マックス・フェルスタッペン、アゼルバイジャンGPとの相性は最悪?

調べてみた
© formula1
スポンサーリンク

これまで5回のレースでマックスは一度も表彰台が無く、対してチームメイトは2勝。

タイヤバーストや同士討ちもあったし、もっとも相性が悪いコースなのかも?

 

===

2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP、いよいよ本日から開幕です!

 

とは言っても、頭の中は昨日の日本GP鈴鹿チケット発売案内でまだいっぱいなのですが(笑)

気持ちを切り替えて、アゼルバイジャンGPモードに突入しましょう!

 

 

先日、セルジオ・ペレスがアゼルバイジャンGPをもっとも得意としていることを取り上げました。

アゼルバイジャンGP、バクー市街地マイスターはセルジオ・ペレス!
過去5回のバクー市街地で、ペレスは最多タイの3回の表彰台を獲得。 中堅チームで2度の表彰台とトップチームでの優勝は、バクー市街地マイスターに相応しいかも! === いよいよ今週末は、2022年F1第8戦アゼルバイジ...

 

対して、アゼルバイジャンをもっとも不得意としているドライバーと言えば。

マックス・フェルスタッペンではないでしょうか。

 

不得意というか、不運というか。

とにかくこれまでの5回のレースで、まったく結果が出ていません。

 

これは、今週末のアゼルバイジャンGP観戦にあたってぜひおさらいしておきたいので。

今日は、マックスのこれまでのアゼルバイジャンGP戦績を振り返ってみましょう!

 

スポンサーリンク

これまで表彰台、一度も無し

マックスのアゼルバイジャンGP戦績
年度予選決勝
20169位8位
20175位リタイア
20185位リタイア
20194位4位
20213位18位(完走扱い)

(調査条件)

  • ヨーロッパGPとして開催された2016年も含む
  • 2021年終了時点

 

まずこちらが、マックスのこれまでのアゼルバイジャンGP戦績です。

過去5回のレースで、一度も表彰台が無いことが分かりますよね。

 

表彰台が無いだけなら、まだ良いのですが。

チェッカーを受けて完走したのも、たった2回だけとなります。

 

昨年のレース終盤でのタイヤバーストは、完走扱いで18位となっていますが。

実質的には、リタイア3回というような戦績です。

 

 

ちなみに5回以上出走したグランプリで、マックスが一度も表彰台に上がっていないのは他にはイタリアGP・モンツァのみです。

でもイタリアGPには7度出走して5回完走していますし、昨年はスプリント予選で2位にもなっていますし。

 

アゼルバイジャンGPの方が、イタリアGPよりも決勝レースの戦績は悪いということもあり。

マックスにとっては、もっとも相性の悪いコースと言って良いはずです。

 

 

チームメイト対決も分が悪い

2017年:リカルド

© formula1

 

2021年:ペレス

© formula1

 

これまで一度も表彰台が無いマックスの戦績に対して。

チームメイトが、5回中なんと2回も優勝しているんですよね。

 

これまでマックスが、アゼルバイジャンGP決勝でチームメイトに先着したのは。

2019年のガスリーに対しての1回のみです。

 

とはいえ昨年は、マックスが残り5周でタイヤバーストするまでは先頭を走り優勝目前で。

そのトラブルがあったからこそ、ペレスが優勝したということも確かに大きいです。

 

でもレース終盤で、そんな悪夢のタイヤバーストが発生してしまうということが象徴するように。

やっぱりマックスとアゼルバイジャンGPとの相性、良くないと言えると思います。

 

 

まさかの同士討ちもありました

© skysports.com

 

チームメイト対決と言えば、忘れられないのがこの2018年のシーン。

マックスとリカルド、まさかのチームメイト同士討ちクラッシュもありました。

 

この時は少々、マックスが強引な動きをしたようにも見えたこの同士討ち。

でも責任の所在はともかくとして、F1でしてはいけないことの一つが同士討ちのはずで。

 

チームメイトと、こんなことが起きてしまうなんていうところも。

マックスとアゼルバイジャンGP、相性が良くないことの証なのではないでしょうか。

 

 

ルクレール、ペレスとの三つ巴対決に注目!

© formula1

 

ということで、マックスのアゼルバイジャンGPでの戦績を振り返ってきましたが。

出てきたキーワードが「相性」「チームメイト対決」というのが面白いですね。

 

タイトルを争うルクレールも。

シャルル・ルクレール、モナコ・ヒストリックGPでクラッシュ。やっぱりモナコと相性が悪い?
これまで地元モナコGPでは、チェッカーさえ受けたことが無いルクレール。 開催中のヒストリックGPでも、その不運は止まりませんでした。 === 今週は、モナコ・ヒストリックGPが開催されています。 F1開催の2...

母国モナコGPとの「相性」がこれまで最悪で、そしてジンクス通り今年のモナコGPも悲惨な結果でした。

 

そしてモナコGPを制して勢いに乗る、「チームメイト」のペレス。

アゼルバイジャンGP、バクー市街地マイスターはセルジオ・ペレス!
過去5回のバクー市街地で、ペレスは最多タイの3回の表彰台を獲得。 中堅チームで2度の表彰台とトップチームでの優勝は、バクー市街地マイスターに相応しいかも! === いよいよ今週末は、2022年F1第8戦アゼルバイジ...

マックスとは逆に、アゼルバイジャンGPとの「相性」はバッチリです(笑)

 

この3人がタイトル争いで15ポイント以内の差なのですから、これは面白い週末になりそうですよね!

 

これまでバクー市街地とは相性が悪かったマックスが、ジンクスに打ち勝てるのか?

そして、ルクレールやペレスとどんな戦いを見せてくれるのか?

 

「相性」「チームメイト対決」というキーワードに注目して、今週末のアゼルバイジャンGPを楽しむことしましょう!

 

以上、マックス・フェルスタッペンのアゼルバイジャンGP戦績についてでした!

 


F1ランキング