ハミルトンとフェルスタッペンの年齢差は13歳、これだけ年の離れたタイトル争いは珍しい?

調べてみた
© RacingNews365.com
スポンサーリンク

『年齢差:10歳以上のタイトル争い』のシーズンを調べてみることにしました!

これまでのF1の歴史で、果たして何年ぶりで何回目なのか?

 

===

いよいよ2021年F1第3戦ポルトガルGPが近づいてきました!

このスペインGPとの連戦で、今年のチャンピオン争いの趨勢が見えてくる気がしますので、本当に楽しみですよね!

 

そんなことを考えていたら、ある疑問が湧いてきました。

『これだけ年齢差のあるタイトル争いって、相当珍しくない!?』

 

ハミルトン36歳、フェルスタッペン23歳なので、今年は年齢差13歳のタイトル争いとなりそうです。

これって、F1の歴史では相当珍しいのでは?

これは気になるので、これまでのF1でのチャンピオン争いの年齢差を調べてみることにします!

 

スポンサーリンク

F1タイトル争い)年度別 年齢差一覧

年度チャンピオン2位年齢差
2021L.ハミルトン(36)M.フェルスタッペン(23)13
2020L.ハミルトン(35)V.ボッタス(30)5
2019L.ハミルトン(34)V.ボッタス(29)5
2018L.ハミルトン(33)S.ベッテル(30)3
2017L.ハミルトン(32)S.ベッテル(29)3
2016N.ロズベルグ(30)L.ハミルトン(31)1
2015L.ハミルトン(30)N.ロズベルグ(29)1
2014L.ハミルトン(29)N.ロズベルグ(28)1
2013S.ベッテル(25)F.アロンソ(31)6
2012S.ベッテル(24)F.アロンソ(30)6
2011S.ベッテル(23)J.バトン(31)8
2010S.ベッテル(22)F.アロンソ(28)6
2009J.バトン(29)S.ベッテル(21)8
2008L.ハミルトン(23)F.マッサ(26)3
2007K.ライコネン(27)L.ハミルトン(22)5
2006F.アロンソ(24)M.シューマッハ(37)13
2005F.アロンソ(23)K.ライコネン(25)2
2004M.シューマッハ(35)R.バリチェロ(31)4
2003M.シューマッハ(34)K.ライコネン(23)11
2002M.シューマッハ(33)R.バリチェロ(29)4
2001M.シューマッハ(32)D.クルサード(29)3
2000M.シューマッハ(31)M.ハッキネン(31)0
1999M.ハッキネン(30)E.アーバイン(33)3
1998M.ハッキネン(29)M.シューマッハ(29)0
1997J.ヴィルヌーヴ(25)M.シューマッハ(28)3
1996D.ヒル(35)J.ヴィルヌーヴ(24)11
1995M.シューマッハ(26)D.ヒル(34)8
1994M.シューマッハ(25)D.ヒル(33)8
1993A.プロスト(38)A.セナ(33)5
1992N.マンセル(38)R.パトレーゼ(37)1
1991A.セナ(31)N.マンセル(37)6
1990A.セナ(30)A.プロスト(35)5
1989A.プロスト(34)A.セナ(29)5
1988A.セナ(28)A.プロスト(33)5
1987N.ピケ(34)N.マンセル(33)1

(調査条件)

  • 1987年以降のチャンピオン争いを集計
  • 開幕戦の日付における年齢差で集計
  • 2021年は第2戦終了時点まで
  • 1997年のM.シューマッハはポイント剥奪前の順位

 

1987~2021年までの35シーズンにおいて。

ドライバーズランキングのチャンピオンと2位のドライバーを、年齢と年齢差がわかるようにまとめてみました。

 

『10歳以上年齢が離れている』シーズンを赤字にしてみました。

ご覧の通り、

  • 1987~2020年で3回のみ
  • 2021年は、15年ぶり4回目

ということがわかりました!

 

やっぱり10歳以上と大きく年が離れているシーズンは少なく、約10年に一回程度ということですね!

これまでの3回は、どんなシーズンだったんのか、振り返ってみましょう。

 

1996年:ヒル vs ヴィルヌーヴ

© Legendary F1 Twitter

古い時代の方から見ていきましょう、まずは1996年です。

ベテランのデイモン・ヒルと、なんと新人のジャック・ヴィルヌーヴが、『年齢差:11歳』でタイトル争いを繰り広げた年でした。

 

1987~2000年ごろまでは、セナ・プロスト・マンセル・ピケの四天王と、ミハエル・シューマッハミカ・ハッキネンなどを軸にF1のチャンピオン争いが繰り広げられた時代。

そんな中で、1996年は四天王も完全に引退し、フェラーリ移籍初年度でシューマッハもチャンプ争いに絡むことが出来なかった年です。

 

年間通じてヒルとヴィルヌーヴの一進一退の攻防が続き、最終戦の日本GP・鈴鹿までタイトル争いは縺れます。

結果は、年長のヒルが見事に勝利し、初のワールドチャンピオンとなった年でした。

 

2003年:シューマッハ vs ライコネン

© F1 in the 2000s Twitter

続いては2003年です。

今や最年長のキミ・ライコネンが、若手ドライバーの急先鋒として。

5度の王者ミハエルと『年齢差:11歳』のチャンプ争いを繰り広げました。

 

この年のフェラーリ、それまで数年ほど圧倒的なマシンではありませんでした。

加えてポイントシステムの変更もあり、ライコネンは年間1勝ながらも2位7回を積み重ね、最終戦の日本GP・鈴鹿までチャンピオン争いを繰り広げます。

 

結果は、最終戦日本GPでしぶとく8位でポイント獲得し、年長のシューマッハに軍配が上がることになり、6度目のワールドチャンピオンに輝くことになりました。

 

2006年:アロンソ vs シューマッハ

© Zdravko Twitter

そして、最後が2006年です。

前年にライコネンとの若手同士のタイトル争いを制したアロンソ、この2006年は絶対王者ミハエルと『年齢差:13歳』のチャンプ争いを繰り広げました。

 

この年のチャンピオン争いは一進一退、絶対王者と若手王者に相応しい戦いが続きました。

しかし、シーズン終盤の日本GP・鈴鹿、ミハエルのエンジンがブローしこの戦いに実質ピリオドが打たれます。

結果は、最終戦ブラジルGPでアロンソが2度目のタイトルを獲得することになり、ミハエルはこの年をもって一度目の引退となりました。

 

これまで年長側が2勝1敗、果たして今年は!?

© Formula1 Twitter

『年齢差:10歳以上のタイトル争い』3回の結果を見てきました。

これまでは、年長側の2勝1敗ということがわかりましたね。

 

唯一、年少側のアロンソが制した2006年のケースを紐解いてみると。

年齢差はありながらも、両者すでにチャンピオン同士のタイトル争いという形でした。

なので、『まだタイトルを獲っていない若手からの挑戦は、2回とも年長側が退けている』ということもわかりますね!

 

これは、フェルスタッペンや、レッドブル・ホンダを応援するファンの方には嫌なデータですね。

といっても、母数が少ない統計データなので、あくまで参考程度です(笑)

 

果たして、4回目となりそうな今年はどうなるでしょうか!?

これまで3回は、すべて最終戦までタイトル争いが繰り広げられ、白熱のシーズンとなっています。

なので今年もやはり、面白いシーズンが期待できそうですね!

 

そんな面白い一年間を期待しつつ、まずはこの序盤のポルトガル・スペイン連戦です。

ここ35シーズンで4度目、10年に一度程度しかないシーズン、存分に楽しむことにしましょう!

 

以上、『年齢差:10歳以上のタイトル争い』の調査でした!

 


F1ランキング