ミック・シューマッハ、2021年ハースからのF1デビューで期待する3つのこと。

ニュース
© Mick Schumacher Twitter

マゼピンとは正反対で、全世界から祝福されています。
この善玉・悪玉コンビ、来年のハースF1チームが楽しみで仕方ないです(笑)

 

怒涛のビッグニュース連発となった12月2日。

ミック・シューマッハのハースF1加入が正式に発表されました。

父ミハエルの現役時代を知る方も多いと思うので、息子ミックのデビューに感慨深いファンも多いのではないでしょうか。

 

ミックがF1デビューするにあたり、管理人としては3つの期待をしています。

今日はこの3つの期待を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

期待その①:予選での速さを磨け!

© Formula 2 Twitter

これはいろんなところで言われているので今更ですが、今年のF2の成績表がこちら。

レースでは、ロケットスタートと着実な表彰台・ポイント獲得でランク首位を走るものの、

予選では、ポールポジションはおろか、フロントロースタートさえ一度ありません。

 

これはいただけません。

レースの巧さは、経験を積めばある程度は後天的に成長していくものです。

でも世界中の多くのファンが期待しているのは、まず何をおいても「天性の速さ」ではないでしょうか。

 

下位カテゴリーでポールポジション無しだと、たとえチャンピオンになっても少し寂しい結果と言わざるを得ません。

角田選手のファンとしては少し困りますが(笑)、残り1戦、今週末のF2最終戦サヒール戦において意地を見せて欲しい。

そして、来期F1デビュー後は、マゼピンを予選で圧倒するくらいでないと評価されません。

なので予選スピードの改善・成長に注目して見ていきましょう。

 

期待その②:F1ではもっと政治力を磨け!

© Haas F1 Team Twitter

ただ速くて強いドライバーというだけでは、F1では成功しません。

このところ資金難で撤退のウワサもあったハースF1チームが、実力だけではなく資金力も期待してマゼピンをもう一人のドライバーに選んだのも事実でしょう。

 

そんな状況で、来年何が起こり得るかは明白です。

新しいパーツや予備のパーツ、新しいシャーシなどが、優先的にマゼピンに回されることも想定しておく必要があるでしょう。

そんな状況でも、結果がすべてのF1です。

いかなる理由でも、予選やレースでチームメイトに敗れ続けると、自然に淘汰されていく運命にあるのはこれまでのF1の歴史が証明しています。

 

このような厳しいチーム環境をいかに打破できるか、政治力をもっと磨かないと飛躍できないと思っています。

シュタイナー代表を始め、小松さんなどのチーム関係者をいかにミックの方に振り向かせるか。

またF1界から今も愛されるシューマッハファミリーの特権を生かし、ロス・ブラウンやジャントッドなどのFIA関係者、フェラーリ関係者など。

とにかく利用できるものは最大限利用してほしい。

そうやって政治力も使って、泥臭くのしあがっていくような力を磨いて欲しいと期待しています。

 

期待その③:あくまで父は父、ミック独自のキャラ確立を!

こちら幼少のミックと、父ミハエルが、カートセンターで初めてハンドルを握った際の動画が話題になっています。

ファンの立場では、これを見た時にはやはり感慨深かったし、父ミハエルと同じような道や、偉大な功績を期待してしまいますよね。

 

でもやはり、ミックはあくまでミック・シューマッハです、ミハエルではありません。

父と同じ功績を意識する必要はありませんし、父と同じような道のフェラーリやメルセデスに固執する必要もないです。

例えばですが、父のライバルだったルノーワークスに乗るミック、管理人はとても見てみたいです。

 

こんなことはもう既にこれまでも何度も何度も言われてきていると思います。

あらためて父の足跡に固執することなく、ミック独自の足跡・キャラを確立していくことに期待したいと思います。

 

とにかく一年目は、チームメイト対決に勝利を!

© Nikita Mazepin Twitter

来年チームメイトになるニキータ・マゼピン。

以前の記事にも書きましたが、これだけ世界中から拒否反応を示されるF1デビューも珍しいです。

言い方を変えれば、それだけ注目されているということですし、すでにヒール・悪玉としてのキャラが立っていると言えます。

評判は落ちるところまで落ちているので(笑)、良い走りを続ければ評価は上がるだけなのではないでしょうか。

 

一方で、ミックについては、偉大な父の存在から、それなりや少し悪い走りが続くと「期待外れ」みたいな印象を持たれるのではないでしょうか。

この懸念を払拭するためには、比較対象となるチームメイト:マゼピンに、完全勝利する必要があります。

 

これまでのF3やF2では、一年目の結果は散々だったミックです。

しかしF1では、1年どころか半年もすれば評価が固まったりしてしまいます。

2021年のミック・シューマッハとニキータ・マゼピンのこのコンビ同士の戦いは絶対面白いはずなので、我々ファンはどんな戦いが繰り広げられるのか、楽しみに待つことにしましょう!

 

以上、ミック・シューマッハF1デビューに期待する3つのことでした!

 


F1ランキング