当時のチケットを持って、Honda ウェルカムプラザ青山に行ってきました!

訪問記
© みんなでF1
スポンサーリンク

ちゃんとマルボロロゴのあるマクラーレン・ホンダの4台展示は圧巻。

日本GPが中止になったことも忘れさせてくれるくらい、素晴らしい夢の空間でした!

 

===

やっと、行ってくることができました!

『Honda F1 2021 2nd Stage ~夢は挑戦の先にしかない~』

 

9月21日からHonda ウェルカムプラザ青山で開催されている、

かつてチャンピオンを獲得したホンダエンジン搭載のF1マシンが数多く展示されているイベントです。

 

開催日当時に記事にしておきながら、仕事や家庭の都合でなかなか行けなかったのですが。

やっと、本日訪問することができました!

 

もう開催が始まってから3週間ほど経つので、SNSなどでも多く画像が出ています。

 

でもSNSをやっていない方も多いと思いますので。

今日はこのイベント内容をこの記事でもご紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

『ありがとうカラー』のマシンパネルがお出迎え!

© みんなでF1

まずはこちら。

先日のトルコGPでお披露目された『ありがとう赤白カラー』のレッドブル。

早くも、お迎えしてくれましたよ!

 

でも、さすがに実車にカラーリングとまではいかなかったようで。

このように、紙のパネルでのお出迎えとなりました(笑)

 

 

でもそんなことよりも、13時過ぎに到着したのですが。

平日なのにまさかの入場制限、待ち行列が出来ていたことにまずビックリ!

 

そして、本日の開館時間がなぜか15時までと言うことに2度ビックリ(笑)

ちゃんと調べて、もう少し早くいけば良かった・・・。

 

でも、なんとか15~20分程度並んでいたら、すんなり入場することが出来ました!

 

ウイリアムズ・ホンダ FW11B(1987)

© みんなでF1

会場に入り、検温と消毒を済ませると。

まず迎えてくれるのが、こちらのマシンです!

 

管理人がF1をテレビで見始めたのが、1987年の日本GPです。

その日本GPでタイトルを決めたのが、このネルソン・ピケのウィリアムズ・ホンダです。

 

なので、管理人としても思い入れはあるのですが。

でも、このウィリアムズカラーを見ると。

© みんなでF1

管理人は、どうしてもこの赤いロゴの会社に目が行ってしまいます。

 

この頃のウィリアムズの大活躍での憧れ、1994年にウィリアムズと袂を分かつ際のエピソード

それに鈴鹿で野宿をしながら徹夜で並びカメラを借りた時の、社員さんのあまりにも素晴らしい対応に心を打たれ。

 

管理人がこの赤いロゴの会社に入社したのは、このマシンの活躍の10年後でした。

それくらい、このロゴとカラーリングには思い入れがあります(笑)

 

ウイリアムズ・ホンダ FW11(1986)

© みんなでF1

そんな管理人のどうでもいいエピソードは置いといて(笑)

次に迎えてくれるのが、こちらのマシンです。

 

マシン自体は、正直、1台目とフロントウィング先端くらいしか違いが分からないので(笑)

 

なんと言っても、見どころはこちらですね。

© みんなでF1

ナイジェル・マンセルのトレードマーク、『レッド5』ですよ!

 

若い方はご存知無いと思いますが、マンセルだけこのようにカーナンバーを赤くして。

当時は『レッド5』と言えば、誰もがマンセルと分かるくらい有名だったんです!

 

ブルーとホワイトとイエローに、この『レッド5』と赤い会社のロゴ。

やっぱり、入社を決断するくらい素晴らしいデザインですよ(笑)

 

F1日本GP幻のトロフィーと、パワーユニット展示

© みんなでF1

続いては展示コーナー、まずはこちら。

2021年F1日本GP、幻の優勝トロフィーです。

 

これは、まずこちらの動画を見てください。

幻の日本GPトロフィー ~Made by All Honda~

F1トロフィーはタイトルスポンサーが制作するので、2021年はホンダが制作したものです。

この動画を事前に見ていると、いろんな関係者の想いがこのトロフィーにこめられていることが分かります。

 

何より、本当に美しいトロフィーですよね。

つくづく、今年のF1日本GP中止が残念でなりませんね。

 

 

そして、隣にはパワーユニットも展示されています。

© みんなでF1

管理人は、正直メカには詳しくないのですが。

でもじっくり見ると、いろんなところにFIAのシールが貼られていたりするので、ニタニタと見ていました。

怪しい人だったかもしれません(笑)

 

レッドブル RB16B(2021カラー)

© みんなでF1

続いて、今年のレッドブル・ホンダ RB16Bがお出迎えです!

あまり現実的なことを書くと興醒めするので、とりあえずこのマシンは2021年カラーリングを楽しむことが出来ます!

 

やっぱりリアウィングに大きく『HONDA』ロゴがあるのは素晴らしいですよね!

 

そして、シーズン途中に変更になったこのロゴ。

© みんなでF1

これはこれでカッコいいですが、やっぱりオールドファンとしては。

『POWERED by HONDA』の方が好きかもなぁ、とか思いにふけったり。

 

なにせこの2年、F1の現地観戦ができていないので。

最新の2021年型のカラーリングを楽しむことが出来る素晴らしい展示でした!

 

圧巻のマルボロ・マクラーレン・ホンダ×4台展示!

© みんなでF1

そして、今日のお目当て。

マルボロ・マクラーレン・ホンダの、チャンピオンマシン一挙4台展示です!

 

1台づつだと人の顔が映っている写真が多かったので、4台まとめての写真ですが。

どうですか、圧巻すぎますよね!

 

 

なにより素晴らしいのは。

『Marlboro』タバコロゴをちゃんと当時のまま展示してくれていることです。

 

例えば、2018年F1日本GP時のデモランでは。

© みんなでF1

このご時世、こんな感じでタバコロゴである『Marlboro』ロゴは全消しだったんですよね。

これはこれでカッコいいですが、やっぱりちょっと当時と雰囲気が異なり、魅力が半減してしまいます。

 

ところが、今回のイベントはどうですか!

すべて『Marlboro』ロゴ入りです、これが本当に素晴らしい!

 

オールドファンとしては、見ているだけで当時の思い出がたくさん甦ってきます。

 

当時の観戦チケットと、一緒に撮ってみる!

1989年

© みんなでF1

 

1990年

© みんなでF1

 

管理人が初めてF1を現地観戦した1989年から1991年まで、チケットのデザインはすべてマクラーレン・ホンダでした。

展示されている素晴らしいマシンの、当時の思い出を振り返りたかったので。

 

当時のF1日本GP観戦チケットを持っていくことにしました。

 

セナ車とプロスト車で、カーナンバーなど若干違いがありますが。

でも同じような構図で写真が撮れて満足でした(笑)

 

でも、1991年は同じような構図で撮影は無理だ、と悩んでいたら。

この展示されている4台の目の前に、カフェがあるではないですか。

 

とりあえずアイスコーヒーを注文して、席に座ると。

© みんなでF1

席の目の前には、マクラーレン・ホンダがズラリ。

なんだこりゃ、天国か!!!!

これはヤバすぎます(笑)

 

もう完全にノックアウトされて、しばらくウットリしながら。

こんな感じで持って行ったチケットを並べて、この席で思い出にふけっていました。

 

たぶん管理人がこれまで生きてきた中で、最高の眺めのカフェでした(笑)

 

開催期間は、10月18日(月)まで!

© みんなでF1

ということで、大満足の1時間30分ほど。

カフェの逆側からも自撮りサムアップして、閉館時間の15時に蛍の光が流れてきたので会場を後にしました。

 

いやぁ、本当に素晴らしいイベントでした。

ぜひ東京近郊に住んでいて、まだ行っていない方にはオススメしたいです!

 

でも、開催期間は10月18日(月)までとなっていて。

しかも残念ながら、16日(土)と17日(日)は、オンライン整理券配布による入場制限が実施され。

もうすでに、配布終了となっています。

 

ということで、もしこの記事を見て行きたくなった方は、

18日(月)しかチャンスはありません!

 

少しの時間でも、本当に素晴らしい空間を楽しめますので。

ぜひなんとかご都合をつけて、この素晴らしいイベントに参加してみてはいかがでしょうか!

 

以上、Honda ウェルカムプラザ青山のイベント訪問についてでした!

 


F1ランキング