新人コンビがウワサされるハース。 過去に『新人コンビでF1参戦したチーム』と『その年の成績』を調べてみました!

調べてみた
© Formula 2 Twitter

先日のエミリア・ロマーニャGP前には、ガスリー、ライコネン、ジョビナッツィ、ラッセルの残留も発表され、いよいよ2021年のドライバーラインナップ決定も佳境に入ってきています。

 

そんな中で、まだ2名のドライバーとも未発表なのがハースF1チーム。

ミック・シューマッハーとニキータ・マゼピンの、2名のルーキードライバーを起用するのではないかとウワサされています。

 

2名ともルーキーでF1に参戦するなんて、普通に考えると相当リスクが高いと思います。

でもよく考えると、これまでのF1の歴史でどれくらいこんなケースがあったのでしょうか?

そして、その時はどんな成績だったのか?

 

これは気になってきましたので、さっそく調べてみることにしました。

なお70年の歴史のあるF1です、1台エントリーや3台エントリーなどが主流だった時代もあるため、ある程度年代を絞って以下の調査条件で調べることとしました。

(調査条件)

  • 1987年以降にエントリーしたチーム
  • 1台エントリーはカウントしない
  • シーズン途中で新人2名になった場合はカウントしない
  • 開幕戦を新人2名で迎えたチームをカウントする

 

スポンサーリンク

新人ドライバーコンビ(1987年以降)

年度チーム新人コンビ順位
2016年マノーP.ウェーレイン11位/11チーム
R.ハリアント
2015年トロ・ロッソM.フェルスタッペン7位/10チーム
C.サインツ
2013年マルシャJ.ビアンキ10位/11チーム
M.チルトン
2010年HRTK.チャンドック11位/12チーム
B.セナ
2005年ジョーダンT.モンテイロ9位/10チーム
N.カーティケヤン
2005年ミナルディC.アルバース10位/10チーム
P.フリーザッハ

 

調査の結果がこちらです、新しい年代から順に並べています。

1987年以降、新人コンビでF1シーズンに臨んだチームは、6チームしかありませんでした。

数戦だけ参戦のドライバーと新人のコンビ、また2年目と新人のコンビはそれなりの数が存在しましたが、F1を1戦も経験していないコンビとなるとこれだけ少ないケースとなります。

 

チーム数が多かった1980~90年代の方がこういうケースが多いかと想定していたのですが、2005年以前には新人コンビでのF1参戦チームが無かったのは意外でした。

 

ほとんどのケースで最下位争い、その後に身売りやチーム消滅・・・

調査結果をよく見てみると、、、2015年のトロ・ロッソを除き、かなり不吉なことに気付きました。

まず新人コンビ採用年のコンストラクター順位はすべて最下位かブービーです。

そして新人コンビ採用後の翌年か遅くとも2年以内には、身売りするかチーム消滅しています。

 

ハースF1チームにとって、なんという不吉なデータなんでしょう。。。

でも身売りはしても、ミナルディ → トロ・ロッソのラインは名前を変えて生き残っています

ジョーダン → フォースインディア → レーシングポイントのラインも生き残っています。

 

もしかしたらこれはウワサ通り、ハースF1チーム → マゼピンF1チーム?への暗示なのかもしれませんね(笑)

 

光る2015年トロ・ロッソの新人コンビ

© Formula1 Twitter

そんな中で、唯一光っているのがこの2015年の新人コンビですね。

この時、マックス・フェルスタッペンが17歳、カルロス・サインツが20歳で、二人足して37歳というF1史上最年少年齢でのコンビでした。

 

その後のこの二人の活躍はご存知の通りです。

来年2021年はサインツがフェラーリ入りすることで、勝利のチャンスが格段に上がり、この二人がコース上で直接対決することも多くなるでしょう。

 

ハースF1チームも、この2015年のトロ・ロッソの成績あたりを目指すことになるのではないでしょうか。

 

レース戦略と同じく、ハースはギャンブル好き?

© Haas F1 Team Twitter

こちらは、ハースF1チームのギュンター・シュタイナー代表です。

見ての通りコワモテなので、ハロウィンの際にはハースF1チームのツイッターでこんな画像にして遊ばれていました(笑)

 

最近のインタビューで、このシュタイナー代表は2人の新人ドライバーを雇うことについてこんな発言をしているようです。

  • 『ルーキーだけのラインナップは確かにリスキーであることは理解』
  • 『でも彼らに道を示し、チームと一緒に成長させることができるメリットもある』
  • 『過去にやったことがないからというのは、やらない理由にならない』

 

つまり『リスクはあるけど、やってみないと解らんだろーが!』ってことですよね。

さすが今年、レース戦略でも数々のギャンブルに出ているハースチームの代表です(笑)

 

ウワサ通りだと、皇帝の息子シューマッハーと、速いけど問題児のマゼピンとのコンビとなりそうです。

ある意味、ギャンブラーが好みそうな組み合わせですよね(笑)

 

とにかく今回調べてみて、新人二人のコンビは過去のデータではあまり良い結果ではありませんでした。

しかし2015年トロ・ロッソのような光る年もあったので、ハースにはこのギャンブルに勝ってもらって、数年前のように光る活躍を期待したいですね。

まだウワサ段階なので、まずは正式発表を気長に楽しみに待つこととしましょう!

 

以上、過去の新人コンビでのF1参戦チームの調査についてでした!

 


F1ランキング