2018年モナコGP観戦記、エルミタージュやフェアモントに宿泊してみました!

訪問記
© みんなでF1
スポンサーリンク

金曜からは料金はケタが変わるので絶対ムリですが、木曜までならなんとかなる!

1回の観戦で3回分くらい楽しめる、素晴らしいグランプリ観戦でした!

 

===

いよいよモナコGPが近づいてきました!

昨年は中止となったため、2019年以来2年ぶりの開催となります。

 

そんなF1を代表する開催地のモナコGP。

管理人は2018年、当時勤めていた会社の勤続20年での2週間休暇を利用して。

一人旅でまずイモラを訪問し、その後にモナコGPを観戦してきました。

 

よくモナコGPでの勝利は、3勝分の価値があると言われますが。

同じように、海外GPを3回観戦するくらいの価値があったかもしれません。

何もかも素晴らしい体験でした!

 

モナコには6日間滞在しましたが、毎日がスペシャル過ぎる経験で(笑)

なのでとても一記事で詳細まで書ききれませんので、まずは観戦記全体概要をご紹介します。

そして各曜日の詳細は、また別の機会の記事でご紹介したいと思います!

 

ではさっそく見ていきましょう!

 

スポンサーリンク

火曜日:イタリアからモナコ移動

© みんなでF1

木曜日からF1走行が始まる、特殊な日程のモナコGP。

イタリア・ボローニャから、ミラノ経由で電車で4~5時間ほどで到着です。

モンテカルロ駅はこんな感じでした、すごい広くて立派でリッチな感じですよね。

 

 

© みんなでF1

でもこの駅、とても立体的で分かり辛いのです(笑)

結果的に、ホテルに向かうには上層階に向かう必要があったのですが、迷って真逆の下層に降りてしまいました。

 

 

© みんなでF1

そして外に出てみたら、なんだか見覚えのあるところ?

なんと、1コーナーのサン・デボーテじゃないですか、この時点でテンション爆上がり!!

しばらく見とれていました(笑)

 

 

© みんなでF1

そこからひたすら雨の中を歩いて、宿泊先のホテル・エルミータジュに向かいます。

ちなみにオテル・ドゥ・パリとならぶ5つ星ホテルですが、火曜の宿泊ならなんとかなる値段でした。

 

でもホテルに入った瞬間に・・・明らかに場違いな雰囲気に焦る管理人(笑)

後で聞いたら、セレブばかりなので、そもそも歩いて来る客なんてほとんど居ないとか。

えらいところに来てしまった(汗)

 

 

© みんなでF1

なんとか無事にチェックインを済ませたあとは、とりあえずコースを歩きに外へ。

ちなみに、走っているクルマはこんな得体のしれないスーパーカーばかり(汗)

 

歩き出すともうどのコーナーに行っても、

  • 『うぉぉ、ミラボー!』
  • 『ポルティエ、セナ―!』
  • 『タバコ屋、めっちゃ狭い!』

などなど、一人でテンション爆上がり(笑)

猿のように、いきなりコースを2周くらい歩いてしまいました(笑)

 

 

© みんなでF1

そんなこんなで、ホテルの部屋に帰ってきたころにはもうあたりは真っ暗。

ホテル内は、タキシードやドレスのセレブだらけ。

そんな中、ユニクロ普段着に身を包んだ管理人は2周も歩いて疲れてたのか、夜景も豪華な部屋も堪能せずに即寝落ち(笑)

 

 

水曜日:夢の実現 その①

© みんなでF1

このモナコ観戦で、叶えたい夢が3つあったのです、そのうちのまず一つ目がこちら。

夢その①:コース全景を見ながら、バスローブでワイン飲む

 

モナコと言えば、中学生の頃からのイメージとしては、

『部屋からバスローブで、ワイン』なのですよ(笑)

まずコース全景を見ながらやりたかったのですが、コース全景が見えるホテルってなかなか無いんですよね。

 

なのでホテル・エルミタージュに泊まったんですが、こんな感じで朝からずっと一人撮影会しました(笑)

でも柵ばっかり映ってて、なんかイメージと違う。

 

 

© みんなでF1

なのでこんな感じで、机に椅子を2つのせて、そこにカメラを置いてタイマー撮影。

ちなみに隣の部屋のバルコニーに出てきた、セレブに苦笑いされてしまいました(笑)

 

 

© みんなでF1

そんなこんなで2時間くらいかけて、やっと満足いく写真が撮れました!

モナコと言えば、バスローブとワイン、夢の実現その①コンプリートです!

 

 

© みんなでF1

そして、水曜と木曜の宿泊先のホテルに移動。

今度はなんとフェアモント・モンテカルロ、あのヘアピンにあるホテルです。

 

 

© みんなでF1

部屋は、『フェアモント ヘアピン』というヘアピンコースサイドの部屋。

このヘアピン側の部屋を確保するために、何か月間も毎朝夕、公式サイトのキャンセル待ちをチェックして、なんとか確保することができました。

お値段も、金曜日からは恐ろしい金額となりますが、木曜までならなんとかなる値段でした。

 

 

木曜日:夢の実現 その②

© みんなでF1

そしてついに、木曜日フリー走行からF1マシンの走行開始です!

フェアモント・モンテカルロの宿泊客は、このように屋上から観戦できるんです。

夢その②:ヘアピンのこの構図で、F1マシン走行を観る

 

ということで、中学生の頃から憧れていたこの構図。

さっそく二つ目のこの夢もコンプリートです!

 

 

© みんなでF1

ちなみにこの屋上、こんなプールがあります。

本物のセレブたちは、フリー走行なんて見ないで普通に泳いでました(笑)

 

 

© みんなでF1

屋上は意外に広いんです。

プールの裏側に回れば、このようにポルティエコーナーを見たりもできます。

 

さらにヘアピンも少し角度を変えて観ると、こんな感じ。

いつものテレビ画面と少し違った見え方になるので、1日居ても飽きません!

 

 

木曜日:夢の実現 その③

しかし、フェアモント・モンテカルロに宿泊したもう一つの目的で最後の夢。

夢その③:F1マシン走行を観ながら、バスローブでワイン飲む

 

コース全景ではなく、今度は部屋からF1マシンを観るのを達成せねばなりません(笑)

なので屋上から部屋に移動し、バスローブに着替えてトライです。

今回はモナコで合流した友人が居たので、こんな感じで動画を撮ってもらってコンプリート!

 

 

© みんなでF1

部屋は下の方の階で、角度もそこまで良くはありませんでした。

でも中学生の頃から、モナコと言えばバスローブ着てワインを飲んでF1を見るイメージでした。

 

なので偽セレブのネタ動画とはいえ、このように夢がかなって一生の宝物になりました。

もう思い残すことはありません(笑)

 

 

金曜日:王宮の丘&ピットウォーク

© みんなでF1

そして、F1がお休みの金曜日があるのもモナコGPならでは。

なんだか長く楽しめて嬉しいところです。

よくテレビや写真で使われるこの眺めは、モナコの王宮がある丘の上から楽しめます。

ここに歩いて登ったり、バスで行けたりしますので、金曜に行くのがオススメ。

必ず押さえておきたい訪問スポットです。

 

 

© みんなでF1

そして例年金曜日午後には、ピットウォークが開催されます。

日本GP鈴鹿に比べてピットが狭いので、すぐ近くでドライバーに会えたり、サインしてもらえたりできます。

こちらは、優勝したリカルドですね。

 

 

© みんなでF1

こちらはストロール選手。

もちろん時と場合によりますが、こんな感じで気軽にツーショットに応じてくれる機会は鈴鹿よりも多いと思います。

 

 

© みんなでF1

あとは、日本に置き去りにしてきた奥様への貢物を(笑)

もし家族や新婚旅行で観戦に行った場合には、F1走行の無い金曜日はモナコでショッピングもオススメです!

 

そして金曜日からは、モナコのホテルでの宿泊料金は一桁変わりますので、ニースに移動して宿泊です。

 

 

土曜日:カジノ前で観戦

© みんなでF1

モナコGPの良いところは、木・土・日それぞれで別の席のチケットを購入できるところです。

なので土曜日は、こちらのカジノ前で観戦することにしました。

 

右手にオテル・ドゥ・パリ、正面にカジノと本物のセレブが多く見守ります。

そんな中を、このようにF1マシンが、狭いコースをあり得ないスピードで走っていきます。

 

 

© みんなでF1

カメラマンやマーシャルとF1マシンとの距離もすごい近いです。

観ている方がヒヤヒヤします。

 

 

© みんなでF1

フリー走行でも、みんなこのようにウォールのギリギリのところを凄いスピードで駆け抜けていきます。

鈴鹿などの常設コースとはまた違う、F1ドライバーの超人技を堪能できる席なのでオススメです。

 

 

そして予選終了後も、まだまだお楽しみは続きます。

© みんなでF1

ドライバーの皆さんはバイク出勤しているようで、そのバイク置き場の前で出待ちです。

こちらはアロンソとヒュルケンベルグですが、こんな感じでひょこっとドライバーが帰宅していくところに会えたりします。

 

 

© みんなでF1

こちらはグロージャン選手ですね。

運が良ければこんな感じでツーショットだったり、サインをもらえたり。

時間に余裕があれば、土曜日の出待ちもオススメです!

 

 

© みんなでF1

そして、最後にまたコースを1周歩いていたら、日も暮れてきました。

と思ったら次は、コース上でこのようにドンチャン騒ぎが始まります(笑)

そこら中でお酒を飲む陽気な外国人に溢れますが、次の日もあるので残念ながらニースに退散しました。

 

日曜日:タバココーナーから観戦

© みんなでF1

そしていよいよ日曜の決勝レース、席はこちらのタバココーナーにしました。

 

 

© みんなでF1

ちなみにレース開始前のドライバーパレード。

日本GP鈴鹿とは異なり、このようにトラックに全員乗せて走るパターンです。

これもヨーロッパっぽくて好きですが、推しドライバーが自分のシート側に居ないと何も見えなかったりします(笑)

 

 

席からの見た目はこんな感じでした。

管理人はシケイン立ち上がりから見える位置でしたが、画面右側のプール側に行けば行くほど見えなくなってしまいます。

そしてプール側に行くと目の前を通るときは、人の頭でマシンが見えにくくなっていく印象です。

なので、この席で見る場合にはできるだけタバココーナー寄り(K1側)がオススメだと思います!

 

 

ということで、堪能してきたモナコGPもこれにて終了。

レースは、オーバーテイクが難しいコースなので単調になることも多いです。

でも、もうそんなことはどうでも良くなるくらい魅力がてんこ盛りで、3グランプリくらい観に行った感覚になれます(笑)

 

今年はコロナの影響で日本から観戦する方はまず居ないと思います。

でもぜひ今後、皆さんがモナコGP観戦する際の参考になればと思います。

 

今回は全体編のご紹介でしたが、例えばホテル予約時の注意点や、隠れたオススメポイント、細かい体験談など。

今後またどこかで、詳細版として参考になるような情報をご提供していきたいと思います!

 

以上、モナコGP観戦記についてでした!

 


F1ランキング