ランス・ストロール、『22歳17日でのポールポジション獲得』は歴代5位の年少記録! もうお坊ちゃまドライバーなんて言わせない!

調べてみた
© racingpointf1.com

大波乱のF1トルコGP予選となりました。

結果は、レーシングポイントのランス・ストロールが見事に自身初めてのポールポジションを獲得しました。

 

再舗装された路面、雨天、タイヤ状況、黄旗状況から、誰がQ1落ちをしても、誰がポールポジションを取ってもおかしくない状況。

そんな中で、最後のアタックを浅溝のインターミディエイトタイヤで見事に決めたストロールがポールポジションを獲得しました。

 

大富豪の息子であることで、これまでややもするとペイドライバーとして見られ、批判的な見方もあったストロール。

しかしF1デビューしてからの成長は著しく、素晴らしい戦績を残しています。

もうただの『お坊ちゃまドライバー』と言わせないためにも、今回のPP獲得の偉業を深堀し、これまでのイメージを払拭していきたいと思います。

 

スポンサーリンク

F1歴代5位の若さでポールポジション!

F1歴代 初PP獲得年齢
歴代順位年齢ドライバー
1位21歳72日S.ベッテル
2位21歳165日C.ルクレール
3位21歳236日F.アロンソ
4位21歳307日M.フェルスタッペン
5位22歳17日L.ストロール
6位22歳96日R.バリチェロ
7位22歳153日L.ハミルトン
8位22歳307日A.デ・チェザリス
9位23歳79日N.ヒュルケンベルグ
10位23歳120日R.クビサ

これまでF1の歴史で、ポールポジションを獲得したことがあるドライバーはちょうど100人、

ストロールが歴代 101人目のポール獲得者となります。

22歳でのポール獲得となると相当早い記録となり、F1の70年の歴史上で5番目に若い年齢での記録となります。

現役ドライバーでは、ベッテル、ルクレール、フェルスタッペンに次ぐ若さでの記録となり、なんとハミルトンよりも若くして達成していることが解ります。

 

レース数では歴代89位も、フェルスタッペンより早い記録!

現役ドライバー 初優勝レース数
歴代順位レース数ドライバー
20位6レースL.ハミルトン
45位22レースS.ベッテル
46位23レースC.ルクレール
74位43レースK.ライコネン
89位75レースL.ストロール
90位81レースV.ボッタス
94位93レースM.フェルスタッペン
95位94レースD.リカルド

ストロールはまだ22歳ですが、18歳とデビューがとても早いため、すでにF1では4年目、トルコGPで75戦目のキャリアとなります。

なので年齢だけではなく、レース数でも達成の早さを調べてみました。

結果は、歴代89位と年齢ほど早くはない結果となっています。

 

これを表のように現役ドライバーのPP経験者8名で比べてみました。

現役ドライバーでは5番目に早い達成であることが解ります。

フェルスタッペン、リカルド、ボッタスなどの優勝経験者よりも早い達成は、誇ってもいい記録なのではないでしょうか。

 

もしトルコGPで優勝したら、歴代4位の年少記録!

F1歴代 初優勝年齢
歴代順位年齢ドライバー
1位18歳228日M.フェルスタッペン
2位21歳73日S.ベッテル
3位21歳320日C.ルクレール
4位?22歳18日?L.ストロール?
4位22歳26日F.アロンソ

初PP獲得の勢いそのままに、もし今回のトルコGPで初優勝をした場合

ご覧の通りF1歴代4番目に若い記録となる22歳18日での初優勝となります。

 

表には、チャンピオンだったり、誰もが将来のチャンピオン候補と認める凄いドライバーしか居ないことが解ります。

優勝となるとなかなか難しいとは思いますが、ぜひこのデータの中に飛び込んできてもらって、今後は将来のチャンピオン候補としてさらなる成長・活躍を期待したいところです。

 

もう『坊ちゃんドライバー』とは言わせない!

© Formula1 Twitter

いかがだったでしょうか。

残念ながらこれまでは、どうしても大富豪の父親の印象が強いため、ただのペイドライバーのようなイメージを持たれがちだったストロール。

しかし、今回達成したポールポジション記録を始め、デビューイヤーに記録した初表彰台も史上2番目の若さで達成した記録を持っています。

 

そもそも、現役F1ドライバー20名のうち、ポールポジション経験者は今回のストロール含めたった8人しかいない狭き門です。

もちろん天候やタイヤなど運の要素もありましたが、その運を掴めるときにしっかりその場に居ることが並のドライバーではできないことです。

これまで残してきた記録や、今回の記録を見ても、やはりストロールはただのお坊ちゃまドライバーではなく、成長著しい期待の若手ドライバーであると見るのがフェアではないでしょうか。

 

トルコGP決勝レースが非常に楽しみになってきました。

初めてのポールポジションから優勝を狙うストロール。

それを阻止しようとするレッドブル勢やチームメイトのペレス、そして遥か後方からのメルセデス勢の逆襲追い上げなど。

波乱要素だらけのトルコGP、目一杯楽しむこととしましょう!

 


F1ランキング