カッコいいような、カッコ悪いような? F1勝利時の個性的なガッツポーズを集めてみました!

調べてみた
スポンサーリンク

フェルスタッペンのモナコGP勝利のガッツポーズ、かなり個性的でした。

なので、過去の個性的なガッツポーズも振り返ってみました!

 

===

先日のモナコGP、見事に優勝を決めたマックス・フェルスタッペン

モナコでの初優勝、そしてポイントリーダーとなったことで喜び爆発。

マシンを降りた直後、見事な『ガッツポーズ』を決めてくれました。

 

でもこのガッツポーズが、カッコ良かったような、悪かったような(笑)

 

ということで、そのマックスの個性的なガッツポーズをはじめ、これまでのF1でのちょっと個性的なガッツポーズを振り返ってみたいと思います。

*あくまで個人の感想です(笑)

 

スポンサーリンク

マックス、後ろ姿はカッコいいですが・・・

© Honda Racing F1 Twitter

まず、今回のマックスのガッツポーズです、後ろから見た姿です。

これはめちゃくちゃカッコいいですよね、『HONDA』ロゴとの相性もバッチリ!

 

でもこれ、前から見るとこんな感じ。

© Honda Racing F1 Twitter

上半身は、近年良く見せてくれるガッツポーズでカッコ良いのですが・・・。

下半身が、洋式トイレで踏ん張っているようにしか見えなかったのは、管理人だけでしょうか(笑)

 

きっとツイッターなどで、コラ画像とかが出回る予感がしていたら・・・やっぱり。

 

誰が作るのかわかりませんが、うまいこと作りますよね(汗)

でも、このガッツポーズに違和感あったのは管理人だけじゃなかったということですね(笑)

 

 

これまでF1を見てきて、ほかにも個性的な勝利のポーズがあったので。

続けて見てみることにしましょう。

 

マーク・ウェバー

© ausmotive.com

今回のマックスのポーズを見て、ウェバーの『勝利のガニ股ジャンプ』を思い出した方も多かったのではないでしょうか(笑)

 

 

© sify.com

いや、ほんと、高く飛びすぎですよね(笑)

 

 

© en.espn.co.uk

そのせい・・・ではありませんが、自身最後の表彰台ではこんな感じでズッコケてます(笑)

 

うーん、やっぱりこのポーズはイマイチですかね(笑)

 

 

ミハエル・シューマッハー

© irishmirror.ie

そもそも、表彰台でジャンプしだしたのはこの人が最初じゃないですかね?

(間違ってたらすみません)

ウェバーと違ってガニ股じゃないし、『ビクトリージャンプ』って感じで。

ミハエルのは、めちゃくちゃカッコいいですよね!!

 

 

© Schlegelmilch

ウェバーよりも、さらに高いジャンプ力!

やっぱり、ガニ股じゃないからカッコいい!!

 

 

© F1 Images Twitter

唯一、2004年ドイツGPでのこのポーズ。

大多数の方にはこれもカッコいいポーズとして記憶に残っているとは思いますが。

管理人は、欽ちゃんの『なんでそーなるの』ポーズに見えちゃって(笑)

かなり印象に残っています。

 

 

セバスチャン・ベッテル

© dailymail.co.uk

続いてベッテル、フェラーリでの初勝利時のジャンプポーズ。

ジャンプが『ぴよーん』って感じで、なんだか中途半端でかなり個性的でした(笑)

 

 

© sportskeeda.com

表彰台に向かうこのベッテルダンスも個性的ですよね、意外に好きです。

ぴよーんジャンプとあわせて、このかわいい姿が好きな女性ファンも多いかもしれませんね!

 

 

ニコ・ロズベルグ

© zeenews.india.com

この人もよく、ジャンプしていました。

でもなんだかジャンプがぎこちなく中途半端で、やっぱり個性的に思っていました。

 

でも。

© thesun.co.uk

見事にチャンピオンを決めた、2016年アブダビGP。

こんな華麗なジャンプを見た時には、考えを改めました(笑)

結果的に引退レースとなってしまいましたが、毎回こんな華麗なジャンプを見たかったです。

 

 

フェルナンド・アロンソ

© dailymail.co.uk

アロンソの個性的なポーズと言えば、このポーズですかね。

これは2006年日本GP鈴鹿です。

場内実況のピエール北川さんが、このポーズにあわせて『命』ってアナウンスしていたたのは笑いました(笑)

 

 

© lowdownblog.com

アロンソも、たまにジャンプしてましたよね!

でも恐る恐るやってる感じで、なんだかイマイチだった印象です(笑)

 

 

ミカ・ハッキネン

© McLaren Twitter

最後はやっぱり、ミカ・ハッキネン。

元祖カッコ悪いガッツポーズと言えば、この人ではないでしょうか。

 

走っている姿や、手を振る姿などはとてもカッコ良かったですが。

笑顔で片手片足をあげて、右腕を引いてガッツポーズするこの姿。

うーん、やっぱり個人的にはイマイチ度ナンバーワンかもしれないです(笑)

 

===

ということで、個性的な勝利のガッツポーズを見てきました。

でも、あくまで管理人個人の感想・主観ですので(笑)

 

たとえどんなにカッコ悪くても(笑)

勝利のポーズができるのは、F1で優勝できる偉大なドライバーだけの特権です!

 

なので決してディスってるわけではなく、こんなところにも個性があって楽しめるということですね!

フェルスタッペンを始め、これからもいろんなドライバーの『個性的な勝利のポーズ』を見れることを期待して。

これからはガッツポーズにも注目して、F1を楽しむことにしましょう(笑)

 

以上、個性的なガッツポーズについてでした!

 


F1ランキング