フェラーリが順調、テストで連日の最多周回! 各チームとも危険な「ポーポイズ現象」の早期解決を!

ニュース
© Scuderia Ferrari
スポンサーリンク

「今年のフェラーリは違う」は、「今年のメルセデスはヤバい」くらい風物詩ですが。

でも本当に今年こそは、と期待しちゃう順調ぶり!

 

===

いよいよ始まったF1プレシーズンテスト。

テスト2日目も、各チーム精力的に走り込んでデータ収集に勤しんでました。

 

そんなワクワクするようなF1プレシーズンテストのはずが。

ロシアのウクライナ侵攻という、悲しくて恐ろしいニュースが世界中を駆け巡った一日でもありました。

 

F1でも早くもその影響が出始めています。

 

悲しいニュースに暗くなっていても仕方ないし、各々が出来ることをするしかありませんので。

管理人は世界平和を祈りながら、いつものように楽しいF1について明るく書き散らかすことにします!

 

ということで、テスト2日目の様子を見て行きましょう!

 

スポンサーリンク

順調すぎるフェラーリ!

© Formula1

まずは、テスト2日目のタイムとラップ数です。

 

トップタイムは、フェラーリのルクレールです。

ただテスト初日の記事でも取り上げましたが、速いタイムはテストでは関係ないので。

 

重要な方のラップ数に注目してみると。

© Motorsport Stats

初日、2日目ともに、フェラーリが150周を上回る最多周回であることが分かりますよね!

 

ラップタイミングもテレビ中継も無いし、ロングランのペースまでは分かりませんでしたが。

でもとにかく、テストでは周回数が最重要なので。

 

こうなったら今日の3日目も、フェラーリが3日連続で最多周回となるのか?

ぜひフェラーリのラップ数に注目して、見てみることにしましょう!

 

 

「ポーポイズ現象」が話題に

この投稿をInstagramで見る

FORMULA 1®(@f1)がシェアした投稿

 

このようにF1マシンが上下に跳ねまくる「ポーポイズ現象が話題になっています。

 

テスト初日には、メルセデスがこの問題に悩まされていると報じられていましたが。

2日目には、各チームとも問題に悩まされていると話題になっています。

 

例えばこちら、フェラーリ以外でもアルピーヌも跳ねてますよね。

(直接再生できず、Twitterが開きます)

 

「ポーポイズ現象」とは、詳しくは以下サイトなどにも出ています。

F1テストで発覚、メルセデスが抱えるグランドエフェクトカー特有の課題「ポーポイズ現象」とは何か? | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説
グランドエフェクト効果、ベンチュリートンネルなど、テクニカル・レギュレーションが刷新された2022年シーズンのF1では、近年耳にしなかった様々なワードが飛び交う
ポーポイズ現象 - Wikipedia

 

でも、ちょっと難しめなので(笑)

 

めちゃくちゃざっくり言うと、こんな背景や現象です。

  1. 今年から、グランドエフェクトカーが復活した。
  2. 車高が上がった状態で、車体下部に流れる空気が多いほど、ダウンフォースも増加する。
  3. ダウンフォースが増えると、車高が下がる。
  4. 車高が下がると、車体下部に流れる空気が減るのでダウンフォースも減る。
  5. ダウンフォースが減ると、車高が上がる。

以降2~5がループして、上下に跳ねているような状態になってしまいます。

 

 

この動画を最初に見た際には、恐ろしく恐ろしくてたまりませんでした。

過去には、グランドエフェクトカーならではの悲しい事故も発生しています。

 

各F1チームとも、この現象は想定はしていたでしょうが。

予想をはるかに上回る現象に悩まされているようです。

 

でもそこは、最高峰の技術を誇る現代のF1チームです。

残り一日となったバルセロナテストや、次回の3日間のバーレーンテストで解決策を見出して。

 

開幕戦は各チームともより安全なマシンで迎えれるよう、祈りながら見守ることにしましょう!

 

 

ロシア問題のF1への影響

© Haas F1 Team

 

ロシアのウクライナ侵攻問題により、F1界にも様々な影響が出ています。

 

ハースF1チームについて

まずロシア企業「ウラルカリ」をメインスポンサーとするハース。

この写真のように、マゼピン父が経営するロシア企業「ウラルカリ」のロゴを外し。

またロシア国旗をイメージするカラーリングも削除して、真っ白なマシンでテスト最終日に挑んでいます。

 

また、マシンだけではなくて。

© Tobi Grüner Twitter

昨夜のうちに、トランスポーターやガレージなどからすべて撤去した模様です。

 

チームの声明では、現時点でこれ以上コメントすることはない、とのことです。

 

今後については、EU諸国からのロシアへの制裁内容によって例えば。

  • ウラルカリの資産凍結・送金不可により、ハースが資金運用困難状態に。
  • ロシア人のEU諸国への入国禁止により、マゼピンのレース出走不可に。

などなど、こんな最悪のシナリオが現実となるかもしれません。

 

 

F1ロシアGP開催について

2日目テストのインタビューセッションでは、ベッテルやフェルスタッペン、アロンソなど。

ロシアGP開催に反対である意向を表明しています。

 

F1運営側も、ロシアGPについて声明を発表しており。

『流動的な展開を注視していくが、現時点でロシアGP開催についてこれ以上のコメントは無い』

とのこと。

 

 

ハースの件についても、ロシアGP開催の件についても。

F1ファンとしては、今後の行方を見守っていくしかないですね。

 

 

===

ということで、テスト2日目を振り返ってきました。

正直F1どころではない出来事が発生してしまったので、世界はそれどころではない事態です。

 

戦争関連のニュースやSNSを見ていると、暗い気持ちになってきます。

F1云々の前に、まず世界平和と紛争地域の方々の無事を祈りたいです。

 

でも出来ることは、これ以上犠牲者が出ないように祈るくらいしか無いので。

 

良い意味で、あんまり深く考え過ぎないようにして。

すでに始まっているバルセロナテスト最終日、いつものように楽しんでいくこととしましょう!

 

以上、バルセロナ・プレシーズンテスト2日目についてでした!

 


F1ランキング