アゼルバイジャンGP、覚醒ペレスの下剋上となるか!?

ニュース
Getty Images / Red Bull Content Pool
スポンサーリンク

フリー走行とはいえ、モナコGPに続きまたもマックスを上回ったペレス。

2008年のフェリペ・マッサのように、これはいよいよ本当に下剋上が見られるかもしれませんね!

 

===

2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP、金曜フリー走行が終了して。

このあと、土曜フリー走行と予選です!

 

フリー走行では、じっくりと中継画面とタイム推移を見ていました。

金曜日から早くも、レッドブルとフェラーリがハイレベルな互角の戦い繰り広げています。

 

そんな中で、目立っていたのがセルジオ・ペレス。

アゼルバイジャンGP、バクー市街地マイスターはセルジオ・ペレス!
過去5回のバクー市街地で、ペレスは最多タイの3回の表彰台を獲得。 中堅チームで2度の表彰台とトップチームでの優勝は、バクー市街地マイスターに相応しいかも! === いよいよ今週末は、2022年F1第8戦アゼルバイジ...

アゼルバイジャンGPをもっとも得意としていることを事前に取り上げていましたが。

 

金曜から予想以上の大活躍ぶりに、なんだかペレス覚醒の予感がしてきました(笑)

 

さっそくどんな状況だったのか、金曜フリー走行の状況を振り返っておきましょう!

 

スポンサーリンク

ペレス、2回ともマックスを上回る!

© Oracle Red Bull Racing

まずフリー走行1回目、トップに立ったのがそのペレスでした。

チームメイトのマックスは3位で、モナコGPに引き続きマックスを上回ってきました。

 

 

そして、フリー走行2回目。

© Oracle Red Bull Racing

惜しくもトップタイムとはならなかったものの。

ここでも、ペレスがマックスを上回る2位となりました。

 

これでモナコGP金曜フリー走行から、7セッション連続でペレスがマックスを上回ってます!

 

あくまでフリー走行の結果だとはいえ。

マックスがこんなに連続でチームメイトより順位が下なんて、記憶にありません。

 

2年契約延長、モナコGP優勝、そして得意のアゼルバイジャンGP。

いよいよペレスが、本格的に覚醒して牙を剥いてきたのかもしれませんね!

 

 

フェラーリとがっぷり四つの戦いへ!

© Scuderia Ferrari

 

フリー走行2回目で、そのレッドブル勢を上回ってきたのがフェラーリのルクレール。

モナコGPが最悪な結果だっただけに、もう負けられませんよね!

 

かたや少し心配なのが、チームメイトのサインツ。

フリー走行1回目も2回目もポーポイジング現象が酷かったためか、少し元気のない結果となっています。

 

 

管理人が、ラップタイミングでタイムを追っていた限りでは。

フェラーリとレッドブルは、ほぼ互角のペースのように見えました。

 

このアゼルバイジャンGPでも、ハイレベルな2チームのバトルが観られそうです。

願わくばサインツもペレスのように復調してもらって、4人のドライバーによるがっぷり四つの戦いになるとますます面白そうですよね!

 

 

好調アロンソには注意が必要!

予選予想

© formula1

 

レース予想

© formula1

 

管理人の目によるラップタイム分析なんて、アテにならないので(笑)

金曜日のフリー走行終了後に毎回、F1公式サイトが発表してくれるペース予想グラフを見ておきみましょう。

 

結果はご覧の通り、やはりフェラーリとレッドブルがハイレベルで他チームを圧倒していますね!

 

公式の予想では、今回は予選も決勝もフェラーリの方が上位となっています。

ただしその差は、予選で0.09秒、決勝で0.02秒なのでほとんど無いに等しいですね!

 

 

今回面白いのは、予選での3番手チームがアルピーヌであること。

© formula1

というか、アルピーヌというよりアロンソですよね(笑)

 

フリー走行2回目ではサインツを上回り、上位2チームに割って入ったアロンソ。

今回やけにストレートが速そうなので、これは決勝レースで前に行かれると厄介な存在になりそうです。

 

フェラーリ勢やレッドブル勢にとっては、アロンソに予選やスタートで前に行かれるととても厄介なことになりそうなので。

そのあたりにも注目して、予選と決勝を楽しみましょう!

 

 

覚醒ペレス、2008年マッサのように下剋上なるか?

© formula1

 

ということで、上位チームの初日フリー走行状況を見てきました。

 

注目のペレス、F1公式でのインタビューでは。

「タイトルを狙う良い機会が来たかもしれないね」

なんて力強いコメントもしてくれています。

 

管理人個人的には、この雰囲気はなんだか2008年を思い出します。

 

 

前年2007年にタイトルを獲ったライコネンと、翌年も引き続きチームメイトだったマッサ。

マッサは2008年もライコネンのサポート役かと思われましたが。

 

得意のトルコGPでライコネンよりも先に2勝目を挙げると、シーズン中盤に入る頃に立場が逆転。

マッサが最終戦までタイトル争いを繰り広げ、ライコネンがまさかのサポート役に回るという下剋上のシーズンでした。

 

 

この2008年のマッサのように。

ペレスが得意のアゼルバイジャンGPで2勝目を挙げて・・・みたいな展開になると面白いかもですよね!

 

とにもかくにも今回は、ペレスの覚醒が本物かどうか予選から大注目です!

 

果たして、またフリー走行3回目や予選でマックスを上回ってくるのか?

今週末はペレスの走りに注目して、このあとの予選・決勝を楽しむことにしましょう!

 

以上、アゼルバイジャンGPフリー走行の状況についてでした!

 


F1ランキング