ロシアGPと言えば、バルテリ・ボッタス! これまでの素晴らしい戦績を見てみましょう!

調べてみた
© thestar.com
スポンサーリンク

初優勝や初ファステストラップもロシアGP。

メルセデス時代だけではなく、ウィリアムズ時代からもっとも得意としているサーキットです!

 

===

3連休も最終日となり、少し淋しいところですが。

でも今日は月曜日、いよいよロシアGPウィークに突入しました!

 

 

ところで皆さんは、ロシアGPと言えば誰を思い浮かべますか?

管理人は、バルテリ・ボッタスが毎年印象に残る活躍をするグランプリというイメージです。

 

今年のF1も残り8戦、タイトル争いもそろそろ佳境に入ってきます。

今回のロシアGPでは、ボッタスがそのカギを握ってくるのではと密かに思っています。

 

そんなボッタスの、これまでのロシアGPの戦績を振り返りつつ。

今年のロシアGPの展望を見てみることにしましょう!

 

スポンサーリンク

ボッタスのロシアGP戦績

年度チーム予選決勝
2014ウィリアムズ3位3位
2015ウィリアムズ3位12位
2016ウィリアムズ3位4位
2017メルセデス3位優勝
2018メルセデスPP2位
2019メルセデス5位2位
2020メルセデス3位優勝

(調査条件)

  • 予選は、他車のグリッド降格などを考慮しない順位

 

 

ロシアGPは2014年に初めて開催され、以降7回の開催を数えます。

その全7回のボッタスの戦績がこちらです。

 

とりあえず3位以内を赤文字にしてみましたが、凄い戦績ですよね!!

2017年は、ボッタスにとってF1初優勝とゲンのいいサーキットでもあります。

 

 

このコースはメルセデスが得意としており、なんとこれまで7回のロシアGP全勝です。

でも、ボッタスはウィリアムズ時代からこのコースを得意としていることが分かりますよね!

 

ウィリアムズですべて予選3位以内はすごい結果だし。

2016年は、ベッテルのグリッド降格によりフロントローからのスタートも経験しています。

 

そしてレース結果も、2014年には表彰台を獲得していますし。

自身初のファステストラップも記録するオマケまで付いてきてます!

 

メルセデス時代も、実質4戦3勝です!

© ibtimes.co.in

皆さん、覚えていますでしょうか?

こちら2018年の表彰台です、優勝:ハミルトン、2位:ボッタス。

 

でも、なんだか2人ともバツが悪そうですよね?

あわせて、プーチン大統領もなんだかバツが悪そうな顔です(笑)

 

 

この2018年、ボッタスが終始レースをリードしていたにも関わらず。

ハミルトンとベッテルのタイトル争いのリスク管理のために、チームからの指示で一旦ボッタスが順位をハミルトンに譲ります。

 

そしてその後、最終的には元の順位に戻すのかと思いきや。

チームからの指示で、なんとそのままの順位でゴールとなってしまいました。

 

ハミルトンも、レース後には『このGPは、ボッタスが勝者だ』とコメントしていたほど。

 

なので、この2018年のレースは、実質ボッタスが優勝だったはず。

そう考えると、メルセデスに移籍してからのボッタスのロシアGP戦績は実質4戦3勝となります。

 

ハミルトンの戦績をも、圧倒的に凌駕しているロシアGP。

やっぱりボッタスにとって、めちゃくちゃ得意のサーキットと言えずはずです!

 

イタリアGP、吹っ切れたボッタスは速かった!

© planetf1.com

アルファロメオへの移籍を発表した直後の、前戦イタリアGP。

とにかくボッタスがカッコ良かったですよね!

 

予選も1位、スプリント予選も1位。

そしてペナルティにより最後尾スタートにも関わらず、レースでは見事に3位表彰台までリカバリーする縦横無尽の活躍でした。

 

やっぱり、吹っ切れた時のボッタスは速いんです!

そしてこの流れで迎える、得意のロシアGP。

 

もうこれは、ボッタスに注目するしかありません!

 

3グリッド降格マックスへの、厚い壁となるか?

© Formula1 Twitter

次戦ロシアGP、マックス・フェルスタッペンは3グリッド降格ペナルティが決まっています。

もしかしたらこの機会に、エンジン交換も併せて実施してくるかもしれませんね。

 

いずれにしても、マックスはどんなに予選で頑張っても。

もっとも良くて、4番グリッドからのスタートとなります。

 

メルセデスにとっても、ボッタスにとっても得意のロシアGP。

おそらく、上位3台に2台のメルセデスが並ぶことは間違いなさそうですよね。

 

 

もしハミルトンが優勝し、ボッタスがマックスとの間に割り込み2位をもぎ取れば。

ハミルトンとマックスのポイント差はたった5ポイントですから、一気に10ポイント差が縮まることになり逆転となります。

 

このことからも、ロシアGPでのボッタスの役割は。

タイトル争いの展開のうえで、非常に重要となってきます。

 

 

でもハミルトンが真後ろに来ない限り、順位を譲る展開にはならないでしょう。

ちょっとチームやハミルトンに反逆して、優勝をもぎ取ってしまうボッタスも見てみたい気もします(笑)

 

とにかくロシアGPでは、ボッタスから目が離せないこと、分かっていただけましたでしょうか!

 

ボッタスの意地と得意のサーキットでの走りに期待しながら。

今週末のロシアGPを、目一杯楽しむこととしましょう!

 

以上、ボッタスのロシアGP戦績についてでした!

 


F1ランキング