市を撮影で走行した時みたいに。

ドライバーとしてフリーザッハが来てくれたり、デモ走行専任チームスタッフなどが存在して来てくれるのなら話は別なんですが。

 

こればかりは正式発表を待つしかないので!

2023年1月10日(火)のチケット情報公開を待つことにしましょう!

 

 

昨年は6台ものF1マシンがデモ走行!

Honda RA272(1965年)

© suzukacircuit.jp

 

Ferrari F187(1987年)

© suzukacircuit.jp

 

AGS JH23(1988年)

© suzukacircuit.jp

 

Williams FW12(1988年)

© suzukacircuit.jp

 

Benetton B189(1989年)

© suzukacircuit.jp

 

Ferrari 248F1(2006年)

© suzukacircuit.jp

 

ちなみに、昨年2022年のファン感謝デーでは。

こちらの、6台ものF1マシンがデモ走行してくれました!

 

ただし2022年は、鈴鹿サーキット開場60周年記念のファン感謝デーだったこともあるので。

もしかしたら、めちゃくちゃ豪華な回だったのかもしれませんね(笑)

 

でも、台数も重要ですが。

 

管理人としては、1台でも「大好きなマシン」が走行してくれるかどうかの方が重要で。

フェラーリV12エンジン搭載マシンがデモ走行するなら、管理人は何があっても確実に行きます(笑)

 

 

とにかく現時点では日程が公開されただけで、まだ詳細は一切不明です。

デモ走行マシンだけでなく、イベントプログラムなど今後どんどん公開されていくはずなので。

 

「ありがとう号」をはじめ、みんなの大好きなマシンがデモ走行してくれるのか?

期待して、続報を待つことにいたしましょう!

 

以上、鈴鹿サーキット モータースポーツファン感謝デーについてでした!

 

 


F1ランキング