ミハエル・シューマッハ、8月25日はスパでのF1デビューから30周年!

ドライバー列伝
© formula1.com
スポンサーリンク

あの衝撃からもう30年、月日の経つのは早いですね。

NETFLIXのドキュメンタリー映画も始まるし、あらためてミハエルの偉業を振り返ってみましょう!

 

===

ようやくあと2日間で、F1のサマーブレイク期間が終了です。

金曜日から、いよいよベルギーGP開幕ですね!

 

もう気分は完全にベルギーGPモードで、またいつものようにF1関連のSNSや情報サイトを見ていたら。

F1公式SNSに、こんな投稿がアップされていました。

『30年前の今日、ニュースターが生まれた。ミハエル・シューマッハのデビューから30年!』

 

おぉ、そうなんですね!

あのデビューからもう30年、オールドファンの皆さんは衝撃を受けたはずですよね!

 

でも、もうミハエル・シューマッハの黄金時代を知らないF1ファンも、もちろんきっと多く居るはずですよね。

 

ちょうど、まもなくNETFLIXでシューマッハのドキュメンタリー映画の公開もありますし。

今日はあらためて、ミハエルの偉業について振り返っていきたいと思います!

 

スポンサーリンク

1991年、衝撃の予選7番手デビュー!

まずこちらが、そのミハエルのデビュー30周年を伝えるF1公式ツイッターの投稿です。

 

暴行事件を起こしたベルトラン・ガショーの代役として、ジョーダンからのデビューとなります。

そして決して戦闘力が高いとは言えないマシンで、なんと予選で7番手グリッドを獲得。

 

しかし期待されたレースでは、マシントラブルで1周目に無念のリタイア

 

でもこのセンセーショナルな活躍が認められて。

翌戦から上位チームのベネトンに電撃移籍し、大きくF1界に羽ばたいていくことになります。

 

1994年、突然F1界を背負わされた若者

こちら、以前の記事の思わず泣いたレースでも取り上げましたが。

2000年イタリアGPで、皇帝シューマッハが号泣するシーンです。

 

 

デビュー直後にベネトンに移籍して以降、表彰台や初優勝などを積み重ね順調に飛躍を遂げ。

そして、1994年にいよいよ王者アイルトン・セナに挑戦、しようとした矢先に。

 

ミハエルの目の前で、越えるべき壁だったセナがクラッシュ、帰らぬ人となってしまいます。

この時ミハエルはまだ25歳の若者です、ちなみに現役ドライバーだと、ちょうどガスリーが25歳ですね。

そんな若者が、セナの死によって突然F1界全体を背負わされる立場となります。

 

その後、F1界のリーダーとして2度のタイトルを獲得し、順調に勝利を重ねます。

そして冒頭の動画、2000年イタリアGPでの勝利でついにアイルトン・セナの通算41勝に並ぶわけです。

 

それまでの重圧やいろんな想いがミハエルの脳裏に溢れてきたのでしょう。

ご覧のように、まさかの号泣会見となりました。

 

この動画を見ると、本当に何度でも泣いちゃいます。

今もこの記事書きながら見返してみて、また泣いてしまいました(笑)

 

英語となりますが、ぜひこのフルバージョンで見てみてください

 

2006年、フェラーリ黄金時代を経て1度目の引退へ。

F1 2006 サンマリノ '06 Formula 1 San Marino imola エミリアロマーニャ Regione Emilia-Romagna

そして、こちらの動画は2006年のサンマリノGP。

フジテレビのオープニング映像です、歴史に残る秀逸な映像です。

 

 

2000年以降、フェラーリで5度のタイトルを獲得して黄金時代を迎えたミハエル。

しかしフェルナンド・アロンソという才能あふれる挑戦者が登場し。

2006年は真っ向勝負のタイトル争いで敗れ、そして引退することとなります。

 

 

イモラでトップ走行のまま王者セナが他界し、1994年には答えが出なかった戦い。

2006年の同じイモラでのレース、王者となったミハエル・シューマッハが、挑戦者アロンソに対してどんな答えを出すのか?

 

そんなF1の筋書きのないドラマが凝縮された、秀逸のオープニング映像なんです。

これも何度でも泣けます(笑)

ぜひご覧になってください。

 

2012年、3年間の現役復帰を経て2度目の引退

© みんなでF1

こちら2012年F1日本GP、木曜イベントでのミハエルです。

 

2006年に一度目の引退をしたものの撤回し、2010年にメルセデスからF1復帰したミハエル。

でもそれまでのミハエルの戦績からすると、正直、物足りない結果だった3年間でした。

 

ミハエルって、正直言ってワガママで自己中心的なドライバーです(誉め言葉)

  • 『勝つためには、どんなことでもする』
  • 『良い人ではチャンピオンになれない』
  • 『でも、信じられないくらい速くて強い』

何度もチャンピオンになるために、敢えて冷酷な行動を取っていたところもあると思います。

 

でも、なんだかこの復帰した3年間って、とても人間味に溢れていたというか。

それまでの重圧から解放されて、純粋にレースを楽しんでいるミハエルを見れた気がしています。

 

なのでファンとしては、この復帰はやっぱり嬉しかったし良かったと、今も思っています。

 

NETFLIXのドキュメンタリー映画、まもなく公開!

この投稿をInstagramで見る

FORMULA 1®(@f1)がシェアした投稿

最後に、ミハエルのドキュメンタリー映画がNETFLIXでまもなく公開されます!

タイトルはそのまんま、『Schumacher』です(笑)

9月15日から公開されます。

 

ちなみに、日本語版の動画も以下ページに掲載されています。

シューマッハ | Netflix (ネットフリックス) 公式サイト

 

 

フジテレビNEXTやDAZNはF1観戦のために加入しているけど、NETFLIXには未加入の方も多いと思います。

気になる料金体系は、画質によってこのように変わってきます。

© netflix.com

NETFLIXでは、他にもF1関連のコンテンツが充実。

舞台裏に密着したドキュメンタリー『Formula 1: 栄光のグランプリ』も、シーズン3まで見ることができます。

 

オールドファンの方も、ミハエルを最近知ったF1ファンの方も。

ぜひこれを機にNETFLIXに加入してみてはいかがでしょうか!

 

===

ということで、大まかですがミハエルのF1キャリアを振り返ってきました。

詳細が気になった方は、いろんな詳しい情報がゴロゴロとネットに転がってるので、ググってみてください(笑)

 

30年前に、ベルギーGPでF1デビューしたミハエル。

その息子ミックが、いよいよ今週末ベルギーGPを戦います。

そう考えると、古くからのファンは感慨深いですよね。

 

これまでベルギーGPでは、印象的なレースを数々魅せてくれたミハエル。

その息子ミックが、果たしてどんな戦いをしてくれるのか?

 

ぜひそんな着眼点からも、今週末のベルギーGPを楽しむことにしましょう!

 

以上、ミハエル・シューマッハ、デビュー30周年についてでした!

 


F1ランキング