フェラーリF1での初走行は、やっぱり特別な瞬間?

ニュース
© robbreport.com

サインツのフェラーリ初走行、本人も感動だったみたいです。

過去ドライバーの初走行の様子も集めてみました!

 

===

カルロス・サインツが、昨日ついにフェラーリで初走行を行いました!

同日にイモラで角田裕毅選手もテストを行っていて、両方チェックするのに忙しい日でした(笑)

 

どんなドライバーにとっても、やっぱりフェラーリF1で初めて走行するのは特別な瞬間なんだろうなと思います。

サインツの様子も嬉しそうでしたが、これまでの過去のチャンピオン達のフェラーリ初走行はどんな感じだったんでしょうか?

振り返ってみたくなりましたので、さっそく見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

まずはサインツの雄姿から!

まずは、昨日のサインツのフェラーリ初走行の晴れ姿です。

もう日本の情報サイトにも掲載されているので詳細は割愛します。

 

なんだか嬉しさ・緊張・感動が混じったような良い表情です。

  • 「今日の初走行のことは一生忘れない」
  • 「自分のカーナンバー55が付いたマシンで、1周目走り出した時は本当に興奮した」

こんなサインツのコメントや、この初走行にはお父さんも立ち会っていたことからも、

フェラーリ初走行は特別な瞬間、ということが良く解かりますね!

 

チャンピオンドライバーの初走行の様子

では過去のチャンピオンドライバーたちの、フェラーリ初走行シーンはどんな感じだったのか?

これまでライバルだったドライバーが、新しいシーズンに赤いスーツに身を包み戦う。

我々ファンにとってもエキサイティングな瞬間を振り返ってみましょう。

 

ミハエル・シューマッハ

© girardo.com

1996年からフェラーリに移籍したミハエル。

フェラーリ初走行は1995年11月のエストリルにて、前年型412T2での走行となりました。

 

© theguardian.com

初走行は白いレーシングスーツ姿、赤のスーツはこちら新車発表会が初のお披露目。

ミハエルと言えばこの赤いスーツを思い浮かべる方が多いですが、当時はブルー系のルノーから移籍だったので、この姿に違和感あった方も多かったはずです。

まさかこの後、10年以上続くとはこの当時誰も思わなかったですよね(笑)

 

キミ・ライコネン

© eurosport.com

2007年からフェラーリに移籍したライコネン、フェラーリ初走行は1月、イタリアのバレルンガにて。

前年ミハエルのマシンである2006年型248F1に乗っていたこともあり。

『これから、いよいよライコネンの時代が来るのか!』

と思ってワクワクした記憶があります。

 

© response.jp

これが赤スーツ初お披露目です。

それまでのシルバー系のマクラーレンに比べてますますカッコよくなったのでは、

と男性の管理人ですら思いました(笑)

 

フェルナンド・アロンソ

© autocar.co.uk

続いて2010年からフェラーリ移籍のアロンソです。

初走行はこちらの1月のバレンシア・テスト、2009年モデルF60に乗っての初走行となりました(カラーは2010年モデル)。

 

© archive.shine.cn

この赤いスーツ姿を初めて見た時には。

フェラーリ+ミハエルの時代を終わらせたアロンソが、2009年大不振に陥ったフェラーリをどう立て直していくのか。

ミハエル同様のシナリオで、再びフェラーリ黄金時代を期待した方も多かったのでは。

 

セバスチャン・ベッテル

© skysports.com

最後はベッテル、2015年からの移籍となります。

初走行は、2014年11月シーズンオフのフィオラノにて。

走らせたマシンはテスト規制もあり2年落ちの2012年型F2012です。

 

© formularapida.net

幼いころから同じドイツのミハエルに憧れていたベッテルにとっては、

ミハエルと同じ赤いスーツとマシンが感動的だったようです。

アロンソが叶えることが出来なかったフェラーリ時代再興、

ベッテルならきっとやってくれると、この頃思った方も多かったはず。。。

 

ちなみにタイムリーな話題ですが・・・まだ髪多いですね(苦笑)

 

いつの日か角田くんがフェラーリで戦う姿を見たい!

© Parc Fermé Twitter

過去チャンピオンのフェラーリ初走行を振り返ってきました。

でも管理人が今までで一番感動したフェラーリ初走行の瞬間

、、、やっぱりこの可夢偉です!

 

2013年にF1浪人し、フェラーリファミリーの一員となっていた小林可夢偉。

2010年型フェラーリF10のテスト走行を行った時のものです。

もちろんレース出走とはなりませんでしたし、あくまでテストとはいえ、

ついにフェラーリF1をドライブする日本人が出てきたことに感動したのを覚えています。

 

今年デビューする日本期待の角田裕毅選手。

これまで日本人の誰も成し遂げたことのない、F1優勝やチャンピオン獲得が目標だと頼もしいことを言ってくれています。

もしそれが実現すれば、きっとフェラーリに乗ることも夢ではないはずです。

 

いつの日かフェラーリのレギュラードライバーとして。

角田選手が赤いマシンとレーシングスーツで大活躍するシーンを、

夢見続けていきたいと思います!

 

以上、フェラーリ初走行シーンについてでした!

 


F1ランキング