ホンダ復活!? 2023年エンジン名称を「Honda RBPT」で登録!

ニュース
photo by formula1
スポンサーリンク

次の優勝は、どちらでカウントされるんでしょうね(笑)

でも名称よりも、2023年F1に「Honda」が居るという事実がすべてだと思います!

 


このところ、F1チーム代表交代やミック・シューマッハのメルセデスリザーブ就任など。

続々とF1関連ニュースが発表されています。

 

そしてつい先ほども、2023年のエントリーリストと、全23戦カレンダーのタイムスケジュールが発表されたのですが。

そこに、こんな驚きの記載がありました。

 

『レッドブルとアルファタウリ、エンジン名称を「Honda RBPT」でエントリー』

 

なんだこりゃ(笑)

 

「Honda」の名称が戻ってくること自体は嬉しいのですが。

もはや管理人には、何が何やらさっぱり分かりません(笑)

 

とりあえずこの気になるニュース、チェックしておくことにしましょう!

 

スポンサーリンク

2023年F1「エントリーリスト」と「タイムスケジュール」発表

F1 entry list confirms Piastri, Sargeant and De Vries’s race numbers, as FIA reveals 2023 Grand Prix start times | Formula 1®
Formula 1’s entry list for the 2023 season has been released, confirming the numbers that will be used by next year’s three rookie drivers: Oscar Piastri, Logan...

 

こちら、F1公式サイトです。

FIAから2023年F1の「エントリーリスト」と「タイムスケジュール」が発表されています。

 

 

この英文記事を読んでいたら。

© formula1

 

レッドブルとアルファタウリの、エンジンメーカーのエントリー名が。

ぜんぶ「Honda RBPT」になっているじゃないですか!

 

 

2022年は「RBPT」(Red Bull PowerTrains)のみでしたが。

2023年からは、頭に「Honda」の文字を付け加えるみたいなんです!

 

とりあえず、深く考えないで感想言うと。

「Honda」の文字がF1に正式に戻ってきてくれるのは嬉しいですよね!

 

 

例えば次の優勝、どっちのエンジンの勝利?

エンジンメーカー 優勝数ランキング
順位エンジンメーカー勝利数
1位フェラーリ243勝
2位メルセデス213勝
3位フォード176勝
4位ルノー169勝
5位ホンダ89勝
6位クライマックス40勝
7位ポルシェ26勝
8位BMW20勝
9位BRM18勝
10位RBPT17勝

 

しかし、細かいことを考え出すと。

どう捉えれば良いのか、本当にさっぱり分からないです(笑)

 

 

あくまで一例ですが、例えばエンジンメーカー別の優勝回数ランキング。

「ホンダ」でもなく「RBPT」でも無い、「Honda RBPT」が2023年にもし優勝したら。

 

これは、どちらのエンジンの優勝回数にカウントされるんでしょうね(笑)

 

 

まぁ、普通に考えたら。

「RBPT」が、パートナー企業であるホンダの名称を頭に付与して「Honda RBPT」と名称変更しただけという建付けでしょうから。

 

あくまで「RBPT」の18勝目であって、「ホンダ」は名称以外まったく関係ないという形なんだと推測してますが。

 

うーん、やっぱりなんか分かりにくい(笑)

 

 

久しぶりにF1に触れた友人、混乱してました(笑)

© honda.co.jp

 

現在の、「正式にホンダでは無いけど、実質ホンダ」という状況。

 

そういえば先日、久しぶりにF1に興味を持った友人に、

【5分で解説】セナ・プロスト時代以降のF1
セナ・プロ時代以来、久しぶりにF1に興味を持った方! その後「チャンピオン」「日本人ドライバー」「HONDA」「テレビ視聴方法」がどう変遷してきたのか、シンプルにご紹介します! 明日、管理人は久しぶりに高校の同級...

セナ・プロスト時代以来のF1を一通りこの記事で説明したのですが。

 

 

ホンダはF1から撤退したんでしょ?」という友人の素朴な疑問に対して。

  • 2022年も下請け・外注先として引き続き開発し続けることになった
  • でも、その活動はあくまで子会社のHRCがやっている
  • でも、マシンにはHONDAロゴが描かれている

 

と説明したのですが、チンプンカンプンだったようです(笑)

 

 

今回のニュースで、名称にまで「ホンダ」と入るので。

その友人が、今頃さらに混乱している姿が目に浮かびます(笑)

 

 

深く考えず、喜ぶことにしましょう(笑)

© みんなでF1

 

ということで、深く考えるとドツボにハマるテーマの気がしてきたので。

あまり考え過ぎるのはやめましょう(笑)

 

 

思えば、2020年にホンダの撤退が発表された頃。

ホンダF1撤退、残念だけど受け入れるしかない! こんな時こそ、あえて楽しい思い出を振り返ってみましょう!
本日2010年10月2日17時からの会見で、2021年からのホンダF1撤退が発表されました。 発表文や理由など、もうニュースサイトなどにアップされているので、ここで書くのはやめます。 ホンダも一企業なので理解しつつも、悲...

楽しい思い出を無理やり振り返ろうとしたけど、悲しくて空回りしてたのを思い出します。

 

わずか2年前、あの撤退発表の頃から考えると今は夢のような状況ですよね!

 

確かに、複雑な状況ではありますが。

でも事実として、ホンダが開発したエンジンが2023年もF1を走るということがすべてだと思います!

 

F1の世界にホンダが居る、その事実によって。

きっと、2023年も日本GPのタイトルスポンサーにもなってくれるでしょうし!

角田裕毅選手や、F2を戦う岩佐歩夢選手のサポートにもつながっていくはずです!

 

 

なので、大人の事情のため少々複雑ではありますが(笑)

2023年もホンダが居るF1を、深く考えずに思いっきり楽しんで応援していくこととしましょう!

 

以上、2023年のエンジン名称「Honda RBPT」についてでした!

 

 


F1ランキング