メルセデスの来季ドライバー、ボッタスとラッセルが交代だなんて、まだ決まっていません!

ニュース
© Mercedes-AMG PETRONAS F1 Team
スポンサーリンク

ラッセル起用決定の報道だったり、SNSでの匂わせ投稿もありますが。

よくよく事実関係を読めば、まだ発表なんてされないことがわかります!

 

===

いよいよ明日からイギリスGPの開幕です!

スプリント予選がどんな感じになるのか、楽しみで仕方ないですよね!

でも日本時間ではなかなか厳しい時間帯なので、寝不足気味な週末になりそう(笑)

 

そんな中、ドライバー移籍市場のウワサ話が賑やかになってきています。

ちょっと気になることとして。

  • 『ラッセルがボッタスに代わり、来季メルセデス移籍が確定!』
  • 『今週のイギリスGPで発表へ!』

と、ぱっと見では読めるような報道や記事が出ていることです。

 

でも事実をちゃんと読むと。

まだ正式決定ではなく、今週末に発表なんて無いことがよくわかります。

 

賑やかなのは嬉しいのですが、この手のウワサ話はきちんと事実を把握しておきたいところです。

コアなF1ファンは、きっちり事実関係も確認しているとは思いますが。

F1ファンになって間もなかったり、忙しくて時間がない方はなかなか厳しいと思います。

 

なので今日は、来季メルセデスのドライバーのニュースについて。

事実と現状を確認しておきたいと思います!

 

スポンサーリンク

トーチュウやYAHOOニュースに確定っぽい記事が!

まず14日(水)の東京中日スポーツに、デカデカとこんな記事が出ています。

スポーツ紙が伝えると、なんだか本当のように感じてしまいますよね(笑)

 

 

そして例えばこちら、YAHOOニュースにもこんな感じで出ています。

【メルセデス】今週末のシルバーストンでラッセル昇格を正式発表か(TopNews) - Yahoo!ニュース
今季のF1第10戦イギリスGP(18日決勝)が行われる今週末のシルバーストンにおいて、メルセデスが2022年にジョージ・ラッセル(ウィリアムズ)を起用することを正式発表することになる可能性が高いよう

YAHOOニュースになるくらいなので、もう正式発表されるものだと誤解されている方も多いかもしれません。

 

でも例えばこのYAHOOニュースをちゃんと読んでみると、

『フィンランド出身ドライバーのトニ・ヴィランデルが、母国のテレビ局MTVに憶測を語っただけの内容』

であり、ただの推測を元にしたウワサ話だということがわかります。

 

この手の移籍ニュースって、見出しや写真だけで判断すると誤解しやすいので(汗)

できるだけF1公式情報などから、ちゃんと事実を把握しておきたいところです。

 

『まだ決まってない、イギリスGPでは発表されない』

© Formula1 Twitter

こちらが、F1公式ツイッターに掲載された内容です。

ジョージ・ラッセル本人が語った内容なので、事実といって良いでしょう。

  • 『来年のドライブについては、まだ何も決まっていない
  • 『イギリスGPでは、何も発表されない

 

このように、ハッキリと本人がイギリスGPでの発表を否定しています!

このF1公式のコメント発表が、14日(水)日本時間午前1時ごろです。

 

トーチュウの新聞記事は、もしかしたら独自の取材でウラをとっているのかもしれませんが。

でもおそらく、時間的に新聞記事の差し替えが間に合わなかったものであろうと推測されます(笑)

 

ラッセル、実はイタズラ好きなのかも(笑)

ウワサに拍車がかかったのは、ラッセルのSNS匂わせ投稿にも一因があったのかも。

まずこちらのツイートは。

『愛しているものは、大事にしようね』

と、さぁ今からメルセデスに乗るぞ、と言わんばかりにメルセデスを洗車している様子です。

匂わせ投稿、って感じですよね(笑)

 

 

と思っていたら、次にこんな投稿も。

https://twitter.com/GeorgeRussell63/status/1414648063822598147

イギリスGPに向けて、イギリス人ドライバー3名が映っている写真です。

このタイミングでハミルトンと一緒の写真。

またも匂わせてますよね(笑)

 

そしてこの後の14日に、『イギリスGPでは何も発表されない』と発言したはずなのですが。

 

 

つい先ほど、またこんな投稿が。

『緊急告知! イギリスGPは特別ヘルメットだよ!』

 

このタイミングで『ANNOUNCEMENT』って。

なんだかラッセルがイタズラ好きっ子に思えて、好きになってきましたよ(笑)

 

一方、なぜか哀愁漂うメルセデス&ボッタスの投稿

https://twitter.com/MercedesAMGF1/status/1415369174449262594

一方、こちらがメルセデスチーム、本日15日未明の投稿。

文面は『シルバーストンに戻ってきたぞ!』って内容なのですが。

なぜかこんな意味深で、哀愁漂い、どこかに去っていきそうなボッタスの写真が(汗)

 

 

このメルセデスのツイートを受けて、2時間後くらいのボッタスの投稿がこちら。

https://twitter.com/ValtteriBottas/status/1415390646450495488

これも文面は『メルセデスのホームだし、やってやろうぜ!』って内容なのですが。

また同じように意味深で、哀愁を背中で語りつつ、胸を張って前を向く写真が(笑)

 

もうみんな悪ノリで、楽しんでやっているようにしか思えないですよね(笑)

 

 

捉えようによっては、ボッタスファンには見るのが辛い投稿だったかもしれませんが。

でも事実をちゃんと把握していれば、このような投稿も笑いながら見れたりするのではないでしょうか!

 

両ドライバーに敬意を払って、事実を見守りましょう!

© planetf1.com

ハミルトンの残留が決まり、メルセデスの残りシートは1席です。

ラッセルの移籍か、ボッタスの残留か。

必ずどちらかのドライバーがメルセデスのシートには座れないことは間違いありません。

 

管理人は、どちらのドライバーも好きですし、二人とも素晴らしいドライバーだと思っています。

この二人に限らず、20名のドライバー全員リスペクトしているので、毎年このようなドライバー交代のニュースはいつも心が痛いです。

でもこれがF1の世界です、仕方ありませんよね。

 

チーム代表のトト・ウォルフが、どういう判断をするんでしょうか?

ぜひ今後もきちんと事実を見極めて、成り行きを見守っていきましょう。

 

そしてどんな結果になろうとも、この二人へのリスペクトだけは絶対に忘れないようにしたいと思います!

 

以上、ラッセル移籍に関するニュースについて思うところでした!

 


F1ランキング