角田裕毅のデビューイヤー、歴代の「日本人ドライバー」「レッドブル育成ドライバー」と比較!

調べてみた
© 角田裕毅/Yuki Tsunoda Twitter
スポンサーリンク

ファイナルラップで驚異のオーバーテイク、最高位の4位で締め括ったデビューイヤーの成績。

歴代のドライバー達と比較してみました。

 

===

2021年F1シーズンが終わり、今日で3日目ですが・・・。

なんだか、まだまったく余韻が抜けません(笑)

 

あんな劇的な形でのタイトル争いだったので、アブダビGPは両雄に目が行きがちでしたが。

角田裕毅選手の大活躍も忘れてはいけませんね!

 

実はあの最後のセーフティーカー時に、フェルスタッペンと同じように角田選手もソフトタイヤに交換していて。

 

ファイナルラップで、劇的なオーバーテイクを魅せてくれていたんです!

この投稿をInstagramで見る

FORMULA 1®(@f1)がシェアした投稿

ちょうどこの頃、フェルスタッペンとハミルトンの熾烈な最後の戦いが繰り広げられていたので。

中継では映りませんでしたが、F1公式がSNSに動画をアップしてくれています!

 

見てください、このターン6での圧巻のブレーキング!

ちゃんとコース内に留まり、鮮やかにメルセデスのボッタスをオーバーテイク!

 

このあと、後続のガスリーともターン9でギリギリのバトルとなりますが見事に封じ込めて。

自己最高位の4位フィニッシュと、最高の形でデビューイヤーを締め括ってくれました。

 

デビューイヤーでの4位獲得って、これはかなり良い成績のはずです!

 

なので、少々前振りが長くなりましたが(笑)

角田選手のデビューイヤーの成績が、一体どれくらいのものだったのか?

  • 歴代日本人F1ドライバー
  • 歴代レッドブル育成ドライバー

それぞれのデビューイヤーと、比較をしてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

「歴代日本人ドライバー」との比較

年度ドライバーチーム予選
最高位
決勝
最高位
年間
ランク
2021角田裕毅アルファタウリ7位4位14位
2010小林可夢偉ザウバー9位6位12位
2008中嶋一貴ウィリアムズ10位6位15位
2002佐藤琢磨ジョーダン7位5位15位
1998高木虎之介ティレル13位9位21位
1997中野信治プロスト12位6位18位
1995井上隆智穂フットワーク18位8位24位
1992片山右京ラルース11位9位25位
1989鈴木亜久里ザクスピード
1987中嶋悟ロータス12位4位12位

赤字:角田選手と同等以上の順位

(調査条件)

  • F1にフルシーズン参戦した日本人ドライバー
  • 年間半数以上のレースに出場したシーズンを、デビューイヤーとする
  • スポット参戦や、シーズン半数に満たない山本左近は除く

 

まずは歴代日本人F1ドライバーのデビューイヤーと比較してみましょう。

なお「デビューイヤー」の定義は、年間レース数の半分以上に出走したシーズンとしました。

なのでフルシーズン参戦前に、1レースや数レースだけにスポット参戦したシーズンは除きます。

 

また比較軸は、年間レース数の違いなどもあるので「予選最高位」「決勝最高位」「年間ランキング」で比較してみます。

 

予選最高位について

唯一、タイ記録だったのが佐藤琢磨選手です。

それ以外のドライバーには、すべて上回っていることが分かりますね!

 

佐藤琢磨選手についても、予選・決勝の最高位ともデビューイヤーの最終戦。

こちらの日本GPで記録したものです。

 

佐藤琢磨選手も苦しいデビューイヤーが続いていましたが、最後の最後、最終戦で素晴らしい走りを魅せてくれました。

そういう意味では、角田選手の成績と似ているところはあるのかもしれませんね!

 

 

決勝最高位について

中嶋悟さんの4位とタイ記録です。

それ以外のドライバーには、すべて最高位は上回っています。

 

中嶋さんが4位を記録したのは、1987年イギリスGP、伝説のホンダ1-2-3-4フィニッシュのレースです!

同じく角田選手にとっても、ホンダ伝説のレースとなるであろう2021年アブダビGPで記録した4位です。

 

これは、なんだか因縁を感じちゃいますね(笑)

 

年間ランクについて

中嶋悟さんと小林可夢偉選手の12位には一歩及びませんでした。

特に決勝での安定感という意味では、確かに小林可夢偉選手のデビューイヤーは凄かったです。

 

しかし角田選手も、シーズン後半に入り少しアンラッキーなレースが続いただけで。

シーズン後半は安定感のある走りを随所で見せてくれていたので、これは2年目に期待したいところですね!

 

 

ということで、過去の日本人F1ドライバーと比較してみると。

角田選手は、予選・決勝とも相当素晴らしい結果を出したデビューイヤーだったことが分かりました!

あと必要なのは、年間ランクを上げるための安定感と運、という感じですかね。

 

「歴代レッドブル育成ドライバー」との比較

年度ドライバーチーム予選
最高位
決勝
最高位
年間
ランク
2021角田裕毅アルファタウリ7位4位14位
2019A.アルボントロロッソ→レッドブル5位4位8位
2018P.ガスリートロロッソ6位4位15位
2018B.ハートレートロロッソ6位9位16位
2015M.フェルスタッペントロロッソ6位4位12位
2015C.サインツトロロッソ5位7位15位
2014D.クビアトトロロッソ5位9位15位
2012J.E.ベルニュトロロッソ11位8位17位
2011D.リカルドHRT21位16位27位
2010J.アルグエルスアリトロロッソ11位9位19位
2010K.チャンドックHRT22位14位22位
2009S.ブエミトロロッソ6位7位16位
2008S.ベッテルトロロッソPP優勝8位
2006V.リウッツィレッドブル12位8位19位
2006S.スピードトロロッソ11位9位20位
2005N.カーティケヤンジョーダン11位4位18位
2005P.フリーザッハミナルディ13位6位21位
2004C.クリエンジャガー10位6位16位

赤字:角田選手と同等以上の順位

(調査条件)

  • レッドブル公式HP掲載のジュニアドライバーを調査
  • 一時的に育成ドライバーを離れていたドライバーも含める
  • 年間半数以上のレースに出場したシーズンを、デビューイヤーとする

 

続いて、歴代レッドブル育成ドライバーと角田選手を比較してみましょう。

F1デビューをしたレッドブルJr.は、なんと17名も居ます。

 

予選最高位について

角田選手の最高7位、これを上回った選手が約半数の8名も居ます。

そういう意味では、予選についてはまだまだ改善の余地がありそうですが。

 

でも、シーズン終盤の連続Q3進出は圧巻でしたし。

それに、最終戦でミディアムタイヤでQ3進出したり、チームメイトのガスリーを上回った自信で。

 

来年以降の予選成績、おのずと向上してくるはずです!

 

決勝最高位について

角田選手の最高位4位を上回ったのは、2008年ベッテルの優勝のみ。

ほか、同じ最高位4位が4名います。

 

でも、2005年のカーティケヤンは出走6台のみの黒歴史アメリカGPでの成績なのでノーカウントで良いと思います(笑)

 

残る3名も、2019年アルボンは、シーズン途中でトップチームのレッドブルへ移籍しての成績です。

 

なので残った2名を見てみると、ガスリーとフェルスタッペンというF1ウィナー達です。

これはデビューイヤー後に、

  • F1ウィナーとなったレッドブル育成ドライバーと同等の決勝最高位だった

と言えるのではなないでしょうか!

 

年間ランクについて

角田選手を上回ったのは、たった3名だけですね!

これも2019年アルボンは、シーズン途中でレッドブルへ移籍しての成績なので。

 

それ以外の残る2人は、ベッテルとフェルスタッペン、つまりチャンピオン達です!

なので年間ランクについては、

  • その後チャンピオンになるレッドブル育成ドライバーに次ぐくらいの良い成績だった

と言って良いのではないでしょうか!

 

 

ということで、過去のレッドブル育成ドライバーと比較してみると。

予選順位は改善の余地はあるものの、その後に優勝したドライバーや、タイトルを獲得したドライバーに匹敵するレース結果を出したデビューイヤーだったことが分かりましたね!

 

データはあくまでデータ、飛躍の2年目へ!

© 角田裕毅/Yuki Tsunoda Twitter

ということで、角田選手と過去の日本人やレッドブル育成のデビューイヤーと比較してきましたが。

かなり優秀なデビューイヤーだったことが分かりましたね!

 

でも、今回の比較軸は「予選最高位」「決勝最高位」「年間ランキング」の3つです。

マシン戦闘力の違いが大きく影響する比較軸ですし、例えば「チームメイト対決」や「年間ポイント獲得率」などで比較したら、また別の結果が出るはずです。

 

あくまで母数の少ない統計データなので、参考程度にしかなりませんね(笑)

 

とは言いながらも。

本人曰く、自信喪失状態だったシーズン序盤から中盤の状況から、よくここまで終盤に持ち直してくれましたよね!

 

最終戦で、すべてのセッションでチームメイトのガスリーを上回ったこともあり。

本人の自信も、関係者の評価も一段ステップアップしたはずです。

 

この写真のように、すでに来シーズンに向けて18インチタイヤのテストが始まっています。

来シーズンは、角田選手の今後のF1キャリアにとっても非常に重要な2年目となるはずです。

 

ホンダも居なくなる来シーズンです、ますます日本からの期待を一身に背負うであろう角田選手。

デビューイヤーに引き続き2年目も好成績を残せるよう、全力で応援したいと思います!

 

以上、角田選手のデビューイヤー成績についてでした!

 


F1ランキング