角田選手がF2初優勝! これだけは知っておきたいF2ルールを紹介

ニュース
Dutch Photo Agency/Red Bull Content Pool

レッドブル・ホンダの今シーズン初勝利で盛り上がった70周年記念GP

でも日本のファンにとっては、もう一つ嬉しいニュースが飛び込んで来ましたよね。

 

レッドブル・ホンダのサポートも受ける角田裕毅選手が、F2レースで見事に初優勝!

海外の国際レースで聞く君が代、最高でした!!

これでポイントランキングも6位まで上がってきました。

いよいよF1昇格に向けた目標のランキング4位が見えてきましたね

 

でもまだまだ、F1と比べてF2って知名度が低いというか。

知ってはいるけど、意外と知らないことも多いと、よく聞きます。

 

なので今回は、おもにF1との違いと対比しながら、F2レースの概要をわかりやすく紹介しようと思います。

スポンサーリンク

開催フォーマットとポイントシステムの違い

© Formula 2 Twitter

まず、こちらが現在のポイントランキングです。

  • 角田選手は62ポイントで6位
  • 前戦から2つランクアップ
  • トップとは44ポイント差

ということが解かると思います。

 

開催フォーマットとポイントシステムがF1と異なりますので、まずこれだけ覚えておけばよいというルールをまとめてみました。

 

これだけ覚えよう①:開催フォーマット

ラウンドごとに週末に2レース行われるのが最もF1と違うところです。

レース1とレース2の比較がこちら。

レース1レース2
開催日土曜日(F1予選後)日曜日(F1決勝前)
レース距離長い短い
タイヤ交換義務ありなし
スタート順金曜予選で決定1~8位のリバースグリッド

特長的なのは、リバースグリッドでしょうか。

例えばレース1の8位の人は、レース2ではポールポジションからスタートできることになります。

なのでレース1で8位内に入ることに大きな意味がある、ということだけ覚えておきましょう!

 

 

これだけ覚えよう②:ポイントシステム

もらえるポイントも、レース1とレース2で異なります。

F1との違いを含めて簡単にまとめてみました。

F1レース1レース2
優勝252515
2位181812
3位151510
4位12128
5位10106
6位884
7位662
8位441
9位22なし
10位11なし
ポールポジションなし4なし
ファステストラップ122

赤字がF1と違うところですね。

  • レース1:F1と同じ
  • レース2:3位以下と同じポイントを8位まで与える
  • ポールポジション:4ポイント
  • ファステストラップ:2ポイント

F1との違いということでは、これだけ覚えておけば大丈夫です!

 

角田選手のランク4位が重要な意味

Getty Images / Red Bull Content Pool

レッドブルの総帥ヘルムート・マルコさん、この一人だけ白い服を着た人です。

この方から、ランク4位以上を目標にするよう角田選手は言われています。

ニュースを目にしたことがある方も多いと思います。

 

では、なんで4位なのか?

答えはF1に出場するためのスーパーライセンス獲得のためです。

この条件だけは覚えておきましょう。

 

これだけ覚えよう③:スーパーライセンス

 

スーパーライセンスを獲得するための条件
  • 過去3シーズン累計が40ポイント以上

 

角田選手の現スーパーライセンスポイント
  • 14ポイント(2018年:12P、2019年:2P)

 

F2の付与スーパーライセンスポイント
  • 1位:40P
  • 2位:40P
  • 3位:40P
  • 4位:30P
  • 5位:20P
  • 6位:10P
  • 以下略

 

ご覧の通り、現在14ポイントの角田選手がスーパーライセンスを取るためには、ランク4位以上が必須であることが解かりますね。

 

現在のところ発表されている年間スケジュールは、10ラウンド20レースです。

ラウンド5まで終了しているので、ちょうど半分終了ですね。

いまのところランク6位ですから、十分射程距離に入っています。

この年間ランク4位目標、というところもぜひ押さえておいてください。

 

F1チーム育成ドライバーのライバルたち

© FerrariDriverAcademy Twitter

最後に、ライバルドライバー達ですね。

 

ご存知の通り、角田選手はレッドブルの育成ドライバーです。

同じように、他にもフェラーリやルノーやメルセデスの息のかかった若手育成ドライバー達が凌ぎを削っているシリーズです。

 

これだけ覚えよう④:ライバルドライバー

特に激しい争いをしているのが、ご覧のFerrari Driver Academyのドライバーたち。

これから角田選手がポイント争いを繰り広げる中で、このFDAの面々が立ちはだかるはずです。

なので、まずはこのドライバーたちから覚えていくのが良いかと思います。

 

これまでの流れとしては、シュバルツマン選手がずっとポイント争いのトップを走ってきました

しかし今回のシルバーストンシリーズで失速、一気にアイロット選手が逆転しました。

ミック・シューマッハや、ジュリアーノ・アレジは、ご存知ミハエルやジャンの息子たちです。

 

先日のレース2では、そのシューマッハーとシュバルツマンが接触

その隙をついて見事に勝ったのが角田選手です。

 

ぜんぶは紹介しきれないので、他の育成ドライバーや、松下選手、佐藤選手などの日本人ドライバーなど。

気になった場合には、ぜひこちらのFormula2公式サイトでチェックしてみましょう。

Teams & Drivers - Formula 2
Team and driver information for the FIA Formula 2 Championship: The Road to F1

 

DAZNで全セッション見れます

視聴方法ですが、F1をフジテレビNEXTでご覧になっている方は、残念ながら見ることはできません。

でもDAZNでF1を視聴している方や、DAZNを新たに契約すれば、F2もF3もあわせて全セッション視聴することができます。

ぜひ検討してみてはいかがでしょうか。

 

 

『これだけは覚えよう』とした内容だけ解っていれば、事前情報としてはバッチリです。

F1ではなかなか見ることができない、最後まで誰が勝つかわからないレースを楽しめます。

 

レッドブル育成から、アルファ・タウリでのデビューまでF1へのレールが見えてきた角田選手。

ぜひ、F1への道を一緒に応援して楽しむのはいかがでしょうか。

 

以上、F2シリーズの見どころ紹介でした!

 


F1ランキング

ニュース
スポンサーリンク
SNSでシェアする
みんなでF1 をフォローする
みんなでF1