ルクレール「4戦連続ポール」「8戦連続フロントロー」って、フェラーリ史上最多記録?

調べてみた
© Scuderia Ferrari
スポンサーリンク

予選では、今年一度もフロントローを逃していません。

フェラーリドライバーとしては過去最速級の結果なのか、調べてみることにしました!

 

===

アゼルバイジャンGPが終了して2日経ちました。

 

まだフェラーリショックから抜け出せていません。

レースを何度か見返しているのですが、やっぱりなんだか泣けてきます(涙)

 

そん不運が続くフェラーリに、何かポジティブな話題は無いものか?

と予選のデータも眺めていたら、あることに気付きました。

『ルクレールはアゼルバイジャンGPで、4戦連続ポールポジション、8戦連続フロントロー!』

 

決勝の結果はともかく、この予選結果はやっぱり凄いですよね!

これって、フェラーリドライバーとしては近年にない快挙のはず!?

 

ということで、フェラーリドライバーとしては一体いつ以来の快挙となるのか?

もしかして、過去最速級の結果なのか?

 

さっそく調べてみることにしました!

 

スポンサーリンク

フェラーリドライバーの連続P.P回数記録

連続P.P回数年度ドライバ―
7回2000~01年M.シューマッハ
6回1974年N.ラウダ
5回1961年P.ヒル
1952~53年A.アスカリ
4回2022年C.ルクレール
2019年C.ルクレール
1975年N.ラウダ
1956年J.M.ファンジオ

(調査条件)

  • 2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP終了時点
  • 出場レースにおける連続P.P回数

 

こちらが、フェラーリ在籍時における連続ポールポジション回数記録です。

現在のルクレールの記録、4連続ポール以上を表にまとめてみました。

 

まず、すっかり忘れてましたが。

ルクレールはすでに2019年に一度、4連続ポールポジションを獲得していましたね(笑)

 

そして過去最多は皇帝ミハエル・シューマッハの7連続ポール、これは流石ですね!

でもこの記録、2000年から2001年にかけて年を跨いで達成されたものなんです。

 

ミハエルの記録は2000年終盤4戦と、2001年開幕3戦での7連続ポールだったので。

1シーズン内という意味では、あの皇帝ミハエルですら4連続が最高記録ということです!

 

 

年跨ぎを除くと、もう50年近く前のニキ・ラウダの6回連続が最多記録です。

ラウダは他に、1975年にも4回連続を記録しています。

 

フェラーリ在籍時に、2度目の4連続ポールを獲得したルクレールの今回の記録。

あのニキ・ラウダ以来、47年ぶりということも分かりましたね!

 

やっぱり今年のフェラーリは、歴史に残る速いマシンであることは間違いないですね!

 

ルクレールにはぜひこのまま、ラウダのシーズン内6連続ポールミハエルの年跨ぎ7連続ポールの記録に挑戦してもらいたいですね!

 

 

フェラーリドライバーの連続フロントロー回数記録

連続フロントロー回数年度ドライバ―
8回2022年C.ルクレール
2002~03年M.シューマッハ

(調査条件)

  • 2022年F1第8戦アゼルバイジャンGP終了時点

 

 

続いて、フェラーリ在籍時における連続フロントロー回数記録です。

只今更新中のルクレールの8連続以上を、表にまとめようと思ったのですが。

 

長いフェラーリの歴史で、8戦連続で最前列からスタートしたことって。

これまでたった一回しかないことが分かりました!

 

その過去最多タイ記録は、やっぱり皇帝ミハエル・シューマッハでした。

でもこの記録も、2002年から2003年にかけて年を跨いで達成されたものでした。

 

2002年終盤7戦と、2003年開幕戦での8連続フロントロースタートだったので。

1シーズン内の記録では、皇帝ミハエルを抜いてルクレールがフェラーリ史上最多記録ということです!

 

ちなみにミハエルはこの8回中、ポールポジション×5回、2位×3回でした。

今年のルクレールは、ポールポジション×6回、2位×2回です。

 

なので、今年のフェラーリF1-75とルクレールの組み合わせは。

長いフェラーリの歴史においても、やっぱり過去最速級の組み合わせと言って良さそうですね!

 

 

「最速」だけでなく、「最強」を目指して!

© formula1

 

ということで、今年はフェラーリ史上最速級だということは分かりましたが。

そんな最速のマシンでありながら、ドライバーズランキングはまさかのルクレール3位、サインツ5位。

 

 

コンストラクターズランキングの方は、もっと目を覆いたくなるような結果。

© formula1

首位のレッドブルに80ポイント差と、1-2フィニッシュ×2回分ほどの差がついてしまっています(涙)

 

「最速」の称号も嬉しいのですが、やっぱり「最強」フェラーリが今年は見たいですよね!

 

全22レースのうち、まだ3分の1程度の8レースが終わっただけですし。

今年から付与ポイントが増えたF1スプリントもまだ2戦残ってるので、まだまだ挽回可能なはず。

 

 

今日調べたデータで、今年のフェラーリ+ルクレールは過去最速級だということは分かりましたので。

「最速」だけでなく、皇帝ミハエル時代のような「最強」フェラーリへと変貌できるのか?

 

次戦以降も、フェラーリに注目して今シーズンのF1を楽しんでいくこととしましょう!

 

以上、フェラーリ&ルクレールの4戦連続ポール、8戦連続フロントローに関する調査でした!

 


F1ランキング