【2022年F1日本GP鈴鹿】月曜の鈴鹿サーキット

日本GP観戦席ガイド
© みんなでF1
スポンサーリンク

例年のようなイベントが無かった、今年の鈴鹿の月曜日。

でもグランドスタンドでここ数日間に想いを馳せたり、観覧車から鈴鹿を一望したりで余韻を楽しんできました!

 


2022年F1第18戦日本GPは、日曜日ですべて終了しました。

 

日本人ドライバーのトークショーホームストレートウォークなど。

例年であれば月曜日午前中にもイベントが実施されるのですが。

 

でもコロナ禍のためか、今年は特にイベントは何にも予定されて無かったんですよね。

 

それでも、管理人の中でF1日本GP鈴鹿と言えば。

「水曜から月曜まで!」

と、体に染みついているので(笑)

 

今年も例年と変わらず鈴鹿サーキットで車中泊して、月曜まで余韻を楽しんできました。

 

「月曜日まで鈴鹿に居残って、何を楽しむの?」

と思われる方も多いかもしれませんので。

 

F1決勝レース後の月曜日、どうやって余韻を楽しんだかもレポートしておきます。

もし興味を持たれた方は、ぜひ来年同じように楽しんでみましょう(笑)

 

スポンサーリンク

雨から一転、快晴の月曜日に!

© みんなでF1

 

こちら決勝翌日の月曜日、朝7時30分ごろの正面駐車場P3の状況です。

車中泊で目覚めて窓から顔を出してみたら、雨がほぼ止んでいました。

 

 

ちなみに正面駐車場は、駐車券さえあれば日曜夜はどこでも自由に駐車できます。

目が覚めたら「まだ聖地鈴鹿サーキットに居て、俺のF1鈴鹿はまだ終わってない!」って気分が高まるのでオススメですよ(笑)

 

その後、近くの円形トイレで洗顔したり歯磨きしたり。

日曜決勝のレポート記事なんかを書いてたりしてて。

 

 

結局、サーキット入場時間が少し遅くなって11時過ぎ。

© みんなでF1

その頃には、こんな絵に描いたような快晴でした。

 

「この天気、昨日だったら良かったのに」

という、鈴鹿の月曜あるあるも楽しめます(笑)

 

 

まだ園内には、ドライバーフラッグなどが残っている部分もありますが。

© みんなでF1

例えばこちらは、既にフラッグは撤去済。

 

昨日まで、柵に沿ってズラーっとドライバーフラッグが並んでいたのに。

遊園地のアトラクションの景観に影響するためでしょうか、すでに撤去済の部分も多く淋しくなります(涙)

 

 

グランドスタンド到着

© みんなでF1

 

そしてグランドスタンドに到着です、11時30分頃の様子です。

 

スタンドには、F1チームのウェアを着たF1ファンの方。

加えて、遊園地に遊びに来たファミリー客の姿なども多く見えます。

 

 

ストレートには、各チームのコンテナが見えます。

© みんなでF1

例えばこちらメルセデスです、どのチームの荷物かロゴですぐに分かりますので。

 

推しチームの荷物を探して。

「次戦アメリカGP、気を付けていってらっしゃい!」

と、心の中で話しかけましょう(笑)

 

 

ちなみに今年は、角田裕毅選手が月曜日まで鈴鹿に居残っていたみたいで。

管理人が到着する数分前まで、なんとグランドスタンドで取材されていたみたいです。

 

残念ながら見逃してしまいました、もう少し早く駐車場を出るべきでした(涙)

 

 

午後から撤去作業が加速

© みんなでF1

 

例年は午前中にはイベントがあり、午後12時ごろからコースサイドがどんどん元の形に戻っていく時間帯で。

今年も同じような時間から、解体作業が加速していました。

 

こちら、ホームストレート看板の撤収作業中。

大会スポンサーの「HONDA」ロゴから、元の「SUZUKA CIRCUIT」ロゴに戻った瞬間です。

 

 

ほか例えば、あれだけ華やかだった表彰台も。

© みんなでF1

こんな感じで、跡形もなく解体が進んでいきます。

 

 

撤収作業を見ていると、日本GPが終わっていく淋しさをどんどん味わうことになりますが。

でも事実なので、この現実を見て「やっぱり終わったんだな日本GP」と自分に言い聞かせるようにします(笑)

 

 

レーシングシアターで、淋しさを癒す

© みんなでF1

 

そんな淋しさを解消するために、グランドスタンドからすぐのレーシングシアターにぜひ行ってみましょう。

ここにはこんな感じで、F1マシンが展示されています!

 

 

他にも、例えばこんな感じで。

© みんなでF1

多くのドライバーや、2輪ライダーのヘルメットが展示されています。

 

 

撤収作業を見て淋しくなった気持ちを、少しは癒してくれますし。

F1開催期間中とは異なり、人も少なく空いているので。

 

時間のある月曜日に、ゆっくりと見るのがオススメです!

 

 

観覧車から、鈴鹿全域に「ありがとう」!

© みんなでF1

 

観覧車の頂上付近から、東コース方面を撮影した写真です。

皆さん、鈴鹿の観覧車って乗ったことありますか?

 

F1開催期間中って、グッズを買ったり、ご飯買うのに並んだりで。

意外に時間が無かったりするので、実は乗ったことが無い方も多いかと思います。

 

 

でも、月曜日であれば乗る時間はたっぷりあるのでオススメです。

管理人は毎年、月曜日に乗ることにしているんです。

 

 

西コース方面の眺めはこんな感じ。

© みんなでF1

シケインや130R、デグナー入り口あたりまでキレイに見渡せます。

 

 

遊園地方面は、こんな感じ。

© みんなでF1

3日間ワクワクしながら通って来た園内が見渡せます。

 

 

こんな感じで、この数日間たくさんの思い出をくれた鈴鹿サーキット全域が一望できます。

 

「ありがとう鈴鹿、また来年必ず来ます!」

って心の中でつぶやいて、少しジーンとした気持ちで観覧車を楽しむことにしましょう。

 

 

最後はグランドスタンド、しばしのお別れ!

© みんなでF1

 

そして、最後はやっぱりグランドスタンド。

 

管理人の場合は、1コーナー寄りのこの位置まで端から端まで歩きます。

そしてしばらく座って、あらためてこの数日間の思い出・余韻に浸りながら。

 

大好きなF1・鈴鹿、そして決勝レースを観たB2席に向かって。

「何があっても、来年も絶対来るからーーーー!」

と、心の中でしばしの別れを告げて。

 

後ろ髪引かれる思いで、グランドスタンドを後にします。

 

 

メインゲートまでやってくると。

© みんなでF1

このフラッグは、月曜日の終わりまで残っている場合が多いので。

 

「こちらこそ、来年もよろしくお願いします!」

と心でつぶやきながら、鈴鹿サーキットを後にすることにしましょう。

 

 

グランドスタンドと遊園地の滞在をメインに、月曜日の余韻を楽しんだあとは。

家に帰るまでが鈴鹿なので、帰宅GPの始まりです(笑)

 

 

6日間、ありがとうございました!

© みんなでF1

 

鈴鹿サーキットを17時頃出発して、東京の自宅に帰ってきたのが22時頃。

これにて、管理人の今年の鈴鹿は終了です。

 

 

鈴鹿に到着した水曜深夜から6日間、なんとか現地から毎日の状況を記事更新できました。

来年の観戦プラン検討の際に、ぜひ今年の状況を思い出しながら振り返ってみてください!

 

 

今年の鈴鹿では、多くの皆様とお会いすることができました。

こんな感じで、当日の朝に服装だけをTwitterのみで告知していたのですが。

本当に、多くのF1ファンの皆さんからお声を掛けて頂きました!

 

 

ゆっくりお話できた皆さんとは、一緒に写真も撮らせていただきました。

© みんなでF1

© みんなでF1

© みんなでF1

© みんなでF1

© みんなでF1

© みんなでF1

© みんなでF1

こんな経験なかなか出来ないので、本当に嬉しかったですし。

皆さんとお話することで、新しい気付きやいろんな思うところもあったので。

 

今後の活動に、必ず反映していきたいと思います!

 

 

また他にも、本当に多くの皆様。

  • すれ違いざまにお声掛け頂いた方
  • ほんの少ししかお話できなかった方
  • 予選終了後、B2-3席までわざわざ来てくださった親子の方(お名前聞き忘れ)
  • TwitterのDMやレスでコメントくださった方

この場を借りて重ねて御礼申し上げます、本当に本当にありがとうございました!

 

 

今年の反省としては「当日朝の告知」「Twitterのみの告知」「服装のみの告知」だったので。

来年は事前に場所・時間指定するなどして、より多くの皆様とお会いして、いろんなお話をしたいと思っています!

 

 

ということで、管理人の2022年F1日本GPは本当にこれにて終了です。

 

また一年後のF1日本GP鈴鹿に向けて、今日から現実の世界で。

「先週の今頃は良かったなぁ症候群」に負けないで、毎日頑張っていくことにしましょう(笑)

 

以上、F1日本GP鈴鹿 月曜日のレポートと6日間の感謝でした!

 

 


F1ランキング