【2022年F1日本GP鈴鹿】水曜深夜の鈴鹿サーキット

日本GP観戦席ガイド
© みんなでF1
スポンサーリンク

3年ぶりとなるF1日本グランプリ、管理人は水曜夜から鈴鹿入りして車中泊です!

木曜イベントが無い今年は、さすがに例年より車中泊の方も少ないようです。

 


現在深夜3時過ぎ、管理人は鈴鹿サーキットの駐車場で車中泊をしながらこの記事を書いてます(笑)

 

夕方に東京の自宅をクルマで出発して、食事したり風呂入ったり買い物したりで。

鈴鹿サーキットに到着したのは深夜12時ごろでした。

 

長時間のドライブで、疲れているはずなのに。

「ぬおおおおお、ついに鈴鹿にいるぞおおおおお!!!」

ってアドレナリンが噴出しているのか、まったく眠くありません(笑)

 

まぁこれもコロナ禍以前には例年のことだったので、想定の範囲内です。

 

ということで、まったく眠くないので。

とりあえず水曜深夜の、現在の鈴鹿サーキットの状況を簡単にレポートしたいと思います!

 

スポンサーリンク

新しい鈴鹿サーキットロゴがお出迎え!

© みんなでF1

 

お車で鈴鹿の正面駐車場に来場される方には、おなじみの駐車場ゲートです。

でも電車で鈴鹿に来場される方は、あまり見覚えないかもしれませんね(笑)

 

 

ちなみに前回2019年はこんな感じ。

© みんなでF1

 

 

今年は、ちゃんとロゴが新しくなっていますよね!

 

コチラちゃんの絵が白飛びしてますが、2019年の方が遊園地の駐車場入り口っぽく。

2022年の新しいロゴの方は、サーキットの駐車場入り口って感じにリニューアルされた気がします!

 

ゲートを通過する際に係員さんと会話するだけで、もうテンション爆上げ!

でもまぁ、これも例年通り(笑)

 

 

「SUZUKA」のぼり旗がお出迎え!

© みんなでF1

 

駐車スペースに向かう道には、こんな「SUZUKA」のぼりが立っています!

これを見るだけで、もう一人でウキャウキャ言いながら駐車場スペースまで運転してました(笑)

 

 

ちなみに、2019年はこんな感じでした。

© みんなでF1

 

2019年のようなドライバーバージョンののぼり旗は、駐車場近辺にはありませんでしたが。

サーキット内に入ればありそうな気がするので、明日以降の楽しみにとっておきます!

 

 

例年よりも、水曜車中泊組は少ない

© みんなでF1

 

こちら、深夜2時30分ごろの正面駐車場P3の様子です。

 

例年だとこの時間には、写真を撮っている場所あたりまで既にクルマで埋まっています。

でも今年は、木曜イベントが一切無い上に、サーキット入場時間も10時なので。

 

さすがに例年よりも、水曜の車中泊組は少ないみたいですね。

 

 

ちなみに、車中泊される方へ参考情報として。

 

現在のところ、雨も降ってないし風も無いので、まったく寒くないです。

トイレなどでクルマの外に出るときも、管理人は普通に半袖です。

 

1980~90年代の、日本GP開催時期が10月末や11月初旬だった大昔は。

風が吹いてなくても、クルマの中でも、とても寒い日も多かったです。

 

でも現在の10月初旬の時期なら、さすがに凍えるような寒さになんてならないです。

肌寒い程度かなぁと、暑がりの管理人は思っています。

 

明日以降、特に金曜日は雨や寒くなる予報が出ていますが。

クルマの中って風が一切入らないので、意外に寒くないと思っていて良いと思います!

 

 

ただし、暑さ・寒さの体感は人それぞれのところもあるので。

ご自身の状況によって、ご判断くださいね!

 

 

メインゲート方面は、明日以降のお楽しみ!

© みんなでF1

 

管理人は例年、深夜の鈴鹿サーキット敷地内の散歩が好きで。

深夜にメインゲートまで散歩しにいったりするのですが。

 

今年は車中泊が少ないことを見越して照明を落としているためか、メインゲートまでの道がこんな感じで真っ暗で。

ちょっと怖いので、引き返してきちゃいました(笑)

 

まぁ明日以降何度も通る道なので、P3駐車場から先の景色は木曜日以降に楽しむこととします!

 

 

トイレ行って寝ます(笑)

© みんなでF1

 

ということで、ダラダラとしたペースで書いていたらもう深夜4時になっちゃいました。

まだ全然眠くないですが、さすがに寝ないとまずいですね(笑)

 

ちなみにP3駐車場の隣には、こんな円形トイレがあって。

水道もあるので、ここで顔を洗ったり、歯を磨いたり、食器を洗ったり車中泊組のオアシスとなっています!

 

 

そろそろこの円形トイレにもう1回行って、さすがに今日は寝ることにします。

 

ちなみに鈴鹿の車中泊で寝ようとすると、とんでもない幸せを感じることができるんです。

  • さぁ寝ようと、目を閉じるのが鈴鹿サーキット
  • 朝、目を覚ました時も鈴鹿サーキット

なので、やっぱりいくつになっても車中泊はやめられません(笑)

 

クルマで来場される方で、まだ宿が決まっていない方がもしいらっしゃれば。

ぜひ管理人と同じように、聖地鈴鹿での車中泊を楽しんでみてはいかがでしょうか(笑)

 

 

以上、2022年F1日本GP鈴鹿、水曜深夜の状況レポートでした!

 


F1ランキング