雨の印象がとても強いベルギーGP、でも意外にウェットレースは少ない?

調べてみた
© planetf1.com
スポンサーリンク

実は決勝での雨は、もう10年以上も前の2010年が最後です。

ベルギーGPよりも雨が多いGPも多いし、なぜこんなに雨の印象が強いのかも調べてみました!

 

===

2021年F1第12戦ベルギーGP、いよいよ本日まもなく開幕です!

いやー、ほんと4週間のサマーブレイク、長かったですよね。

 

もういろんな見どころいっぱいで、書ききれないです(笑)

でもとりあえず、ベルギーGPと言えば読めない天気、雨のスパウェザーで有名です。

© weather.com

今のところ、金曜から日曜まで3日間とも雨絡みの予報ですよね。

でもまぁ、このサーキットほど天気予報がアテにならないところは無いので、あまり気にしなくていいです(笑)

 

そんなことを思っていたら、あることを思い出しました。

『もう10年以上、ベルギーGP決勝はウェットレースになっていない!』

 

管理人も含めて、雨のイメージが強い方も多いと思うので、意外ですよね?

どういうことか、ちょっと状況を見てみましょう!

 

スポンサーリンク

直近20年間のベルギーGP ウェットレース

年度GP勝者
2010ベルギーGPL.ハミルトン
2008ベルギーGPF.マッサ
2005ベルギーGPK.ライコネン

(ウェットレースの定義)

  • 『レイン』『インターミディエイト』など、雨用タイヤが使用されたレースとします。
  • 小雨が降っただけや、全ドライバーがドライタイヤのまま走ったレースは含まない

 

以前の記事で、直近20年間のウェットレースと勝者をすべて調べてみました。

そこから、ベルギーGPだけを抜粋してました。

 

その時に気付いたのですが、実は2001年から2020年までの直近20年で。

ベルギーGPのウェットレースってたったの3回しか無いんですよね。

 

直近のウェットレースは2010年なので、なんともう11年も前なんです。

なのでベルギーGP=雨というのは、かなりイメージ先行なのかもしれませんね。

 

直近20年間、ウェットレースがもっとも多いGPは?

順位GP回数年度
1位ブラジルGP6回2016/12/08/04/03/01
2位ハンガリーGP5回2021/20/14/11/06
中国GP2017/10/09/07/06
イギリスGP2016/15/11/08/02
5位マレーシアGP4回2013/12/09/01
6位ベルギーGP3回2010/08/05

(ウェットレースの定義)

  • 『レイン』『インターミディエイト』など、雨用タイヤが使用されたレースとします。
  • 小雨が降っただけや、全ドライバーがドライタイヤのまま走ったレースは含まない。
  • 2001年から、2021年第11戦ハンガリーGP終了時点まで。

 

ついでなので、直近20年間で最もウェットレースが多いグランプリを調べてみました。

 

結果は、ブラジルGPが6回で1位でした。

なんとベルギーGPよりも2倍多く、約3年に1回近くがウェットレースということですね(笑)

 

たしかに、ブラジルGPもレースでは雨で波乱のイメージが強いですし。

他にもハンガリーや中国など、雨が多い印象です。

 

にもかかわらず、なぜこんなにベルギーGPって雨の印象が強いんですかね?

 

2000年以前に、衝撃的な雨のレースが多かったから?

年度GP勝者
2000ベルギーGPM.ハッキネン
1998ベルギーGPD.ヒル
1997ベルギーGPM.シューマッハ
1995ベルギーGPM.シューマッハ
1992ベルギーGPM.シューマッハ
1989ベルギーGPA.セナ

その理由を探るべく。

さらに遡って、1987~2000年までの14年間のベルギーGPでのウェットレースを調べてみました。

 

結果は、なんと14年間で6回もウェットレースになっています!

半数に近いレースが雨のレースだったということです。

 

さらに、よくよく年度を見てレースを思い返してみると。

なんだか、ミハエル・シューマッハ絡みの衝撃的なレースが並んでます!

 

2000年
F1 greatest ever overtake Hakkinen Schumacher spa 2000

ハッキネン vs シューマッハ。20世紀最高のオーバーテイクのレースですし。

 

1998年
Total chaos at Belgium GP SPA on the year of 1998

スタートで、こんなカオスな多重クラッシュもありましたし。

 

そして、こんな激しいクラッシュをしたシューマッハが。

© bbc.com

追突したクルサードに、『殺す気か!』とピットに怒鳴り込み事件もありました。

 

1995年

© F1 in the 1990s Twitter

雨の中をスリックタイヤで、D.ヒルに鬼ブロック。16位からの優勝もありました。

 

1992年

© F1 in the 1990s Twitter

シューマッハ初優勝、雨のレースで最強ウィリアムズ勢に大差なんてのもありました。

 

 

なるほど、『雨のベルギーGP』の印象の理由が分かってきた気がします。

ここ20年は確かに少ないですが、2000年以前は圧倒的に雨が多かったことがまず一つ。

そしてそのレースでは、F1の主役だった皇帝ミハエル・シューマッハの衝撃的なレースが多かったからなのかもしれないですね!

 

===

ということで、近年のベルギーGPは意外に雨のレースが少ないことと。

雨の印象が強い理由を探ってみました。

 

決勝でこそ10年以上ウェットレースはありませんが。

とは言ってもフリー走行や予選では、やっぱりベルギーGPは普通に雨が多いです(笑)

スパウェザーって言うくらいですから、たまたまレースで降ってないだけなのでしょう(笑)

 

とりあえず、金曜フリー走行開始の2時間30分前の現地はこんな感じ。

© Scuderia Ferrari Twitter

いつものように、いつ雨が降り出してもおかしくなさそうな天気ですね(笑)

 

果たして今年は、11年ぶりのウェットレースになるのか?

それともレースではやっぱり降らずに、予選やフリー走行が雨に見舞われるのか?

 

ぜひスパウェザーも楽しみながら、まもなく開幕するベルギーGPを満喫することにしましょう!

 

以上、ベルギーGPのウェットレースに関する調査でした!

 


F1ランキング