アイルトン・セナ、トリビュートF1マシンが公開!

ニュース
© f1i.com
スポンサーリンク

車体右半分は、マクラーレン、ウィリアムズ、ロータスの歴代カラーに塗り分けられ。

左半分は、セナの人生を表現したアートデザインのF1マシン。

これは鈴鹿でぜひ展示してほしい!

 

===

今日は日曜日、週が明けたらいよいよイモラでのエミリア・ロマーニャGPです。

 

管理人は2018年のモナコGP現地観戦前に、イモラに立ち寄って訪問したことがあります。

まさかF1開催が復活するなんて当時思いもしなかったし、なんだか思い入れの深いグランプリです。

 

そんな楽しみなイモラでのF1の前に、先日こんな興味深いニュースが流れてました。

『アイルトン・セナをトリビュート。ユニークなアートF1カーがイモラで公開へ』

 

気になって見てみたのですが、オールドファンにとってはたまらないデザインで。

とにかく、めちゃくちゃ実物を見たくなったんですよ!

 

motorsport.comさんの日本語版記事でも取り上げられたので、読んだ方もいるかもですが。

まだご存知無い方もいると思うので、今日はこのアートF1カーについてご紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

アイルトン・セナのトリビュートカラー

© f1i.com

 

こちらが、そのトリビュートF1マシンです。

 

『Senna Now』と命名されたプロジェクトの一環として。

マクラーレンからショーカーが提供され、フランスのアーチストによってデザインされたそうです。

 

こちら車体左側は、セナの人生をイメージしたデザイン。

大きくヘルメット姿のセナやブラジル国旗、そこにトロフィーや様々な言葉などがデザインされています。

 

ショーカーとはいえ、こういうアート的なF1マシンカラーって珍しいので。

これは一度、実物を見てみたいですよね!

 

 

車体右側は、過去のセナのマシンを塗り分け!

© f1i.com

 

そしてビックリしたのが、車体右側です。

セナがF1の歴史に名を刻んだマシンに、塗り分けられているんですよ!

 

まず車体前方が、このマクラーレン・ホンダ。

© formula1

3度のタイトルを獲得した、セナ全盛期のマシンですね。

 

 

そして車体中央は、ウィリアムズ・ルノー。

© formula1

あのイモラの悲しい事故、セナが駆った最後のマシンです。

 

 

そしてマシン後方には、ロータス・ルノー。

© formula1

セナがF1初勝利を挙げた、若き時代のマシンです。

 

 

こんなレジェンドマシンのカラーを、同時に見れるなんて!

マシン右側だけ見ていても、しばらくうっとり見惚れてしまいそうです(笑)

 

ただ強いて言えば、ほんとに細かいことですが。

タイヤがピレリなのが残念、ここはぜひグッドイヤータイヤにして欲しかった(笑)

 

 

日本での展示は無さそう(涙)

© f1i.com

 

このセナの素晴らしいアートF1マシン、ぜひ一度見てみたいですよね。

 

このマシン、イモラ・サーキットに併設されたアイルトン・セナ・ミュージアムで展示されるとのことです。

 

今後の予定としては、その後マイアミGP、モナコGPでも展示されて。

さらに年内に、ベネチアとマイアミで開催される美術展でも展示されるそうです。

 

その後オークションにかけられ、収益はアイルトン・セナ財団に寄付される模様です。

 

 

セナが3度のタイトルを決めたのはすべて鈴鹿なわけで。

縁もゆかりもある鈴鹿なのでちょっと期待したのですが、残念ながら日本GP鈴鹿には来ないみたいですね(涙)

 

 

セナ・ミュージアム、行って見たい!

© automotivemuseums.com

 

ということで、鈴鹿には来なそうなことが分かったので。

このアートF1マシンを見るためには、イモラまで行く必要があるということですね(笑)

 

ちなみに、管理人が2018年にイモラ訪問した際には。

© みんなでF1

まだこんな感じで、アイルトン・セナ・ミュージアムとしてはオープンしていなかったです。

 

 

なのでこのミュージアム、どんなものかと調べてみたら。

MAICC - Museo Autodromo di Imola
The MAICC - Multimedia Museum Autodromo di Imola Checco Costa reopened to the public on 10 April 2019, an innovative and...

こんな感じで、セナの歴代F1マシンやヘルメットなどが展示されています。

 

うう、これはいつかまた行ってみたい!

 

イタリアGP開催の秋に、コロナが落ち着いていたら。

モンツァに行く前に、イモラに立ち寄るプランなんて良いかもしれませんね!

 

管理人は行けるかどうかは、まだ分かりませんが。

もしイタリアGP現地観戦に行く方が居れば、今回ご紹介したセナ・トリビュートアートF1マシンも見れるかもしれないので。

 

ぜひ、イモラ立ち寄りをご検討されてみてはいかがでしょうか!

 

以上、アイルトン・セナ、トリビュートF1マシンのご紹介でした!

 


F1ランキング