次の日本人F1ドライバーへ!F2で大活躍の角田裕毅選手を応援しよう!

ニュース

管理人は、『 日本人F1ドライバーが鈴鹿で活躍する 』のを観るのが一番ハラハラわくわくドキドキして、F1の最大の楽しみなのです。

写真は、佐藤琢磨選手がF1に出ていた頃です、ほんとにわくわくどきどき手に汗握って応援してました。

残念ながら今は、レースに出場した日本人ドライバーとしては、2014年の小林可夢偉選手を最後に不在の状況です。

でも、先週のシュタイアーマルクGPのF2において、角田裕毅選手がポールポジションを獲得したことが日本でも大きなニュースになりました。

ホンダ、レッドブルの育成ドライバーとして、ついにF1への道が見えてきました

鈴鹿でF1で活躍する日を楽しみにしながら、次の日本人F1ドライバーとして期待される角田裕毅選手を紹介していきましょう。

スポンサーリンク

神奈川出身の20歳のドライバー

(引用元:Formula2 公式Twitter)

このように、茶目っ気たっぷりな20歳の若者です。

念のため、読み方は「すみだ」「かどた」などではなく『つのだ ゆうき』です(笑)

カートを始めたのがなんと4歳だそうで、その後2016年までカートの世界で大活躍しました。

ちなみにアイルトン・セナを初め、F1ドライバーになる人は、3歳でも5歳でもなく、なぜか4歳からカートに乗っている人が多いような気がするのは管理人だけでしょうか(笑)

F1鈴鹿の前座でも優勝していた!4輪レースキャリア

(引用元:F1 2016年日本GP プログラム)

当時知らなかったのですが、FJ Dream Cupという2016年のF1日本GPの前座レースで優勝したのが角田選手でした!

当時のプログラムを調べてみたら、117ページに、確かにちゃんとエントリーが確認できました(キャプチャ下手ですみません)。

ということで、管理人はこの目で角田選手のレースを一回は見たことになりますね(笑)

このレース含め、2016年に4輪レースデビューした以降は、

  • 2018年:日本でF4チャンピオン
  • 2019年:レッドブルのジュニアドライバーとなりFIA-F3参戦
  • 2020年:FIA-F2参戦

順調にステップアップを果たしてきています。

公式ページにも、もっと詳しいキャリアが載っているので、ぜひもっと詳しく知って応援しましょう!

角田裕毅 オフィシャルサイト - Racing Driver Yuki Tsunoda
Official site of Racing Driver Yuki Tsunoda. レーシングドライバー角田裕毅のオフィシャルサイト。最新情報やプロフィール、リザルトなど。

速さを見せつけたF2開幕戦

(引用元:Formula2 公式Twitter)

そして迎えたF2開幕戦にて、最初のセッション:フリー走行でいきなりトップタイム!いきなり度肝を抜く走りにわくわくさせられました。

残念ながらレース1の予選はアタック邪魔され、決勝も残念なクラッシュで18位

続いて行われたレース2も、後方からの追い上げも届かず11位

レースでの結果は出なかったけど、速さは見せつけた、という開幕戦でした。

惜しい!第2戦は優勝逃すもF2初表彰台

(引用元:Formula2 公式Twitter)

続いて先週の第2戦、レース1にて、またもフリー走行でトップタイムをたたき出し、その勢いで初ポールポジション

初優勝が期待されたレース1では、無線の不調でピットインタイミングが良くなかったことと、タイヤ交換でミスもあり、残念ながら優勝は逃すも見事に2位フィニッシュ

続いてリバースグリッドで7位からスタートしたレース2は、開始早々にマシントラブルによりリタイアという不運な結果で終えてしまいました。

※F2は、レース1結果の1~8位を、リバースグリッドにしてレース2が行われます。

目指せF2チャンピオン!

(引用元:Formula2 公式Twitter)

これまで4レースを終えて、表彰台を獲得したレース以外は、不運なノーポイントが続いたため、現在ポイントランキング7位となります。

でも、これまで見せている速さをこれから続ければ、まだまだ挽回可能です。

次戦ハンガリーGPは、不運さえなければ結果はついてくるはずです!

F2には他に日本人として、松下信治選手佐藤万璃音選手も参戦しているので、F1だけではなくF2からも目が離せません

DAZNならF2も見ることができるので、ぜひ一緒に応援していきましょう!

 


F1ランキング