アロンソと2シーターF1に乗れる!豪華すぎたマイルドセブンF1イベント

訪問記

アロンソの復帰、良くも悪くも全世界このニュースで盛り上がっていますね!

アロンソと言えば、マイルドセブン・ブルーのルノーを思い浮かべる方が多いのではないでしょうか。

そのマイルドセブンが、いまでは考えられない豪華すぎるイベントをやっていたのでご紹介してみたいと思います。

スポンサーリンク

2006年9月24日:富士スピードウェイ

翌年2007年から、鈴鹿に代わりF1が開催されることになっていた富士スピードウェイでこのイベントは行われました。

鈴鹿での最後(結局戻った)のF1開催の、ちょうど2週間前ですね。

そんなチャンピオン争いが佳境に入っている中で、まさかのドライバー全員参加

メインドライバーのアロンソフィジケラをはじめ、当時テストドライバーのヘイキ・コバライネンや長年マイルドセブンのドライバーだった片山右京さんも参加するという豪華ラインナップでした。

F1マシン展示は、グラスタ裏・特設ステージに2台

 

F1マシンは2台展示していましたね。

グランドスタンド裏に展示していた方は、かなりじっくり見る用ですね。

ちゃんとエンジンも付いていたような記憶があります。

もう一台は、特設ステージ横に、お飾りとして。

こちらは遠目から見るだけでしたが、このマシンのおかげでなんとも豪華に見えるステージでした。

さらに、デモラン用のマシンもまた別にありましたので、たった一日のイベントにしては合計3台とかなり豪華で大満足でしたね。

F1ドライバーが運転!2シーターマシンに搭乗!

 

続いて、F1ドライバー運転による、2シーターF1マシンによる同乗走行です。

ピットアウトするところから、かなり全開で走り出していきます

コースはちゃんと1周していました。

1コーナーやヘアピンにも見に行きましたが、同乗者の首がものすごい傾くくらいに攻めてました(笑)

今も、F1ドライバー運転のスーパーカーに同乗するピレリ・ホットラップをやっていますが、あんなの比じゃないくらい、本当にかわいそうなくらい首が傾いていましたよ(笑)

この2シーターF1マシンも、2台くらい用意されていました。

同乗体験も限られた数人だけとかではなく、正確な時間は覚えていませんが、空き時間はずーーーっと、3人のドライバーが入れ代わり立ち代わりこの2シーターカーを走行させていました。

なので、かなりの人数が同乗体験できていました。

しかし、管理人は残念ながら、、、抽選外れました(涙)

ルノー・メガーヌでの共演と同乗体験

 

続いて、ルノー・メガーヌによるF1ドライバー3人の共演

メインストレート上にパイロン立てて、レースみたいなことを始めたのですが、最後はみんなスピンターンをクルクルと3人とも好き勝手やって、楽しそうに運転していました。

その後、またメガーヌでもF1ドライバーと同乗体験

こちらもガチで走って、クルクルとスピンターンして、同乗者は羨ましいですが、見てるだけでもちょっと酔いそうな感じでしたね(笑)

メインイベントのF1マシン走行は2回

 

お昼と、ラストの合計2回走行だったと記憶しています。

前年までのマシンだったので、V10エンジンでした。

それはそれはいい音でした、やっぱりこの音こそがF1という感じです。

そして最後に、F1:アロンソ、2シーター:フィジケラ、メガーヌ:コバライネンが運転し、もう1周走ってフィナーレという感じでした。

もう大満足の一日でしたね。

最後はTRFのライブも!

忘れてました、走行が終わった後の暗くなってからは、TRFのライブが始まりました。

おなじみのEZ DO DANCEをはじめ、数々のヒット曲を熱唱してました。

これからさらに14年も経つのに、まだEZ DO DANCEを今も歌っているって、ある意味すごいです!

もう国民的ソングなのでは(笑)

とにかく豪華すぎるイベント

このように豪華すぎる、内容の濃いイベントでした。

2006年なのでもう14年前ですね。

  • 地上波も放送されている
  • 日本企業も多く参戦している
  • スポンサー活動もしている
  • 日本人ドライバーもいる

だからこそ、できたイベントなのでしょうか。

ファンとしては、またこのようなイベントが開催されるのを切に願うばかりです。

アロンソも復活することですし、JT日本タバコさんも、Mission Winnowみたいによくわからない言葉でごまかしてスポンサー復活してもらえないですかね(笑)

以上、マイルドセブンのイベントレポートでした。

 


F1ランキング

訪問記
スポンサーリンク
SNSでシェアする
みんなでF1 をフォローする
みんなでF1