ニキータ・マゼピン、2021年ハースF1マシンでシート合わせ! SNSの炎上コメントもだいぶ減ってきました

ニュース
© Haas F1 Team Twitter
スポンサーリンク

初日感想は『とてもアットホームな気分』。

このまま真摯にF1に取り組んで欲しいですね!

 

===

いつものようにサイトやSNSでF1情報を収集していたら。

ウィリアムズが新車発表に先駆けてシェイクダウンを行う様子や、新車発表が行われるオーストリアへプライベートジェットで移動している角田裕毅選手の様子など、続々とSNSに投稿されてます。

2021年シーズン開幕へ、動き出している感が高まってきていますよね!

 

と思ってたら、ハースF1チームのこんな投稿を目にしました。

『ニキータ・マゼピン、新車でシート合わせを実施!』

 

うわ、また荒れそう・・・!?

先月、ハースF1チームがマゼピンの動画をツイッターにアップした際の記事がこちら。

ハースF1チーム、マゼピンについて1ヶ月ぶりにツイート。やっぱり大炎上しています。
マゼピンの自業自得なのに、ハースF1チームがかわいそう。 でもミックについてのツイートは、とても平和です(笑) === F1チームからの情報発信について。 シーズンオフはどうしてもSNSでの情報発信が少なくな...

壮絶な炎上っぷりに、ハースF1チームが可哀そうになった記憶が蘇りました。

 

なので今回もまた炎上しそうな心配をしていたのですが、どうだったでしょうか?

ちょっと状況を見てみることにしましょう。

 

スポンサーリンク

シート合わせの様子

日本時間の17日23時ごろに投稿された、シート合わせをする様子のツイートです。

 

約1日経過の18日21:00現在でこんな感じ。

  • いいね:2,777件
  • 返信:1,336件
  • リツイート:591件

 

おお!

『いいね』が、『返信』や『リツイート』を上回ってますね!

前回1月の動画ツイートでは、『いいね』よりも、炎上内容が書き込まれる『返信』や『リツイート』(メールでの転送のようなもの)の件数が圧倒的に上回っていました。

 

相変わらず返信内容は荒れてはいるのですが(笑)

でも数字だけを見ると、少しは落ち着いてきたのかもしれませんね。

 

エンジニアとのミーティング

https://twitter.com/HaasF1Team/status/1362081059039494146

続いて、ハースF1チームのエンジニアとのミーティングの様子です。

両者とも真剣な眼差しでなにやら議論している様子の写真です。

 

こちらのツイートの状況も、こんな感じ。

  • いいね:1,702件
  • 返信:686件
  • リツイート:214件

『いいね』が、返信やリツイートにダブルスコア!

マゼピンツイート始まって以来の快挙です(笑)

 

マゼピンも、自身のツイッターにこんなコメントをしてます。

『ハースF1での初日は、とてもアットホームな気分だ!』

写真からしかわかりませんが、よい空気感で仕事始めしてそうな様子です。

 

まだまだマゼピンは反省と行動改善すべき点は多いとは思いますが、

こうやってチームと真剣にF1に取り組むことと、レースでの速さを見せていくしかないですよね。

そうすれば、今後さらに批判は減っていくと思います。

 

マゼピン肉声の動画も公開されています!

そういえば、マゼピンの声って意外と聞いたことがない、ような気がしてきました。

こんな声をしていますので、ぜひ聞いてみてください(笑)

 

要約すると、こんなコメントをしています。

  • 『ハースF1チームのファクトリーで、初日を過ごしている』
  • 『長い期間待ったので、チームのみんなと仕事ができて嬉しい』
  • 『コロナの影響でファクトリーに来れなかったけど、ようやくシート合わせが出来た』
  • 『バーレーンに向かうのが、待ち遠しくてとても楽しみだ』

 

本人の肉声動画なので、さすがにこれにはアンチが食いつくか?と思ったのですが。

こちらのツイートの状況もこんな感じ。

  • いいね:1,019件
  • 返信:631件
  • リツイート:170件

 

他の投稿に比べて『いいね』は少ないものの、先月以前の投稿のような炎上・荒れ方はしていませんね!

 

フェラーリエンジンの始動ができない厳しい状況

© Haas F1 Team Twitter

そんなハースF1チームは現在、エンジン搭載について問題が発生しています。

コロナによる渡航制限により、フェラーリのエンジニアがイギリスに入国できないため、

フェラーリエンジンの始動が出来ない状況です。

 

仕方ないので、3月12日から始まるバーレーン公開テストの場で、初めてエンジンの始動を行うそうです。

ただでさえ走行経験の少ない新人コンビなうえに、万一エンジン始動でトラブルが出たら貴重な走行時間を失うことになるので、これはとても厳しい状況です。

この影響のためか、新車発表時期もまだ公開されていません。

 

マゼピンとミック・シューマッハという二人の新人コンビ、

良い意味でも悪い意味でも今年はハースF1チームに注目が集まります。

この二人の新人コンビの戦いを存分に楽しむためにも、

ハースF1チームはぶっつけでのテスト本番走行となりますが、うまく問題解決できるよう見守って応援することとしましょう。

 

以上、マゼピンのハースF1でのシート合わせ状況についてでした!

 


F1ランキング