AUTOMOBILE COUNCIL 2022、F1マシン×3台が展示されます!

F1イベント
スポンサーリンク

4月15日(金)~17日(日)、千葉の幕張メッセにて開催です!

ありがとうカラーレッドブルやミハエル初優勝マシンなど、とても豪華な展示です!

 

===

今日も仕事をしつつ、サボりながらF1情報をSNSで見ていたのですが(笑)

 

相互フォロワーの方のツイートで、なんだかとても気になる投稿を目にしました。

むむむ、なんだこれ!?

ありがとうカラーのレッドブルとか、古いベネトンのマシンとか、すごい豪華!

 

 

一体何のイベントの搬入中なのか、と調べてみたら。

『AUTOMOBILE COUNCIL 2022(オートモビルカウンシル2022)』

どうやらこちらのイベントで、F1マシンが3台も展示されるようなんです!

 

管理人は知らなかったので、きっと同じようにご存知無い方も多いかも?

なので今日は、このイベントについてご紹介したいと思います!

 

スポンサーリンク

『AUTOMOBILE COUNCIL 2022』イベント概要

項目内容
名称AUTOMOBILE COUNCIL 2022(オートモビル カウンシル 2022)
会場幕張メッセ(千葉)
会期2022年4月15日(金)~4月17日(日)
一般チケット4月15日(金)前売 5,500 円 当日 6,000 円(3,000 枚限定)
4月16日(土)前売 3,000 円 当日 3,500 円
4月17日(日)前売 3,000 円 当日 3,500 円
学生チケット当日限定 会場販売1,800 円 入場可能日4月16(土)、17日(日)

 

まずイベントの概要について。

2016 年に、「我が国に成熟した自動車文化を創成する」というコンセプトのもとに誕生。

今回で7回目だそうです。

 

日本の自動車文化、日本独自のカーライフを創造し、その魅力を世界に向けて発信すべく。

個別のメーカーやインポーター、中古車、修理会社等の垣根を越えて、自動車(ヘリテージカー)の魅力を伝えるイベントのようです。

 

多くの自動車文化に関わる展示、その中の一つとして。

F1マシンの展示も行われる、と理解すればよいかと思います!

 

なお前売りチケットは、各日の前日までの発売だそうです。

詳しくは、以下が公式HPとなります。

AUTOMOBILE COUNCIL 2022 | AUTOMOBILE COUNCIL

 

当サイトでは、F1に関する内容しか取り上げませんが。

自動車好きにはたまらない内容になっているので、ぜひご一読ください!

 

 

展示F1マシンはこの3台!

© automobile-council.com

 

展示車両については、こちらにPDFで公開されています。

F1マシンを探してみたら、3台ありましたので抜粋して赤枠で囲みました!

 

とにかく、めっちゃ豪華なんです!

この3台、ざっとこんなマシンです。

 

Red Bull Racing HONDA RB16B(2021年)

© formula1

通称「ありがとうカラー」のレッドブル・ホンダです。

こちらは、もう皆さんよくご存知ですよね!

 

HONDAが1台所有することになり、これまで青山本社や鈴鹿サーキットのイベントで展示されましたが。

今回、幕張メッセに出張展示されるみたいです!

 

 

 

Benetton B192(1992年)

© formula1

今回、一番びっくりしたのがこのマシン。

記憶の限り、これまで日本のイベントで展示されたことなんて無いような気がします。

 

こちらは、あの皇帝ミハエル・シューマッハが1992年に初勝利を挙げたマシンです。

ちゃんとタバコの「CAMEL」ロゴも当時のまま展示されているようです。

 

この写真は、1992年F1日本GP鈴鹿で管理人が撮ったものです。

© みんなでF1

この時以来、30年ぶりなのでこれはぜひ見たい!

 

 

 

Williams FW12(1988年)

© Legendary F1 Twitter

最後の1台は、1988年シーズンを戦ったウィリアムズFW12です。

最強ホンダエンジンを失い、非力なジャッドV8エンジンながらもナイジェル・マンセルが2度の表彰台を獲得したマシンです。

 

でもおそらく、このアクシデントの方が有名です。

© sportskeeda.com

このセナとのクラッシュにより、1988年マクラーレン・ホンダのシーズン全勝が夢と消えて。

地元イタリアGP、フェラーリ奇跡の1-2フィニッシュの立役者となったマシン。

ある意味、歴史的なマシンを見るチャンスです(笑)

 

 

ティエリー・ブーツェンのイベントは中止

もう一つ、F1関連のイベントとして。

実は「ティエリー・ブーツェン」のトークショーイベントも企画されていたみたいなんです。

 

オールドファンにとっては懐かしく、でも若いファンの方には「誰だそれ」って感じですよね(笑)

1980~90年代に活躍し、3勝を挙げた元F1ドライバーです。

 

いぶし銀の走りで、いつのまにか気付いたらライバルの背後に迫っている走りから。

当時の古舘伊知郎さん実況の「振り向けばブーツェン」というフレーズが流行ったりしました。

 

そのブーツェンさんが、来日する予定だったのですが、

新型コロナとウクライナ情勢により、予定のフライトがキャンセルとなって。

 

残念ながらトークショーは中止になったみたいです。

 

ブーツェンさんは現在、航空会社などを経営しています。

© みんなでF1

ちなみに管理人はモナコに行ったときに、そのオフィスを見てきました(笑)

 

今回のF1マシンの展示について、出展社に「Boutsen Classic」と名前があったので。

もしかしたらヘリテージカーの販売にまで、事業展開を広げているのかもしれませんね。

 

とにかくイベント中止は残念ですが。

またの機会に必ず来日してくれるのではないでしょうか!

 

 

来場にあたっての注意事項

© automobile-council.com

 

イベントに参加するにあたり、新型コロナウイルス感染拡大防止対策を必ず厳守するようにしてください。

 

ざっと、このような対応が必要です。

  • 不織布製マスクを着用
  • 新型コロナウイルス接触確認アプリ「COCOA」の登録確認
  • 「入場登録シート」のご提出
  • 手・指の消毒
  • サーモグラフィーカメラによる検温(37.5度未満)

 

ご協力をいただけない場合は、入場をお断りされるとのことです。

AUTOMOBILE COUNCIL 2022 にご来場される皆様へ

詳しくは、こちらの公式サイトに注意事項が掲載されています。

 

参加される場合は事前に十分にご理解・ご確認の上。

このイベントに参加して、貴重なF1マシンの展示を目一杯楽しんでみてはいかがでしょうか!

 

以上、AUTOMOBILE COUNCIL 2022でのF1マシン展示についてでした!

 


F1ランキング