一度行ったら中毒になる、オー・ルージュ訪問記!

訪問記

まもなく2020年のベルギーGPが開幕します。

ベルギーGPといえば、スパ・フランコルシャンサーキット

スパと言えば、オー・ルージュが有名ですよね。

 

管理人が初めて海外でF1観戦したグランプリは、2008年のベルギーGPでした。

そこで初めて生で見たオー・ルージュに感動しました。

そして5年後の2013年には、もう一度オー・ルージュを見たくてまたベルギーまで観戦に。

さらに、今年も本来は観戦に行く予定でしたが、残念ながら新型コロナの影響で断念。

でも、来年は必ず行こうと思っています。

 

というくらい、一度行くと中毒になってしまう魅力のオー・ルージュ。

テレビ中継や、雑誌でよく見るプロのカメラマン視点では無いカットで、オー・ルージュの魅力をお伝えしたいと思います。

 

スポンサーリンク

初めて見た瞬間、感動に包まれます

 

サーキットに電車&バスで行く場合、フランコルシャンの町でバスを降ります。

そして、1コーナーのラ・ソース方面から歩いてくることになります。

 

コースに沿って歩いてくると、視界が開けたと思った瞬間、早朝の霜の中にバンっとこのようにオー・ルージュが現れます。

もうこの時点で、感動します、しばらく立ち尽くしていました(笑)

それまで見てきたどんな写真でも表現できてないくらい、信じられない登り勾配にただただ圧倒されます。

 

さらに近づいてみます。

「まじか、ほんとにこんなところF1マシンが駆け上がっていくのか!?」

となります。

アップしておきながらすみませんが、絶対写真では伝わらないです(笑)

 

オー・ルージュを下から見上げる

そして、いよいよF1マシンが走ってきます。

この写真は、オー・ルージュ手前のシルバー席で観戦した際のものです。

 

それまで下り坂を加速してきたF1マシンが、オー・ルージュを駆け上がって、そしてラディオン、ケメルストレート方面までずっとずっと駆け上がっていきます。

当時の甲高いエンジン音がずっと聞こえてきて、その様子は飛行機が離陸していくかのごとくです。

マジで感動します、しばらく見とれて動けなかったです(笑)

 

 

さらに、もうちょっと近づいて見てみると、こんな感じ。

さっきまで同じ高さで横にいたマシンが、一瞬で坂を駆け上がって山に消えていきます。

まさに離陸、こんなF1マシンを見れる場所はここしかありません。

 

オー・ルージュを上まで行ってみる

そして、走行の合間に、オー・ルージュの坂を上がってきます。

そうすると、こんな感じです。

さっきまで居たスタンドが、写真真ん中の右あたりですね。

「さっきのスタンドあんな下かよ、こんなわずかな距離なのに、ありえねー!」

ってなります(笑)

 

 

そして、F1マシンがやってきます

さっきまで居た奥のスタンドと、だんだん遠近感がわからなくなってきます(笑)

 

こちらは2008年です、はるか坂の下の方に居たはずのマシン

 

これが、あっという間に目の前に現れます。

 

 

もうこの時点で、完全にこのサーキットの虜になっているはずです(笑)

 

オー・ルージュを横から見てみる

オー・ルージュの中腹あたりにある、こちらのゴールド席で2008年は観戦しました。

なかなかいい眺めです。

 

左手を向くと、こんな感じですね。坂の中腹というところです。

 

1コーナーからの立ち上がりからずっとパノラマに見えて、オールージュを駆け上がっていく様子は横から見る感じです。

 

でも、こちらの観客席は傾斜角度がついていなかったので、オー・ルージュを駆け上がるところは人の頭しか見えませんでした(笑)

 

 

でも、この観客席の下にはこんなツワモノ外国人たちが。

仮設シートの下から見てる人が、かなりたくさん居ました。

雨除けにもなるとか言って、みんな楽しそうでした(笑)

 

管理人もしばらく見ていたのですが、2008年のレースは終盤突然雨が降ってきて。

各車スローダウンする中で、ハイドフェルドだけレインタイヤに履き替え、ここをとんでもないスピードで駆け抜けていきました。

その時に、身の危険を感じたので、もう2度とやりません(笑)

 

帰りたくなくなる、もう一度行きたくなるオー・ルージュ

そして、レース終了後にはコースが解放されます。

レース終了後はオー・ルージュはすごい人だかりになります。

 

しばらくすると、こんな感じで人もまばらになってきます。

「帰りたくねー、ずっとここに居てーよー」って、こんな感じでダダをこねたくなります(笑)

 

 

歩いてみると解るのですが、この坂は本当にすごい傾斜です。

こんな感じで、まっすぐ立てないくらい、すごい傾斜なのがわかるかと思います。

 

 

=====

いかがだったでしょうか。

オー・ルージュの凄さを見てきましたが、行ってみないとわからないことが多かったですね。

そして、何回も何回も行きたくなる、そんな中毒になってしまうコーナーが、オー・ルージュです。

 

残念ながら新型コロナ・ウィルスの影響で、今年は無観客でベルギーGPが行われます。

ぜひこの記事をご覧になった方は、来年以降に観戦を検討されてみてはいかがでしょうか。

管理人も含めて、来年こそ世界中のオー・ルージュを愛するファンたちで溢れかえるよう祈りながら、今年はテレビ観戦で楽しむことにしましょう!

 

以上、オー・ルージュの紹介記事でした!

 


F1ランキング

訪問記
スポンサーリンク
SNSでシェアする
みんなでF1 をフォローする
みんなでF1