ニキータ・マゼピン、2021年ハースからF1デビュー正式発表! でも・・・世界中から嫌われている理由を考察してみました。

ニュース
© Nikita Mazepin Twitter
スポンサーリンク

こんなに世界中から歓迎されてないF1デビューは珍しいのでは?

 

ハースF1チームが、2021年からロシア人ドライバーのニキータ・マゼピンを起用すると正式発表しました。

日本時間17時にハースF1チームから来期ドライバーの発表があると、SNSで事前に情報が流れていました。

おそらくミック・シューマッハーの起用発表かと思い待ち構えていたのですが、まさかのマゼピンの方が先に発表となりました。

 

発表後には、ハースF1チームのTwitterをはじめ、SNSではネガティブなコメントが多く見受けられています。

理由はいくつかあって想像つきますので、なぜマゼピンにここまで拒否反応が多いのかの理由を見ていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

理由その①:大富豪の息子でペイドライバーだから?

© Planet F1 Twitter

こちらの写真の右側が、ニキータの父であるドミトリー・マゼピンです。

ロシアの化学系の会社を経営する大富豪であり、これまでの息子ニキータのレース活動や、F1チームでのテスト走行機会などはこの方の財力の賜物でしょう。

 

この『お金でF1シートを買えるのはいかがなものか』という理由が、海外でのSNSでの拒否反応ではもっとも多い意見のようです。

特に、現在F2でランク2位のアイロット選手に来期のF1シートが無い中で、マゼピンの方が先にデビューすることに抵抗感がある声が多いようです。

 

理由その②:速さがイマイチだから?

© Formula 2 Twitter

マゼピンは下位カテゴリーで、チャンピオンの経験がありません、そして勝利数もお世辞にも多いとは言えません。

なので一つ目の理由と合わせて、『こんな遅いくせに、お金でF1シートを買えるなんて!』という意見が多く見受けられます。

 

しかし、今年に入ってのF2での走りだけを見ると見事な成績を残しています。

今年のF2ではすでに2勝しており、レースでもしぶとく表彰台を獲得するような力強いレースも何度も見せています。

なので、この『速さがイマイチ』という評価はフェアではないと思います。

 

同じく大富豪の息子であるランス・ストロールが、F1に来てから表彰台やポールポジションを獲得するなどの実績でどんどん周囲を黙らせています。

この理由だけなら、F1に来てからの走りで払拭していくことができるのではないでしょうか。

 

理由その③:危険なドライバーだから?

特にここからの理由が、日本のファンの拒否反応の原因になっているのではないでしょうか。

まず、こちらの動画はF2ベルギー戦。

レース終了後のパルクフェルメで、2位ボードにマシンごと体当たり角田選手に数キログラムはあるボードが当たりそうになります。

 

これは絶対ダメです、これは擁護のしようがありません。

他のドライバーやマーシャルを危険にさらす行為だけは容認できません。

故意かどうかは解かりませんが、仮に過失だったとしても、人がピットで歩いている時に安全確認を行うのは義務です。

 

他にも、昨年2019年F2ロシア戦では、同じく日本人の松下選手に体当たりするクラッシュを演じたこともあります。

なので日本のファンにとっては、『マゼピンは危険なドライバーである』というイメージの方が多いはずです。

 

理由その④:人格・性格が理解できない?

こちらは先月、マゼピンがインスタグラムに投稿したストーリーです。

詳しくは説明しませんが、こんな内容を投稿できる人格がムリとか。

その昔F3時代には、アイロット選手を殴ったことがあるだとか。

前述の角田選手との一件や、松下選手とのクラッシュ時にも一切謝罪をしなかったことだったり。

 

このあたりの一連の行動で、『人格的に絶対ムリ』という拒否反応もあると思います。

 

仏の顔も三度もまで? or 罪を憎んで人を憎まず?

© Haas F1 Team Twitter

マゼピン選手が、なぜ世界中のファンからF1ドライバーとして受け入れられていないか。

他にもあるかもしれませんが、ざっと想像される理由を4つほど見てきました。

 

どれか一つの理由だけではなく、これらの行動が何度も繰り返され『仏の顔も3度まで』で、拒否反応に繋がっている方も多いのではないでしょうか。

こう感じる方が多いのはすごく理解できます。

 

一方で、F1デビューを機に『罪を憎んで、人を憎まず』で応援する方も居ると思います。

感じ方、捉え方は人それぞれ自由ですので、他人に自分の意見や考えを強制さえしなければ、どちらの考えでも良いのではないでしょうか。

 

 

管理人としては、、、

F1ドライバーは全員リスペクトしているので、『罪を憎んで、人を憎まず』側です(笑)

最近のF2でのマゼピンの走りは大したものです、速いし強いし、危険でもありません。

どんどん角田選手にランキングも追いつき、ついには追い抜かれてしまいました。

ひさびさにF1界に現れたダークヒーロー、という感じのキャラに育ってもらえれば面白いと思っています。

ただし『危険』だけはダメです、そこが一向に改善されないようだと、もしかしたらアンチになるかもしれません。

 

F1に行ってからも角田選手の同期のライバルとして、これまでの行動で反省すべき点は反省しつつ、これからの成長に期待と応援をしていきたいと思います!

 

以上、F1デビューが決まったマゼピンの嫌われる理由考察でした!

 


F1ランキング