シャルル・ルクレール、最近予選アタックが凄い! なのでキャリア予選成績を調べてみました!

調べてみた
© Scuderia Ferrari Twitter
スポンサーリンク

イモラもスーパーラップだったし、昨年も不調のフェラーリで何度も驚かされたし。

これまでのチームメイト対決や平均順位を調べてみました!

 

===

2021年F1第2戦エミリア・ロマーニャGPの録画を見直して振り返っています。

いろんなことがあったレースですが、ぜひ皆さんも予選を見直してみてください!

あらためて、このドライバーの凄さを思い出せます。

『シャルル・ルクレール、2戦連続で予選4位!』

 

今年のマシンは昨年ほど不調ではないにせよ、2戦連続で4番手を確保しているのは流石です。

そしてその不調なマシンだった昨年も何度も予選4番手となり驚かされましたよね。

なんで4番手ばっかりなのかはわかりませんが(笑)

 

ということで、これまでちゃんとデータを調べたことが無かったので。

ここのところ特に予選で光る走りを魅せてくれているルクレールの、これまでのキャリアでの予選結果をデータで紐解いてみたいと思います!

 

スポンサーリンク

2018年:ザウバーでのデビューイヤー

© f1i.com

Rdルクレールエリクソン
118位17位
219位17位
319位20位
414位18位
514位17位
614位17位
713位19位
88位15位
913位20位
109位15位
119位13位
1217位14位
1313位14位
1417位19位
1513位14位
167位10位
1711位20位
189位19位
199位10位
208位7位
218位12位
予選平均12.5位15.6位
対チームメイト17勝4敗

(調査条件)

  • エンジン交換などによるグリッド降格を考慮せず、降格前の予選順位で比較。
  • 赤字が、チームメイトを上回った予選順位

 

まずデビューイヤーの2018年から。

現アルファロメオの前身、ザウバーからのデビュー。

チームメイトは、マーカス・エリクソンでした。

 

デビューしてすぐの2戦、さすがのルクレールも予選でチームメイトの後塵を拝します。

しかしそこからが凄かったですね、怒涛の対チームメイト予選9連勝!

その後は2回ほど予選で負けてしまいますが、年間通して予選では17勝4敗と、経験で勝るエリクソンを大きく上回っています。

 

この年、ザウバーのコンストラクターズ順位は8位でした。

そう考えると、平均予選順位12.5位は凄い結果だということもわかりますね!

 

レースでも、ルクレール:39ポイント、エリクソン:9ポイントと大きく上回り、この活躍が認められ翌年からフェラーリ移籍となります。

 

2019年:フェラーリ初年度

© Planet F1 Twitter

Rdルクレールベッテル
15位3位
21位2位
34位3位
410位3位
55位3位
616位4位
73位1位
83位7位
91位10位
103位6位
1110位20位
124位5位
131位2位
141位4位
151位3位
161位3位
172位1位
182位3位
194位2位
204位2位
214位5位
予選平均4.0位4.4位
対チームメイト12勝9敗

(調査条件)

  • エンジン交換などによるグリッド降格を考慮せず、降格前の予選順位で比較。
  • 赤字が、チームメイトを上回った予選順位

 

続いて、フェラーリに移籍した初年度、2019年の予選成績です。

チームメイトは、4度のチャンピオン、セバスチャン・ベッテルです。

 

移籍して2戦目、いきなりポールポジションを獲得して、レースでも優勝寸前の驚異の走りを魅せたルクレール。

でも予選結果では、第7戦まではベッテルに対して1勝6敗と後塵を拝していたことが解ります。

しかしデビューイヤーと同様、チームに慣れはじめた後半からが凄かった。

5回のポールポジションを含め、中盤から後半は11勝3敗とベッテルを予選で圧倒します。

 

2年目ということで、予選や決勝でもまだまだミスが目立った一年でした。

でも4度のチャンピオンに対して年間で予選12勝9敗と勝ち越し、年間平均予選順位でも大きく上回っています。

2年目で、チャンピオンに対してこれだけ予選で圧倒するのはとんでもないことです。

 

さらにレースでもベルギーで初優勝、地元イタリアでの優勝も実現。

年間ポイントでもベッテルを上回り、名実ともにフェラーリのエース、次世代チャンピオン候補に躍り出た1年だったと言えるでしょう。

 

2020年:フェラーリの実質エース

© formula1.com

Rdルクレールベッテル
17位11位
211位10位
36位5位
44位10位
58位12位
69位11位
713位14位
813位17位
95位14位
1011位15位
114位11位
124位15位
137位14位
1414位12位
1512位11位
164位13位
179位13位
予選平均8.3位12.2位
対チームメイト13勝4敗

(調査条件)

  • エンジン交換などによるグリッド降格を考慮せず、降格前の予選順位で比較。
  • 赤字が、チームメイトを上回った予選順位

 

続いて2020年の予選成績、チームメイトは前年に引き続き、セバスチャン・ベッテルです。

 

この年、残念ながらフェラーリは歴史に残る悲惨なシーズンとなります。

チームのコンストラクターズ順位はまさかの6位、約40年ぶりの大失敗のマシンとなりました。

 

そんな中でルクレールは、ダメなマシンなりに、予選で光る走りを何度も魅せてくれています。

前年後半に引き続き、予選結果はベッテルを13勝4敗で圧倒します。

シーズン後半には立て続けに予選4位を獲得、なんでこの酷いマシンで4番手タイムが出せるのか、当時何度も驚かされました。

年間予選平均は8.3位と前年より大きく下がりますが、マシンの戦闘力が6位だったことを考えると驚異の結果と言えるのではないでしょうか。

 

ルクレール 予選成績まとめ

年度対チームメイト予選平均
201817勝4敗12.5位
201912勝9敗4.0位
202013勝4敗8.3位
20212勝0敗4.0位
合計44勝17敗8.1位

(調査条件)

  • エンジン交換などによるグリッド降格を考慮せず、降格前の予選順位で比較。
  • 2021年第2戦エミリア・ロマーニャGPまでのデータ

 

2021年の2戦も加えて、ルクレールのキャリア予選成績をまとめてみました。

こうやって見るとまず思うのが、ルクレールってまだ4年目だったんですよね(笑)

すでにフェラーリでエースになっているし、すっかり頭から抜けていましたよ。

 

ということで、まだまだ母数が少ないデータですが。

それでも、チームメイト予選対戦成績が44勝17敗(勝率72.1%)というのは凄いデータです。

どれくらい凄いかというと、昨年調べたルイス・ハミルトンの予選成績ですら勝率65.1%でした。

なので、ルクレールのこの予選勝敗がいかに凄いかがわかっていただけるかと思います。

 

平均順位は8.1位と、目立った数字ではありません。

でもキャリア3年のうち、戦闘力のあるマシンに乗ったのは2019年のみです。

なので、これは今後フェラーリの戦闘力が改善してくれば、どんどん上がってくるでしょう!

 

===

メルセデスやレッドブルが居て、順位が4番手とかなのでそこまで目立っているわけではないですが。

でも見てきた通り、ルクレールの予選結果ってやっぱり凄いことが解りましたね!

 

昨年後半から随所でスーパーラップを見せてくれています。

2021年はフェラーリも復活の兆しが見えますし、今年も予選でスーパーラップを魅せてくれると、トップ3に入ってもっと目立つことも多くなるのではないでしょうか。

 

なのでぜひ!

ルクレールのスーパーラップにも注目して、これから毎グランプリ楽しんでみてはいかがでしょうか!

 

以上、ルクレールのキャリア予選成績についてでした!

 


F1ランキング