岩佐歩夢(19歳)、レッドブル・ジュニアとしてFIA-F3への参戦が決定!

ニュース
© Formula 3 Twitter

F1ファンは、ぜひこの名前と顔を覚えておくことにしましょう!

角田裕毅と似たステップアップで、F1で夢の日本人対決を期待です!

 

===

本日は、午前中の2021年ホンダモータースポーツ体制発表に始まり、

さらに夕方にはF1の下位カテゴリであるF2やF3、そしてジュニアチームの体制発表など、

モータースポーツファンにはニュースが目白押しの一日でした。

 

そんな中で、一番気になったニュースはこちらです。

『岩佐歩夢、ハイテックGPからFIA-F3とアジアF3に参戦決定!』

 

今年F1デビューする角田裕毅選手と、非常に似たキャリアを歩むことになる岩佐選手。

これはさらなる日本人F1ドライバー誕生に向けて期待ですね!

気になる岩佐選手の、これまでのキャリアや今後を深堀して見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

鈴鹿SRS-F出身で、2020年はフランスF4王者!

© honda.co.jp

岩佐歩夢(いわさ あゆむ)選手、大阪府出身の19歳です。

少年時代からカートで腕を磨き、2017年に4輪レースデビュー。

2019年には鈴鹿サーキットレーシングスクール(SRS-F)を首席で卒業し、スカラシップを獲得。

2020年からはフランスF4に挑戦、21戦中9勝を挙げ、海外参戦初年度にして圧倒的な成績で見事にフランスF4チャンピオンを獲得します。

 

そして本日、2021年からはレッドブル・ジュニアドライバーとして。

ハイテックGPチームからFIA F3選手権とF3アジア選手権に参戦することが発表されました。

 

レッドブル・ジュニアの公式ホームページに、さらに詳しいキャリアが載っています。

ぜひこちらも併せてご覧ください!

Ayumu Iwasa - Red Bull Junior Team Athlete Profile
Ayumu Iwasa

 

角田裕毅とほぼ同じステップアップ!

© Yuki Tsunoda Twitter

参考に、今年F1デビューする角田裕毅選手、これまでのキャリアはこんな感じです。

  • 2016年:4輪レースデビュー、SRS-F卒業
  • 2018年:日本F4チャンピオン
  • 2019年:レッドブル・ジュニアとしてFIA-F3参戦
  • 2020年:F2参戦、スーパーライセンス獲得
  • 2021年:F1デビュー

 

日本F4とフランスF4の違い、SRS-F卒業時期こそ違いますが、

これまで角田選手と岩佐選手がほぼ同じキャリアを歩んできていることが解ります。

 

でも順調にレッドブル・ジュニアとしてFIA-F3に進みますが、まだまだ道半ばであることも解ります。

角田選手のように、F3やF2をそれぞれ1年で卒業し、最短でF1にたどり着けるのか?

これからの岩佐選手のキャリアに大いに注目です!

 

佐藤琢磨校長も、岩佐選手に期待しています!

© honda.co.jp

SRS-F初代校長の中嶋悟さんが勇退し、2019年に2代目校長となったのが佐藤琢磨選手です。

その佐藤琢磨校長体制での初の教え子が岩佐選手となります。

主席卒業でスカラシップを獲得した岩佐選手に、国内ではなくヨーロッパでのレースを奨めたのは、もしかしたら佐藤琢磨校長だったのかもしれませんね。

 

佐藤琢磨、F1目指す角田裕毅にエール。「岩佐歩夢とレースしてみたい」とも……|インディ、F1、FIA F2ニュース
佐藤琢磨が、来季F1デビューを目指す角田裕毅にエールを送った。そして自身が校長を務めるSRSの2019年卒業生である岩佐歩夢とレースで戦ってみたいとも語った。

こちらのmotorsport.comの記事からの引用となりますが、ぜひこちらもご覧になってください。

最初の教え子ということもあり注目していること、今後の活躍への確信、まだまだ現役ドライバーである琢磨校長自身への刺激、について語ってくれています。

琢磨校長も岩佐選手に大いに期待・注目していることがよく解ります。

 

年齢的には、意外に余裕は無い状況!?

© Hitech GP Twitter

本日の発表では、レッドブルがF3やF2に参戦するハイテックGPと連携強化したことがあわせて発表されました。

よってチームメイトは、同じくレッドブル・ジュニアのジャック・クロフォード選手となり、

さらに追加で1名も予定されています。

 

このクロフォード選手、なんとまだ15歳だそうです!

また例えば昨年F3で大活躍し、岩佐選手より早くF2に昇格することが発表されたリアム・ローソン選手もまだ18歳です。

このようにレッドブル・ジュニアドライバーには、岩佐選手と同年代ですでに実績を残すドライバーや、かなり年下のドライバーも数多くいます。

F1を目指すために遅すぎる訳ではまったくありませんが、実績的にも年齢的にも決して余裕がある状況ではないことが解ります。

 

レッドブル・ジュニアとしては、結果が出ないとあっという間に淘汰される厳しい戦いになるはずです。

なので岩佐選手には、角田裕毅選手のような世界中をアッと言わせるような走りで!

並みいる競争相手を打ち負かし、F3とF2を1年づつで駆け上がってもらいたい。

 

そしてF1に昇格して、角田選手との夢の日本人対決が実現する日を心待ちにしながら、

今年はFIA-F3にも注目して、岩佐選手を応援して楽しむこととしましょう!

 

以上、FIA-F3デビューが決まった岩佐歩夢選手についてでした!

 


F1ランキング